モラハラをやめさせる方法【3つのタイプ別】

こんにちは、ミエナです。

今回は、モラハラ加害者に「モラハラをやめさせる方法」について書いていきます。

関連記事:モラハラに打ち勝つ方法

モラハラをやめさせる方法

今回は、コトハさんからご相談いただきました。

質問ですが、モラハラの人が、自分のモラハラに気付いて克服する方法ってありますか?

調べる限り、ほぼ無いに近いと思うのですが、もしあるとすればどんな事でしょうか?

本当に、モラハラの家庭は、犯人に監禁されているかの様な感覚に何度もなるくらい、地獄です。

コトハさん、ありがとうございます。

このご質問を頂いたときに、私は「ん〜?モラハラをやめさせる方法かぁ」と頭を抱えてしまいました。

モラハラというのは、複雑な人間関係により起こるために、たった1つの解で、答えが出せるものではありません。そのために、ミエナでは、個人セッションを通じて、1つ1つのお悩みに対し、解決をサポートしているわけです。

しかしながら、モラハラ加害者に対し、モラハラをやめさせる方法はあります。

まずは、モラハラされる理由を考える

モラハラをやめさせる方法を考える上で、たった1つの解を見つけるのは、難しいです。抽象的すぎて役に立たない解決方法など、いらないですよね。

ですので、まずは、ご自身がモラハラされる理由について、3つに分類していきたいと思います。

なぜ、モラハラされるのか?【スピリチュアル的な3つの背景】

そもそも、なぜ、モラハラされるのでしょうか?

「相手が非人格者だから」でしょうか?…私は、違うと思います。

仮に、加害者が非人格者である場合、きっと、その人は、社会から自然淘汰されるでしょう。現代は、コンプラの厳しい社会ですし、サイコパス、無慈悲な配偶者に対しては、厳しい制裁が加わる時代です。明治、大正、昭和の時代のような一方的な人格非難は、社会が許さないのです…

では、なぜ、モラハラが起こるかというと…事実として

加害者は、「モラハラしても大丈夫な人」だけに、モラハラする

からです。

そして、仮にも、あなたが、この「モラハラしても大丈夫な人」なっているのです。モラハラ加害者は、みんなにモラハラしていない…だから、被害者は他者の協力や理解を得がたいのではないか…と思います。

では、なぜ、仮にも、あなたが「モラハラしても大丈夫な人」になってしまうのか…それには、3つの理由があると思います。(いずれかのパターンに当てはまると思います。)

▼なぜ、モラハラされるのか?【スピリチュアル的な3つの背景】

  1. 自分が相手にモラハラされる程に、相手を傷付けている【因果応報】
  2. 相手のモラハラにより、心の修行を背負わされている【心の修行】
  3. 社会的、および経済的な上下関係が不可避で存在する【立場の問題】

以上の3点です。1つ1つ、ご説明しますね。

①[因果応報]タイプ

因果応報とは、 一切が、自らの原因によって生じた結果や報いであるとする考え方です。

①[因果応報]タイプは、自分が相手にモラハラされる程に、相手を傷付けているパターンです。知らず知らずに、モラハラ加害者に対して、心を傷付けることをしていませんか?

例えば、相手を除け者にしたり、相手に対し陰口を言ったり、心の奥底で見下したり…

当人の前では、普通に接し、口では何も言わなくとも、その気持ちが相手に伝わり、相手のモラハラを誘発することがあります。

これは、ご夫婦間でのモラハラに多い事象です。

ご自身が、モラハラ加害者に対して、どう思っているかを、改めて確認してみましょう。

ご夫婦であれば、相手を尊重しているか、認めているか、夫婦としての「後ろめたさ」がないかどうか…

そう考えると、モラハラ加害者よりも、自分の方が相手を傷付けていることがあるかも知れません。

②[心の修行]タイプ

人は、苦しいときに、心が成長します。そのため、モラハラの被害も、自分の心の成長に欠かせないときがあります。

ですので、意図的に天界が、あなたにモラハラを通じて、修行の場を与えているときがあります。このパターンは、ご夫婦関係よりも、職場や学校、また、両親によるモラハラのときに当てはまります。

モラハラを通じて、自分の心と向き合い、気づきを得るプロセスを、人は、辿っているわけです。現代は、かつては許容された「愛のムチ」に対しても、加害者に厳しい制裁が加わる時代です。

社会的に誤ったコンプライアンス違反、体罰であっても、ときに、被害者当人に対しては、「心の気づきをもたらす」ケースがあります。

昔は、学校の先生が生徒に「オマエはゴミだ」なんていう暴言をよく聞きましたが、今では、保護者会からすごいクレームが来そう…

でも、自分の過去を振り返ると、そういう言葉も、「心の成長」に必要だった時期もあったように感じます。

今の時代は、「サイコパスや非人格者によるモラハラ」と「気づきを与える厳しい発言」も一緒くたに、社会的な制裁を受けます。

しかしながら、厳しい言葉の中に、真実の愛が隠れていることはあるのです…

③[立場の問題]タイプ

社会的、および経済的な上下関係が存在し、それが不可避である場合、モラハラが起こります。例えば、モラハラするご主人と離婚したくとも、経済的な自由のない女性は、逆らいようがありません。

このような経済的な上下関係を利用したモラハラは、被害者にとっては本当の地獄かも知れません。逃げ道がないためです。

モラハラの中で一番苦痛を伴うのは、このパターンです。

【タイプ別】モラハラをやめさせる方法

加害者に、モラハラをやめさせるには、ご自身が上記の①〜③のどれに該当するかをまずは、考える必要があります。

なぜなら、それによって、モラハラをやめさせる方法が異なるからです。では、ご自身が受けるモラハラのタイプが判ったら、それぞれ該当する項目を読んで下さいね。

①[因果応報]タイプの解決方法

①[因果応報]タイプに当てはまる方は、相手を尊重してあげることで、モラハラは改善に向かいます。

相手は、自分により、心を傷付けられていると感じているので、反対に、相手の存在価値を認め、相手が存在することに対して、「ありがとう」という気持ちを持つのです。

具体的には、何でもかんでも相手に「ありがとう」を言う習慣を持ちましょう。自然と、モラハラ発言は減ると思います。

ミエナ
実際、なかなか言えないと思いますが、言えない分だけ、お互いの気持ちに亀裂が入っていると言えるかも知れません。

②[心の修行]タイプの解決方法

②[心の修行]タイプは、いち早く自分の心が成長することで、モラハラは解消します。

モラハラが、天界の意図によって起こっているので、ご自身の中で大きな「気づき」が得られたときに、モラハラという修行が終わるのです。

ミエナ
モラハラ加害者から、無理に離れても、このタイプは、別の環境で、別の人に、モラハラされたりします。ですので、自分の心が成長するまで、モラハラから、逃げても、逃れられません。修行が終わるまで、ずっと誰かにモラハラされ続ける…

より早く気づきを得るには、ご自身の過去を振り返り、「心のわだかまり」に、焦点を当ててみて下さい。そして、「現在のモラハラによる苦しみ」と「過去の心のわだかまり」に共通点がないか考えてみてください。

この全く関係ない2つの事象が、実は、スピリチュアル的に繋がっていることがあります。

神様の言葉

ここで、神様の言葉を1つご紹介します。

真実の愛とは、姿を変えて現れるものなり。ときに憎き人に姿を変えて現れる。自分の中の固定観念に惑わされていると、それには気付けないのだ。

この神様の言葉は、他人によるどんなヒドい発言も、自分の考え方を変えて捉えると、自分の心を成長させる「愛」に変わるということを示しています。

気づきを得た後は、モラハラした相手に感謝したくなる気持ちが芽生えるでしょう。

③[立場の問題]タイプの解決方法

この[立場の問題]タイプだけ、①と②と全く系統が違います。

このパターンは、スピリチュアル的に考えることよりも、しっかりと現実を見て行動するしかありません。

ミエナ
①と②のタイプは、「原因の世界」の話です。③のタイプは、「結果の世界」の話です。ちょっと難しいのですが、スピリチュアル的な意味合いが異なります。

このタイプは、ケースバイケースが多すぎるので、例を挙げてご説明します。

【例】モラハラ夫と、経済的な理由で離婚できないケース

ご主人によるモラハラを受けても、経済的な問題で離婚できない場合、1つは、自分の誤りを認めることが重要です。

「結婚相手を誤った自分」、「経済的な自立を果たせない自分」を受け入れて、相手を責めず、ひたすら現実に目を向けることが重要です。

そして、次に、稼ぐ方法を見つけることが大切です。つまりは、離婚しても生きていける道を探すのです。

最後に

今回は、加害者にモラハラをやめさせる方法について書いてきました。モラハラは千差万別です。ですので、本当にケースバイケースです。

苦しくて、堪えられなくなったら、ミエナにご相談くださいね。

関連記事:モラハラに打ち勝つ方法

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱