人間の価値

こんにちは、ミエナです。

今回は、「人間の価値」について書いていきます。

人間の価値

Q.人間の価値は、どこにあるのでしょうか?

この世に、「Aさん」と「Bさん」という人がいて、どちらが「人間の価値」が高いかを比べたときに、どのように比較すれば良いのでしょうか?

みなさんは、「人間の価値」をどう判断しますか?

  • 資産額
  • スキル
  • 年齢(高齢者よりも、若い人ほど価値がある)
  • 学歴(偏差値)
  • 実績
  • 功績
  • 幸せにした人の数
  • 死んだときに、泣いてくれる人の数…など

上記の他にも色々な「人間の価値」の比較方法がありそうですよね。

少し前の安倍元首相の国葬を巡っては、国内で賛否両論が起き、安倍元総理の生前の「人間の価値」において、国民の見方は二分されました。

「人間の価値」というのは、それぞれの人の意見によって異なり、1つの正当な評価は非常に難しいのです。

では、なぜ、「人間の価値」という「常に曖昧な基準」がこの世に存在し、人は、「人間の価値」というものをはかろうとするのでしょうか?

「人間の価値」とは?

霊視で人を見ると、「人間の価値」はどう見えるのでしょうか?

簡単です。人間は等しく平等です。

  • 資産は関係ありません
  • スキルも関係ありません
  • 年齢も関係ありません
  • 学歴も関係ありません
  • 実績も関係ありません
  • 功績も関係ありません
  • 幸せにした人の数も関係ありません

霊視で人を見たときの「人間の価値」は、「等しく平等」なのです。

犯罪歴がある人も、大勢の命を救った英雄も「等しく平等」です。なぜかというと…

「たくさんの動物を食い殺したライオン」と「仲間を大事にするイルカ」では、どちらが価値がありますか?

この質問と同じなのですよ。人間の価値は、「等しく平等」です。

ただ、人間によって、魂の成長の進捗状況(度合い)が異なります。魂の成長が進んでいる人ほど、人に愛され、(ときに)お金を手に入れ、信用されます。

でも、これらは、その人を取り巻く1つの状態にすぎず、その人そのものの価値とは別なのですよね。

「魂の成長度合い」で決まる幸せ

人は、「魂の成長度合い」によって幸せかどうかが決まります。そのために、「魂の成長」が遅い人は、お金を持っていても、常に不満を感じます。どんなに、人から「人間の価値」が高いと言われても、幸せに直結しないのです。

だから、今、自分という「人間の価値」が低いと思い込んでいる人は、その悪いレッテルを剥がし、より魂を磨いていきましょう。

逆に、今、自分という「人間の価値」が高いと思い込んでいる人は、それは誤解です。簡単に、その姿は丸裸にされていくでしょう。

それより、比較に興味を持つのではなく、「自分」と「自分の目標」の中で、如何に前に進めるか…ここに生きる意味と幸せの基準があります。

「人間の価値」という概念そのものが、誤った既成概念によってつくられたもの。すべてが平等である限り、「人間の価値」を論じても意味がないのです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱