​結婚してるけど好きな人がいる…そんな時の心の持ち方

こんにちは、ミエナです。

今回は、「​結婚してるけど好きな人がいる…そんな時の心の持ち方」をテーマに記事を書いていきます。

​結婚してるけど好きな人がいる…そんな時の心の持ち方

今回は、みるきさん(40代・女性)の方からご質問いただきました。

結婚をしていますが、好きになってしまった人がいます。相手も私のことを好きだと言ってくれますが、「家庭は絶対に壊さない」と言います。

月一回、二人の時間を過ごし3年ほど経ちました。

もちろん最初から制約があり理解もしていますが、長く一緒に過ごすうちに苦しくなってきます。別の人生を歩んでる中で私の存在は彼にとって楽しいことの一つと捉えているような気がして、私は別々の場所に帰らないといけないことに苦しみを感じるのです。

誰かを傷つけるようなことを決してしてはいけないとも思っています。彼とは長く一緒にいたい気持ちと苦しさから楽になりたい気持ちとの間で悩んでいます。心の持ち方、どう捉えて過ごしていけば良いのか、自分自身だけでは解決出来ずこちらに相談させて頂きました。よろしくお願いいたします。

みるきさん、ご質問ありがとうございます。回答をさせていただきます。

3年ほど、好きな人と一緒に過ごしているとのことで、「不倫関係である」と言っても、問題ないですよね。現状の苦しいお気持ちに対し、解決方法を書いていきたいと思います。

不倫すると孤立する

不倫すると孤立します。

これは、避けようのない事実であり、この事実を変えることはできません。それは、以下の2つの理由からです。

不倫すると孤立する2つの理由

  1. 配偶者を自然と恨むようになり、絆が弱まる
  2. 不倫相手は、「本当の愛」で自らを包んでくれない…

上記の2点の理由からです。このために、不倫に発展してしまった場合、孤立を味わい、その上で、孤独感から逃げ切れず、苦しみます。

まずは、この上記の2つについて、さらに細かく解説します。

配偶者を自然と恨むようになり、絆が弱まる

不倫する場合、配偶者に対し、必ず恨みを持ちます。それは、自分の「不倫」を肯定するためであり、その「肯定」のために、配偶者をより悪い人のように捉えてしまうのです。

なので、みるきさんの場合、不倫相手と絆が深まるほどに、無意識にご主人が嫌いになっているはずです。

さらに、ご自身に子どもがいる場合、ご主人と「如何に子どもを自分の味方につけるのか」の争いが起こるのですよね。

これによって、家庭内で、ご自分かご主人のどちらかが家族の輪から離脱していく…

ここで、不倫している人に気付いてほしいのは…

「孤独だから不倫する」のではなく、「不倫することで、孤独になる」ということです。

不倫相手は、「本当の愛」で自らを包んでくれない…

結婚している人が、配偶者ではない「運命の人(将来、運命的に結ばれる人)」と結ばれるケースは非常に稀です。

それは、既婚者に対し、天界が「運命の人との出会い」を促進しないからです。

ミエナ
結婚後でも、短期的に「運命の人」と出会うケースはありますが、その場合は、「互いが、その後、結ばれる前提ではなく出会っている」のです。

既婚者にとって、結婚後に「結婚するべき、運命の人」が現れたら、最悪ですよね。人生に、避けられない障害が現れます。守護霊も天界も、そんな酷なことをしないのです。

つまり…

「不倫相手」というのは、残念ながら「運命の人」の可能性が低いのです。

「(将来、結ばれる)運命の人」は、自分が独身の状態のときに現れます。それは天界が、スムーズに人生を歩んでほしいという配慮からなのです。

そう考えると…

不倫関係というのは、一方が既婚者だからこそ、恋愛関係が成立しているのです。

つまり…

不倫相手は、自分が離婚した場合(独身になった場合)、縁が切れる

これは、独身になった自分側も相手に惚れないし、相手も独身のあなたに魅力を感じなくなるのです。

ちょっと不思議な話ですが、おおかた、このようなスピリチュアル的な法則が成り立つことが多いです。だから、不倫相手と離婚後に結婚しても、私は大抵の場合、想像以上に幸せになれないと思っています。

結婚後、あなたの好きなタイプは変化する

既婚者の方で、結婚後、たまたま出会った異性の方に、「あ〜、この人ステキ。独身のときに、この人と出会っていれば…」と思うことは幾度かあると思います。

でも、この感情は、実は、あなたが現在、既婚者であるからこそ、そのような感情が湧くのであって、独身のときに、同じ人にときめくかというと、そうでないケースが多いのです。

これは、未婚者と既婚者で「出会うべき人」が異なるべきで、ほぼ無意識による変化だと私は思っています。

不倫からは、楽になれない

不倫相手が、自分のことを本気で愛しているのなら、その相手は必ず「不倫」という形で、あなたと関係を持とうとはしません。

結婚している人のことを尊重すればするほどに、人は、「不倫」という形ではなく、正式な形で付き合おうとします。(つまりは、諦めるか…、深い関係を持つ前に、離婚を促す…)

既婚者における配偶者とは、「一生を共にすると決めた相手」ですから、不倫相手は、この配偶者の気持ちを無碍にできないはずなのです。

ですので、「不倫をする」ということは…

不倫相手にも本気で愛されず…家族からも見放される…

このような非常に孤独な行為なのです。

ミエナ
みるきさんが、「別々の場所に帰らないといけないことに苦しみを感じる」のは、単に、その相手が魅力的なのではなく、自分の居場所が不倫によって消滅し、不倫相手といる瞬間だけが一時的な心の解放に繋がっているだけなのです。

苦しまずに不倫するのは不可能

みるきさんには、2つの気持ちがあります。

  • 彼とは長く一緒にいたい
  • 苦しさから楽になりたい

この2つの気持ちは、両方とも満たすことはできません。不倫相手を求めれば、求めるほどに、苦しみは増幅していきます。

さらに、この関係を維持していくと…最後には、家族(ご主人、子ども)からも、不倫相手からも見捨てられる日が来る…

不倫相手と別れる努力をしよう

みるきさんの場合、苦しみから解放されるには、「離婚」か「不倫相手と別れる」決断が必要です。

離婚する場合、不倫相手がその後も関係を続けてくれる保証はありません。

それは、「既婚者だから、今の不倫相手とお付き合いできている」という見えない法則があるからです。

この法則のために、離婚後、みるきさんは、今の不倫相手を愛することを維持できない可能性があるし、相手も独身であるみるきさんに興味を持たないこともあり得るのです。

最後に

不倫は、「夢」です。日常の中に、苦しみから逃れる「夢」を見ているのです。でも、その「夢」は、麻薬のように日常をさらに崩壊させます。

恋愛がしたいのであれば、離婚してから恋愛することをオススメします。その方が、「運命の人」と出会える可能性が、何十倍にも膨れ上がります。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱