プロフィール

はじめまして、ミエナです。東京在住の広告代理店勤務のサラリーマンです。ウソかと思う人もいるかもですが、私は霊能者です。なぜこう、自信を持って書けるかというと、自分の霊能力に自信があるからです。霊能力と言ってもピンと来ない方もいるかもしれませんが、霊が見えたり、お祓いができたりします。

普段、生活している上で、親しい人には霊能力があることをオープンにしていますが、あからさまにひけらかすことはありません。

霊が見えるようになったのは28歳で、それまでは霊は信じていましたが、見えるようになるとは思っていませんでした。突然、霊が見えるようになった日のことを、記事『私が霊能力に目覚めた瞬間』でご紹介していますので、ご覧になってください。

私がいわゆる「霊が見える」人間であることは、あの世の人々にも理解されており、残した遺族にメッセージを送りたい、苦しみを分かって欲しい霊が、話しかけてくるのも事実です。

霊が見える状態は、見えない人にとっては怖いとか、霊が見えて気味が悪いと思いますが、その状態は最初だけです。その内、見たくない霊は見ないようにできます。そして、見るべき霊、つまり神様、天使、精霊のみ見えてくるようになります。

霊が見えるようになってから、8年くらいは誰一人にも打ち明けませんでした。ある程度、オープンにするようになったのは、今も霊能者友達の女性から、いきなり「不思議な力をお持ちですね?」と確信めいた質問をされ、自分の能力を彼女に告白したからです。それまで、自分の霊能力が人に理解されるとは思ってもいなかったので、やや嬉しくなりました。

そんなこんなで、自分の能力を人の役に立てないかと日々考え、霊能者は正直に胡散臭い類ですから、私は私の見える正直なことを記事にしたいと思い、書かせていただいております。

▼関連記事
【ミエナの半生】ライフログまとめ