筆者のプロフィール

はじめまして、ミエナです。私は、もともと広告代理店に勤めていたサラリーマンで、ずっとウェブコンサルを生業にしてきました。8年もの間、勤めた会社を辞め、現在、霊能者として活動しています。

そもそも、霊が見えるようになったのは28歳の夏で、それまでは「普通の男性」でした。幽霊は信じていましたが、まさか、自分が見えるようになるとは思っていませんでしたし、霊能者として活動することも、全く想定していませんでした。

参考記事:初めて幽霊を見たときの話【霊能力に目覚めた日】

ウェブコンサル業をやる前は、FMラジオの番組制作ディレクターをしていました。霊が見えるようになったきっかけは、屋久島に行ってからです。この日を境に、記憶喪失となり、同時に、霊が見えるようになります。

参考記事:私の人生を変えた屋久島【重なった6つの偶然】

普段、私は、生活している上で、親しい人以外には、自分に霊能力があることをオープンにしていません。一方で、天界、および、あの世の人々からは、私がいわゆる霊能力者であることは知られており、様々なメッセージを受け取ることができます。

「霊が見える」という状態は、見えない人にとっては「怖い」とか、「霊が見えて気味が悪い」と感じる方もいらっしゃいますが、私は、「見るべき霊」のみ見ることができます。つまり、神様、天使、精霊などのメッセージをお伝えできますし、ときに、お亡くなりになった方のメッセージも受け取ります。簡単に言いますと、自分でコントロール可能な人間なのです。

このように、会話するべき「見えない存在」を区別する能力を会得しています。(この能力の会得は、実に霊が見えてから、8年くらいかかっています。)

私は、この能力を人の役に立てないかと日々考え、このブログを通じて、自分の考えをご理解いただき、皆さんのお悩みに答える道を選びました。

私のブログ記事に共感頂ける方で、現在、お悩みを抱えている方は、ぜひ、ミエナの個人セッションにお申し込みください。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱