チャレンジしない人の末路

こんにちは、ミエナです。

今回は、「チャレンジしない人の末路」について書いていきます。

「チャレンジ精神は大切」と一般にいわれますが、なぜ大切なのでしょうか?今回は、図を使って説明していきます。

チャレンジとは何か?

チャレンジは、なぜ大切なのでしょうか?現代社会が、過去の偉人のチャレンジより成り立っているからでしょうか?

【チャレンジして成功してきた偉人の例】

  • トーマス・エジソン(白熱球の発明)
  • アルベルト・アインシュタイン(相対性理論など)
  • スティーブ・ジョブズ(パソコンやスマホの発明など)
  • 宮本茂(マリオの生みの親)
  • 藤野道格(ホンダジェットの開発者)…等々

逆境を乗り越え、チャレンジ精神で偉業を成し遂げた方は上記の他に大勢います。みなさんも、多くの人をイメージできるはずです。

しかし、チャレンジ精神を持ち、失敗してきた人も大勢います。チャレンジは、失敗したら、無駄・・・???

私は、違うと思います。

チャレンジとは、成功して始めて意義があるのはなく、失敗にも同様の意義があります。

下記で、説明していきます。

チャレンジが人生を切り開く

目の前に大きな壁があり、超えようにも超えられないケースってありますよね。

大きな壁にあたった瞬間というのは、「自分より他の人がやった方が良い。」「結局、利益にならない」「どうせ、失敗する」という、至極、真っ当な理由がいっぱい浮かびます。どれも、きっと正しい理由でしょう。

チャレンジすると見えてくる側面

チャレンジしないことも、また重要であることは否定できません。それは、非効率を避けるためです。

しかし、実際、チャレンジしてみると、違う側面が見えてくるものです。

できることから、徐々に調べたり、協力者を探していくプロセスを踏むことで、不可能で非効率だと思っていたことも、徐々に認識が変わっていきます。

「自分では出来ない」と信じていたことも、「どうにかすれば、出来るかもしれない」と思うようになるのです。そんな経験ありませんか?

チャレンジ失敗の後に残るもの

チャレンジして失敗したとしても、自分の費やした時間や労力が無駄になるとは思ってはいけません。

なぜなら、チャレンジにより「再認識」したからです。

「再認識」とは、今まで「▲▲▲▲だ」と思っていたことが、考えが変わって「●●●●かもしれない」と認識が変わることです。

「超えられない壁」だと思っていたものが、「超えられる方法がなんとなく分かった」という考えに変わることで、実際に壁を越えてなくても、自分にとっては非常に重要な意味を持ちます。

それは、この「再認識」こそが、スピリチュアル的にあなたの人生を豊かにするからです。

「再認識」は、宇宙エネルギーだと思う

「再認識」は、宇宙エネルギーです。

この世は、魂を磨くプロセスの中にあり、波動を上げるプロセスの一環です。魂を磨くプロセスは、「再認識」のプロセスであり、波動を上げるプロセスでもあります。

つまり、

魂を磨くこと = 波動を上げること = 「再認識」すること

そうなると、「再認識」は宇宙を構成する要素とも言えるのです。

ミエナ
上記は持論です。

地球は、「再認識」するための場所

「再認識」こそ宇宙エネルギーであると仮定すると、宇宙は、常に「再認識」を求めていることになります。

そう考えると、宇宙の一部である地球は「再認識」を促す場所であることにたどり着きます。

そして、人生もまた「再認識」を促す機会とも言えるのです。

きっと人間は、

「再認識」するために、地球に生まれ、「再認識」するために人生を歩んでいる

最近、このように思うのです。

チャレンジしない人の末路

チャレンジしない人は、「再認識」できません。もともと持っている価値観に捕らわれて、それを変えようとしないのです。変えることが怖いとも言えます。

「再認識」するために、地球での人生があるならば、チャレンジしない人の人生は、きっと暗いものになるでしょう。

逆にチャレンジして「再認識」を繰り返す人は、宇宙からのエネルギーを受け取り、どんどんと人生は豊かになっていくのです。

チャレンジする人はどんどん若返り、チャレンジしない人がどんどん老けていくのは、きっと宇宙的なエネルギーが関係しているからだと思います。

参考記事:ギネス記録保持者「90歳ゲーマーおばあちゃん」の若さの秘訣

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション