寝る前10分 瞑想しよう【瞑想する意味】

こんにちは、ミエナです。

今日は、「瞑想」について書いていきます。

寝る前10分 瞑想しよう

私は、個人セッションの中で、ご相談者さまに「瞑想してください」とよく言います。なぜかというと、チャネリングで天界の神様が、瞑想をオススメするからです。

「瞑想」は、内なる自己(インナーセルフ)に気付く行為です。

自分を内側から見直すことで、新しい自分に気付いたり、これまでの自分をアップデートできます。

瞑想は、きちんと行えばデメリットがなく、ゼロ円で出来る波動アップのメソッドなのです。

なぜ寝る前がオススメなのか?

私は、瞑想を寝る前に行うことを推奨しています。朝が良いと言う人もおりますが、私は、瞑想は、眠ければいつでも良いと思ってます。

眠いときが良いのは、より深い自分の精神世界に入っていけるからです。目が冴えていると、どうしても精神の外の世界が気になってしまいますよね。

その点、夜だと静かだし、寝る直前だと、「△△時までに、○○しなくちゃっ(汗)」なんてこともないので、自分の精神世界に入り浸れるのです。

瞑想中に、自分に何が起きているのか?

さて、瞑想中に、自分に何が起きているのかというと、肉体と精神の分離が起きています。完全に分離はしないのですが、ちょっとだけ分離します。精神世界の奥に意識を向ければ、だんだん、肉体の感覚がなくなっていくのです…

瞑想で、肉体と精神をちょっと分離させるメリット

「肉体も自分」だし、「精神も自分」だけど、実は、肉体と精神はやりたいことが違うのですよね。

肉体は、生存本能、子孫繁栄が主体で、睡眠欲、食欲、性欲という、いわゆる三大欲求に、支配されているのですよ。

反対に精神(魂)は、自由とか、ぬくもり、希望を欲しているのですよね。

よって、瞑想で、肉体と精神をちょっと分離させると、肉体からの支配を抜けて、より魂の欲求に気付けるわけです。

肉体と精神をちょっと分離させて、肉体を知る

瞑想で、肉体と精神をちょっと分離させると、自分の魂に意識をフォーカスできます。この状態で、肉体に意識を向けると、自分の肉体の感覚(五感)が研ぎ澄まされて感じるはずです。

瞑想とは、自分のインナーセルフに気付くだけではなく、併せて、自分の肉体の崇高さ(機能美)に気付くことでもあるのです。

人間の身体の特徴を、精神世界から覗くことで、自分を支配する肉体のクセをしることができるのですね。

▼肉体のクセを気付く例

  • お腹が空いたとき、お腹の中はどう動くのか
  • 肌を伝わる外気の触覚
  • 部屋に漂う匂いをどう感じるのか
  • 血液は、自分の中をどんな風に流れているのか?
  • 恋に落ちると、なぜ、あんなにも相手のことしか考えられないのか
  • 梅干しを想像して、なぜ、よだれが溢れるのか

上記のように、肉体の崇高さに気付くことも、瞑想の重要な要素です。これにより、自分の身体へのリスペクトが生まれ、日常生活をより喜びに溢れて生活することができます。

瞑想中に何を考えたら良いのか?

「瞑想は、無心になるのが良い」と言う人も多いかもしれませんが、私は、そうは思いません。無心になろうとして、無心になるのは、きっと難しいからです。(仏陀の領域ですよね。)

私が、オススメするのは、「今日一日の楽しかったこと」をイメージすることです。一日の中で無ければ、「今まで、一番楽しかったこと」をイメージして欲しいです。

そして、「なぜ、あの想い出は楽しかったのか?」を自問自答してみてください。そして、その答えに対して、「なぜ?」と繰り返すのです。永遠と「なぜ?」を繰り返していくと、インナーセルフと会話できるようになりますよ。

▼例

学生時代は楽しかったなぁ → 友達といっぱい遊べた → 言いたいことをいっぱい言えた → 心から信頼しあえた → お互いに心を支え合った → きっと神様が出会わせてくれた → きっと出会うことで、良い影響を与え合う仲だったのだと思う → 相手の気持ちがすごく分かった → 相手の苦しみを取ってあげたかった → 自分の中に友を想う愛があった

上記のように、想い出から「なぜ」を繰り返すと、自分の深い部分に入っていきます。そうすると、改めて自己愛に目覚めたり、心の中にあるエネルギーの源泉にたどり着くことができるのです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱