「幸せな再婚」のための5つのルール

こんにちは、ミエナです。

今回は、「再婚で幸せを掴む方法」について書いていきます。

再婚で幸せを掴むために

過去の離婚が、どのような原因であったにせよ、再婚したい方は、まっすぐ前を見つめ、自分にピッタリ合うお相手を探す他ありません。

しかしながら、再婚で幸せを掴むのは、初婚で幸せを掴むより、難易度が上がるでしょう。それは、一度目の離婚が心に与えるダメージがことのほか強いからです。

前回の離婚の心理的ダメージを背負ったまま、恋愛をするわけですから、自分のマインドをコントロールする負担が、少し大きいのですね。

でも、このブログを読んで頂ければ、きっと再婚で幸せを掴むヒントを得られるはずです。

「幸せな再婚」のための5つのルール

ここで、「幸せな再婚」のための5つのルールを挙げていきますね。現在、婚活している人は、一つでも多くこのルールを守っていただくと、スピリチュアル的に、幸せな再婚が叶うと思いますよ。

▼「幸せな再婚」のための5つのルール

  1. 候補のお相手を元旦那様と比較しないこと
  2. 再婚を焦らないこと
  3. 離婚による「心の傷」が癒えてから、婚活すること
  4. 「過去の独身時代」と同じ考え方で、相手を探さないこと
  5. 離婚原因を真に理解すること

以下で、1つ1つ解説していきますね。

①候補のお相手を、元旦那様と比較しないこと

元旦那様の浮気が原因で、離婚に至った場合、再婚相手の方においては、「絶対に浮気しない人を見つけたい」と思うことでしょう。すごく、当たり前のご決断だと思います。

しかしながら、「絶対に浮気しない人」を見つけようと思うと、相手の「その他の欠点」に目が行かなくなるのですよね。これにより、相手の重大な欠点を見落としてしまう可能性があるのです。

そもそも、

男女の結婚において、重要なのは、「一緒に波動を上げられるかどうか」です。

それが、「浮気しない相手」を探そうとすることで、この一番重要な原理原則を忘れてしまうのです。

結婚後に、お相手の方は、成長できるかに焦点を当てる

相手の性格上の欠点をすべて見抜くことは難しいでしょう。そもそも欠点がない人もいないですし…

ですので、「相手に欠点がないか」に集中するよりも、欠点を克服できるほど、お互いに成長し合えるかの観点の方が重要になります。

人間は成長する生き物です。ですので、小さい相手の欠点に目が注視してしまうと、それ以外が見えなくなってしまうので、注意です。

ミエナ
欠点は、「一緒に波動を上げられる仲」であれば、自然と克服されていきます。

②再婚を焦らないこと

「再婚を焦ってしまう」状態で恋に落ちると、どうしても、その候補のお相手が、またとない理想の人に見えてしまうのですよね。

この状態に陥ると、なかなか理想で盛り上がった高揚から抜け出せないのです。これによって、それほど良い相手でなくとも、熱を入れてしまう…

こんな形で勢いで結婚すると、ちょっとマズい展開に陥りやすいです。

③離婚による「心の傷」が癒えてから、婚活すること

離婚のダメージは、ご自身の想像以上に深いものです。社会的な離婚に対するイメージやレッテルの問題もありますし、「昔、描いた自分の理想の人生」とズレることで、深層心理からも苦しむことが多いからです。

この心の傷により、離婚をご経験された方は、この傷を癒やしてくれる人を探してしまうのです。

傷を癒やしてくれる人  ≠ 運命の人

残念ながら、「傷を癒やしてくれる人」は、運命の人とは限りません。運命の人は、通常、傷の癒えた後にやってきます。

傷だらけのあなたを癒やす相手は、あなたの弱みにつけ込んでいる人かも知れません…

離婚の傷を癒やす人は、自分です。

だからこそ、傷が癒えてから、婚活して欲しいと、私は思っています。

④「過去の独身時代」と同じ考え方で、相手を探さないこと

離婚し独身となって、開放感を味わう人もいるかも知れません。思いっきり、恋できるのは、幸せなことです。しかしながら、離婚をご経験された方は、離婚という大きな壁を越えてきた人間です。

離婚を経験した方は、独身時代とは異なり、精神的なステージが高く上がっているのです。

離婚を経験し、精神的なステージが向上したにもかかわらず、以前と同じ気持ちで婚活すると、同じ運命を辿る可能性が上がります。

離婚を経験した「恋愛の上級者」として、気持ちを「以前の独身時代」とちゃんと切り替えることがポイントです。離婚で味わった教訓を心に刻むことで、理想の相手と巡り会える可能性はぐんと上がります。

シングルマザーの方へ

シングルマザーの方は、一番、「以前の独身時代と同じ心理で、相手を探す」ことを避けた方が良いです。(スピリチュアル的に)

多くのプレッシャーから、心を自由にしたいお気持ちは判ります。(偉そうに言ってすみません…)

しかしながら、「独身時代と同じ心理」で、お子さんを考慮しない恋は、多くの未来の懸念を孕みます。

ここで、イメージトレーニングです。

お子さんを配偶者として、イメージしてみてください。

現在、独身で、子どもがお一人の場合、(イメージ上で)配偶者が一人になります。つまり、婚活により、二人目の配偶者を探すイメージになります。

こんな風に、お子さんを配偶者として、イメージして見ると、婚活において、子どもへの意識が、心にキープされた状態になります。

イメージの世界の話ですが、非常に良い方法なので、お試しくださいね。

⑤離婚原因を真に理解すること

人生において、離婚は重大な分岐点です。

守護霊様も「離婚」を単なる男女の別れではなく、人生の学びのポイントとして捉えています。

そのため、守護霊様としては、「離婚」からいっぱい学んでほしいのです。次の相手を探すよりも、人生を豊かにするヒントが「離婚」の中にいっぱいあるのです。

この宝石箱のような「離婚の教訓」をしっかり受け止めることで、金運、恋愛運、波動は、大きく上昇します。

なので、私は、離婚されたばかりで、再婚したい方は、「離婚の反省文」を書くようにオススメしています。

箇条書きで良いので、離婚の原因などを振り返ってほしいのです。誰に見せるものでもなく、紙に書くことで、様々な気づきに巡り会えるはずです。

守護霊様が運命の人を導く日

守護霊様が運命の人との出会いをもたらすよう、行動するのは、離婚の傷が癒え、離婚の教訓を胸に刻んだときです。

焦って再婚に踏み切ろうとしても、上手く行くとは限りません。ぜひとも、この記事の①〜⑤のルールをヒントにしていただき、幸せな再婚を掴んでくださいね。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱