【雑記】自分の心の中の声は、自分にしか聞こえないのか

  • 2021年1月5日
  • 2021年1月6日
  • 雑記

こんにちは、ミエナです。

今回は、雑記です。「自分の心の中の声は、自分にしか聞こえないのか」をテーマに、思い思いに書いていきます。

自分の心の中の声は、自分にしか聞こえないのか

「あ〜、お腹すいた」と心の中で思ったとき、この心の声は、誰にも聞かれていないですよね。

当たり前ですが、言葉を発したわけでもありませんし、すぐ近くに人がいても、心の声は気づかれない…

ミエナ
心の中で考えることは、誰にも聞こえていない。たぶん…

上記のように考えると、「心」というすごく広い精神世界の中に、ぽつんと一人きりされたような気がします。(私だけ?)

なぜかバレる心情

「自分の心の声は、自分の心の声は自分にだけ聞こえ、他人には聞かれていない」というのは、本当でしょうか?

例えば、長年、連れ添った男女がいたとして、そういう仲であれば、きっと相手の顔をパッと見ただけで、「この人、お腹空かせてるな…」と、なんとなく判るはず…

以心伝心という言葉が古くから使われていることからも、「心の声は、自分にしか聞こえない」という考えは、一部否定されているような気がします。

自分の心はシェアされている

自分の心の声は、多かれ少なかれシェア(共有 = 以心伝心)されています。

心の中の状況が、自分の動作で相手に喩られるときもあるし、長年、連れ添う男女であれば纏(まと)う雰囲気で判るのもしれません。

自分より自分を知る他人

私の知人が、初めて講演会に登壇することになったとき、講演前にソワソワしたり、ウロチョロしたり、無意識に背伸びしたり…とても、緊張している感じでした。

しかし、この知人は、このことを気にかけてあげると、口では「緊張してないよ」と、意図的なのか、本気なのか、このようなことを言ってました。

いずれにせよ、この知人の心情は、彼よりも周りの人の方が、的確に察知していたと思います。

心は自分専用ではない!?

自分の心の声って、自分専用ではなく、そもそも、人間同士で共有される性質を孕(はら)むのではないか。

最近、こんなことを考えます。

不思議な考えですが、つまりは、自分の心の声は、自分だけに聞こえるものではない…ないかと思うのです。

心の中で泣いている人がいれば、一緒にいる人も、無意識に泣きたくなるし、逆に心の中で笑っている人がいれば、周りも笑ってしまう…

最後に

心って共有しているんですよ。自分と自分以外で。きっと…

元来、心は自分専用ではなく、きっと共有を前提としている…

なんで、こういうことをこのブログでわざわざ言いたいかというと、実は、「心は、各人が持っている」と思うと、とても生きにくいのですよね。この時代…

今は、心を解放することで、アイデンティティ(存在証明)を高める時代

ですので、「自分専用の心なんてはない。元来、心はシェアされることを前提としている」と、腹をくくって考えた方が、今の時代は、生きやすいのではないか。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱