お酒とスピリチュアル

こんにちは、ミエナです。

今回は、「お酒とスピリチュアル」について書いていきます。

お酒とスピリチュアル

今回は、ケイさん(女性・30代)からご質問いただきました。

私自身はお酒を全く飲まないのですが、お酒を飲むと人が変わるという人が世の中にはいると思います。私の知る範囲でも、人格が変わるというほどでなくても、元々少しある悲観的な部分や攻撃的な部分が、お酒を飲むと強く出る人がいたり、反対にすごく陽気になる人もいます。

どちらにしても、理性があまり働かなくなっているということだと思うのですが、このような時、波動からその人を見たら、どんな感じなのでしょうか。また、そのように、お酒を飲んで理性がゆるむことを、守護霊様や神様などは、どういうふうに見ていらっしゃるのでしょうか。

ケイさん、ありがとうございます。回答させていただきます。

ミエナ
「お酒とスピリチュアル」ですが、簡単に回答できるようで、ちょっと難解なんです。できるだけ判りやすく説明します。

お酒は、「神聖なもの」!?

「お酒とスピリチュアル」というテーマを考えると、私の中で一番最初に思い浮かんだのは、お正月や結婚式で、神社にて振る舞われる御神酒です。

お酒が神社で振る舞われるのですから、「お酒は、そもそも神聖な飲み物」と言えるかも知れません。

また、古事記にもお酒を飲む神様が登場しますし、ギリシャ神話にはバッカスという酒の神も存在します。

ならば、「お酒を飲むことで、波動が上がる!?」と思ってしまいますよね。

しかしながら、天界に話を伺うと、少し異なった見解を持っていました。

そもそも神社などで、神様にお酒をお供えするのは、豊穣を願うためです。昔は、不作になると餓死の恐れがあるために、神様に対し、今年の豊作を感謝し、来年の豊穣を願うわけです。

スピリチュアル的にいうと、お酒には、そもそも「自然の恵み」と共に、「植物が育った豊かな大地、天に向けての感謝の念」が込められているのです。この「感謝の念」こそが、お酒が神様にお供えされる理由です。

神様は、お酒をお供えされて、それを喜ぶのではなく、お酒に込められた感謝の念を受け取って、自らのエネルギーにしているわけです。

だから、「神様がお酒を好むから、お酒は神聖である」というよりも、お酒というのは、昔から造られる上で、愛が込めれた飲み物であり、その念を神様が好んでいるということなのです。

お酒は、波動を下げる?

まず、上記の章では、「お酒そのものが神聖」ではなく、お酒造りの上での「念」こそが、お酒を神聖なものにしたことをお伝えしました。

その上で、お酒を飲むと、飲んだ人の波動にどのような影響があるのかを書いていきます。

基本的に…

お酒は、飲み過ぎると波動を下げます。

この理由を説明する上で、まず人間は、「肉体」と「魂」から成り立っていることをご理解いただきたいです。

上記のように、人間は、肉体と魂に分けられます。自分の肉体を「自分」と認識してしまうことが多いのですが、実際は、「魂」こそが「自分」です。

  • 肉体・・・神様が創った「魂の神殿(器)」
  • ・・・自分 ※成長過程にある神様の一部

上記をご理解いただいた上で、「肉体」と「魂」の関係をもうちょっと詳しくお話しします。

人間は、「魂の神殿」とも言われる肉体があるからこそ、波動が安定し、感情が暴走しないのです。

魂というのは、「成長過程にある神様の一部」ですから、未熟なもので、肉体がないと感情(情念)を支配できないのです。

お酒を飲むと「魂の神殿」の機能が低下する

人がお酒を飲むと、「肉体」の能力が低下します。ここでの「肉体」とは、脳も含みますから、脳の機能も低下するのです。(よく知られたことですよね。)

「肉体」の能力が低下すると、肉体の「魂の神殿」としてのパワーも低下します。

波動を安定させ、魂の情念に振り回されないように働く肉体の機能が弱まることで、波動は低下し、感情がむき出しになるわけです。

アルコール度数の高いお酒を「スピリット」と言いますよね。強いお酒を飲むと、人は、肉体が抑えていた「魂」のエネルギーが表に出てくるので、こう呼ばれるのだと思います。

ミエナ
人の魂が、肉体から解放されると、人の魂は、地球の波動の影響を受けます。地球は3次元にあるため波動の低い星です。よって、「3次元の低波動」から魂を守ってくれた肉体の機能が弱まることで、ときに人はお酒でトラブルを起こすのです。

お酒を飲むスピリチュアル的なメリット

お酒を飲むことで、もちろんスピリチュアル的なメリットもあります。

お酒は、脳の機能を弱め、「魂」を解放するために、想像力が湧きやすくなるのです。

例えば、酔っ払ったときに描いた絵って、ときに芸術的(?)だったりしますよね。

「魂」を解放することで、3次元世界ではなく、4次元(霊界)、5次元(神界)の世界を感じたり、インスピレーションを受けやすいのです。

覚醒剤などのドラッグも同様です。

ドラッグも、肉体の「魂の神殿」としての役割を著しく低下させることで、「魂の解放(覚醒)」が起こります。ただ、身体や脳への悪影響が大きすぎますし、何も「覚醒」は、ドラッグに頼らなくてもできることですので、ドラッグは、本当によくないと思います。

高級なお酒ほど悪酔いしない理由

よく巷で「高級なお酒ほど悪酔いしない」と言われますよね。

それは、以下の理由によります。

  • 高級なお酒ほど、素材のエネルギーが活きている
  • 高級なお酒ほど、良い環境で育った原材料を用いている
  • 高級なお酒ほど、生産者の愛が込められている

上記の理由より、肉体の機能が下がって「魂」が解放されても、お酒の「正のエネルギー」により、波動が下がりにくくなるので、悪酔いしないのです。

逆に、安いお酒を飲みすぎると、お酒に込められる愛のエネルギーが低いので、「魂」が解放されると、波動が下がったままの状態ですから、ときにトラブルに発展してしまうのです。

神様は、お酒を飲むことに対し、どのように考えているのか?

「神様が描かれた絵」を見ると、お酒を持っている神様もいますよね。酔っ払う神様もいます。

ただ、神様は、肉体がないので、酔っても波動が下がらないのですよ。もともとの魂も、高波動なので…

神様が酔っている…みたいな状況は、単純に、神様は、豊穣への感謝の想いをお酒を通じて汲んでいるのであって、人間がお酒を飲むのと、全く理由が異なるのです。

さて、「神様は、”人がお酒を飲むこと”に対し、どのように考えているのか?」というと…

神様は、「人がお酒を飲むこと」に対し、否定していません。その代わり、「ほどほどにしてください」とおっしゃっています。

理性をなくすまで飲んでしまうのは、日頃のストレスが溜まっていることもあると思うのですが、ストレスとは、お酒に頼らなくとも、知恵と努力で解消できるものです。

ですので、ストレスが溜まっても解決策をお酒に頼るのは、あまり良い習慣とは言えません。

お酒は、ほどよく飲むのならば、凝り固まった理性、固定観念を解消する要因にもなりますので、とても人生を豊かにしてくれるものです。さらに、自然の恵みに感謝し飲むことで、悪酔いしにくく、少量のお酒でも心が満たされます。

お酒を良き人生のパートナーにする場合、「ほどほどに」ということと、「上質なお酒を飲む」の2点を守ると、お酒ライフが、スピリチュアル的にさらに素晴らしくなりますよ。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱