私が新潟県が好きな理由

こんにちは、ミエナです。

今回は、「私が新潟県が好きな理由」について書いていきます。

私が新潟県が好きな理由

私は、「47都道府県の中で、どの地域が一番、好きですか?」と訊かれたら、きっと「新潟県」と答えます。今まで4回くらい行って、実は、昨日まで新潟市にいました。

全部の都道府県をマスターしたわけではないけれど、「新潟県」は特別な愛着を感じます。

ちなみに、みなさんは、47都道府県の中で、どの地域が一番、好きですか?

17年前の新潟駅で起こった悪夢

私と新潟県の出会いは、17年前に始まります。

当時、新卒でラジオ番組制作会社に入社し、ストレスを抱えて、向かった先は新潟県でした。とにかく、当時、「本州恐怖症」になっていて、上司や先輩社員のいない「島」に逃げたかったのです。

「島」のように、海を隔てていれば、仕事のストレスから解放されると思ったのですね…

それで、新卒の私が思いついたのが佐渡島です。日本最大の離島ですから、当時の私が一番最初に思いつくわけです。

佐渡にたどり着かない

仕事の合間を狙って3日間くらい休みをとって、佐渡に行こうとしました。東京から新幹線で新潟駅に行き、佐渡島までフェリーに行くルートです。

私は、午前11時くらいに新潟駅に新幹線で到着したのですが、新潟駅に到着し、新幹線から降りた瞬間に、先輩社員からケータイに電話がありました。

女性の先輩:「あなた、完パケ納品していないでしょ。今から横浜に行って、納品しなさい。

完パケとは、編集済みの番組録音テープのことで、ド素人の私は、すっかり放送局にテープを持って行くのを忘れたのです。

:「○○さん、すみません。今、新潟なんです。私の代わりに持って行ってくださいませんか?」

女性の先輩:「何に言ってんの?やだ。自分で行きなさい。」

:(しぶしぶ)「はい…」

ということで、自業自得なのですが、東京からわざわざ新潟駅に行き、新潟の空気を数分だけ吸って、そのまま横浜に行きました。

この悔しさから、私は、新潟にやけに思い入れがあります。

悪夢から13年後、出張で新潟に行く

▲上越妙高駅にある上杉謙信像

新潟県にリベンジするきっかけは、新潟駅からとんぼ返りした13年後の出張のときでした。新潟県にある地元企業をインタビューするというウェブ企画で、撮影とライティングを兼ねて、一人で行くことになったのです。ラッキー

仕事は1時間で終了し、後は自由時間。私はとりあえず、海が見たくて、電車に乗って、日本海の見える直江津(なおえつ)に行きました。

出張先は上越妙高で、海が見える直江津は、電車20分くらいなんですよね。

ちょうど7月で、平日の海水浴場は、私以外、誰もおらず、今、考えるとアホなのですが、スーツを脱いで泳いだんですよね。パンツ一丁で。誰も来ないように、祈りながら。まあ、別に外から見れば、履いているパンツも海パンに見えるし…

▲直江津の海(海水は透き通っていて、すごくキレイでした。)

仕事中に泳ぐ海がとにかく最高で。照りつける太陽と磯の香りで、テンションMAXなわけです。仕事中に海水浴するバカ社員なのですが、1時間くらいで海から上がり、勤務時間中ですが、地元の居酒屋に行きました。

居酒屋に行く途中に3歳児が、アスファルトの道路を裸足で遊んでいるんですよね。「なんて、自由なんだ」と思いながら、すごく良い気分でした。

ミエナ
後で、新潟出身の知人に話を聞いたら、裸足で歩き回る子どもは、新潟県には結構いらっしゃるそう(?)です。自由で素敵です。

向かった居酒屋は、ちょっとここん亭

地元で獲れた魚を料理してくれる小料理屋さんで、家庭的な雰囲気の落ち着くお店です。海水でベタベタした身体の状態にスーツ着て、しれっとカウンターに座りました。カウンターの先には、料理を作る女性の料理人がお二人おりました。

▲ちょっとここん亭で注文した刺身と焼酎

一人で居酒屋行くと、私みたいなタイプは、ひたすら食って飲むんですよ。話し相手がいないから…まあ、しょうがないのですが…

でも、ちょっとここん亭の女性の店主の方は、気軽に声をかけてくれて、「どっから来たの?」、「もずくが美味しいよ」、「今まで何してたの?」とか、いっぱい訊いてくれるのですよね。私も、初対面だけど、その心の壁のなさにびっくりして、どんどん、お酒が進んじゃいました。

人見知りの私が、地元客と盛り上がる

ちょっとここん亭で、一人で飲んでると、小太りの30歳半ばくらいの人が、隣に座り、なぜか、彼の人生相談を乗ることになり、「人見知りの俺が人生相談に乗ってる?」と、ちょっと変な展開になりました。

ミエナ
霊能者になるずっと前です。他人の人生相談はこれが初かも!?

その方は、落語オタクで、周りに落語好きがおらず、そのため友達がいなく、一人で飲みに来たとのことでした。私は新宿の寄席に行ったり、落語のアニメ「昭和元禄落語心中」も好きだったので、落語の話に花を咲かせました。

私は、居酒屋で知らない客と話す経験がなくて、私は、なんかちょっと、嬉しくなってしまったのです。(もちろん、料理も旨いのだが…)

その4ヶ月後に佐渡島にリベンジする

「新潟県って素敵だなぁ」と思って、その年の11月に佐渡に行くことにしました。佐渡の民宿を楽天トラベルで、テキトーに選び、出発。

佐渡にフェリーで着くと、佐渡にあるハローワークにでっかく「帰ってきんしゃい。佐渡」と横断幕があり、過疎化する島なのだと感じました。

ミエナ
佐渡を出た若者たちに向けて、帰省の際に、「佐渡で働こう」というメッセージをハローワークでは、「帰ってきんしゃい。佐渡」と表現しているのですね。

佐渡に到着し、レンタカーを借りたのですが、レンタカー屋さんの女性店員さんが、アイドル並みの美人で、新潟の人はおキレイな人が多いなぁという印象を持ちました。

さて、予約した民宿まで、港から1時間で、夕方にフェリーで佐渡に入った私は、宿に着いたのは日が暮れた後でした。

着いて即効、食事なのですが、これ見てください。一泊7500円の料理じゃないですよね。激安です。

▲一泊7500円の民宿で出されたお料理

通常、松葉ガニは付かないそうなのですが、「おまけ」してくれました。テンション上がる。

この日、食堂に民宿のご主人が現れ、私とちょっと話したのですが、「おまえ、呼ばれて来ただろう」と言われました。

ミエナ
「呼ばれてきた」というのは、いわゆる守護霊様など天界が、自分をこの民宿に呼んだという意味です。

私は、テキトーに民宿を選んだので、そんな気もなく…

テキトーに返答すると、民宿のご主人は、佐渡の金鉱石を私にくれました。「これ、買うと6000円くらいするぞ」といい、宿代7500円しか払ってない私は、松葉ガニといい、大変、もてなされるのでした。

人見知りの私が、初対面の民宿の若旦那と飲む

この民宿の若旦那をご主人に紹介され、またもや、自称、友達のいない同世代に出会います。スマホの待ち受けが萌え系アニメだったので、「あっ。友達いなそう」と思ったのですが、案の定でした。

若旦那も同世代で東京から来る人と話すのが珍しいようで、お互い初対面ながら、人見知り同士で、酒を交わしました。

この民宿で栽培している無農薬のお米が死ぬほど旨く、今でも送ってもらってます。

ミエナ
霊能者の仕事をする前は、本当に人見知りで、ヤバいくらいだったのですが、新潟県の方は、本当に良くしてくれました。

今年は、神社巡り

昨日まで、新潟にいましたが、今回は、霊能者になってから初めての新潟ということもあり、神社巡りばかりしてました。ちょうど桜が見頃でした。

1日目:蒼柴(あおし)神社

▲蒼柴神社の入り口

蒼柴(あおし)神社は、牧野忠辰を祀っている神社です。(牧野忠辰は、越後長岡藩3代目藩主です。)

▲長岡市立郷土資料館

蒼柴神社は、長岡駅からバスで20分くらいと意外と近いです。近くには、小動物園もあり、子連れで行くには最適です。

▲ 小動物園(猿山やフクロウ、クジャク、山羊などがおりました。)

小動物園は、入園無料なので気軽に入れるのですが、大人が一人で行くと結構、虚しい気分になります。(そりゃそうだ…)

▲シロバナショウジョウバカマ(白花猩猩袴) ※銀木犀さん、お花の名前を教えてくれてありがとうございます。

関東では見たことのない野草、野花がいっぱい咲いてました。日頃、花をじっくり見ない私も、その美しさに見とれてしまいます。

2日目:彌彦(やひこ)神社

新潟県で一番有名な神社です。この神社の周辺は観光スポットが山ほどあります。私は、ビール片手に、饅頭を買い食いし、散策しました。

▲左)彌彦神社の一の鳥居 右)ロープウェイで上がった先の景色(佐渡島が一望できる)

彌彦神社の周辺には、日本一大きい鳥居があります。高さは、なんと30.16m。

▲大鳥居

▲大鳥居を近くから見るとこんな感じ

▲大鳥居を遠くから見ると…すごいインパクト

この大鳥居に行くには、彌彦神社の最寄り駅から電車で行く必要があり、ちょっと遠いので注意です。

3日目:白山(はくさん)神社

最終日は、白山神社に行きました。新潟駅から路線バスで20分くらいですかね。こちらも超人気の神社です。

▲白山神社の本殿(インスタ映えを狙った撮影パネルも用意がある)

とにかく、細かい部分も演出が効いた神社で、手水舎もこの通り、お花が美しい。

▲左)白山神社の手水舎 右)水芭蕉

手水舎は、美しすぎて使う気が起きません。

▲左)もうひとつの手水舎 右)はす池

今回、行った神社はみな広い公園が併設されているのですよね。桜が美しく、神社でお参りした後は、のんびり花見を楽しめる。

新潟のゆっくりした空気を味わうには最適です。

おまけ:新潟市水族館 マリンピア日本海

新潟市水族館 マリンピア日本海にも行ってきました。イルカショーが楽しめます。イルカって癒やされるなぁと思いつつ…アザラシにも癒やされました。

▲イルカがショーで一生懸命に働く中、グデっとしているアザラシたち

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱