占い結果どこまで信じる?【誰でもできる正誤判断 2選】

こんにちは。ミエナです。

占いに行く方は、占い師さんの占い結果をどのように捉えていますか?

「当たってそう。」「外れてそう。」「この占い師は信用できるから当たってるのかな!?」

人それぞれ、感じることや思うことがあると思いますが、占い結果の正誤が自分で判断できたら、とても役に立ちますよね。

占い師さんが言っているから、なんとなく信じるというのは、不安もあると思います。

今回は、私がよくやる占い結果の正誤判断の方法についてご紹介します。

占い結果の正誤判断を行う意味

まず、占い結果の正誤判断を行う意味についてご説明します。

ここで例を挙げますね。

例えば、占い師さんに「あなたは、来年はすごく良いことがあるでしょう。」と占い師に言われたら、どうですか?

占い結果が事実となって、本当に良いことがあったら、嬉しいですよね。

でも、実際に来年一年を過ごしてみて、良いことがなかった場合はどうでしょう。

まあ、そんなもんか…

こんな感じでしょうか?

この程度の占いなら、当たろうがハズレようが、どうでも良いですね。

しかしながら、占い師さんに、人生の重大な決断を委ねようと思ったときは、どうでしょうか?正誤の判断をしたいですよね。

例えば、こんなときです。

  • プロポーズされたけど、結婚しようか迷っている
  • 愛の告白しようか悩んでる
  • お子さんの進路で悩んでる

人生の重要な決断のときは、どんなに信用できる占い師が占っても慎重さは重要ですし、占い師がインチキだった場合に、誤った占い結果に従ったときのリスクは大きいです。

そのため自分自身で占い結果の正誤判断を持っていると、誤った決断に突き進むリスクは避けられます。

占い結果の正誤判断の方法①:勘

「勘」は当たります

一番簡単な方法からお伝えします。一番簡単なのは「勘」です。

「勘」が当てにならないと思ったら、どんどん記事の続きを読んでくださいね。

ここでいう「勘」とは、「当たっていると思ったら当たっている」「当たっていないと思ったら当たってない」という意味です。

「半分くらい当たっている」と思ったら、本当に半分くらい当たってます。

理由をご説明しますね。

占い結果を「当たっている」と信じる場合、信じた自分は、占い結果が本当に実現する方向に無意識に行動します。そのため、信じた占い結果は、どんなにいい加減な発言でも当たるのです。

またまた、例でご説明します。

「あなたは、大好きな人と必ず結ばれます。」と占い師に言われて、本気の本気で信じた場合、その相談者は、相手と一生を添い遂げ、相手を絶対に幸せにするという責任を感じます。

その責任を背負った瞬間に、相談者は最愛の人にとって最良の人となるのです。

最良の人となったら、後は、自然と2人は結ばれますね。

占い結果を信じると、引き寄せの法則で現実化する

「信じる者は救われる」ではないですが、信じる占いは、信じる度合いで「当たり」ます。

引き寄せの法則ですね。

ですので、占い師さんの占い結果が出たら、自分がどれくらいその占いを信じているか、客観的に考えてみるのも良いと思います。

占い結果の正誤判断の方法②:オーリングテスト

心が不安定なときは「勘」がブレる

「勘」も重要なのですが、「勘」か「思念」なのか、自分で判断がつかないときがあります。

例えば、インチキ占い師が「宝くじを買いなさい。当たります。」と言われた場合、先程の「勘」も何もなく、欲望に沿って、「当たる」と思ってしまうのが人間です。

本心は占い結果を信じてない場合でも、占い結果の魅力に惹きつけられて、当たるはずもない宝くじを買ってしまうのです。

オーリングテストをやってみよう

「勘」がブレるようなコンディションの場合、オーリングテストをお試しください。私は、占いだけでなく、あらゆる場面でオーリングテストをコソッとやっています。

まず、はじめに、オーリングテストとは何でしょうか?

正式名称は、「バイ・ディジタル・オーリング・テスト(BDORT)」です。
これは、大村恵昭教授が1993年、米国で特許を取得した検査法です。
「O-リングテスト」とは、指で作った輪が開きやすいかどうかで病気の有無をはじめ、薬の有効性や浸透点まで調べられる、画期的な検査です。

山本鍼灸院

本来は医療用の検査方法なのですが、霊視、波動の測定、正誤判断にも使えます。レイキによる治療でも使う方もおります。

方法は簡単です。親指と人差し指をくっつけて、輪っかを作ります。

オーリングテスト

それを、両手で行い、知恵の輪のようにします。簡単に外れないように、親指と人差し指の先は、強めに力を入れてくっつけてください。

オーリングテスト

占い結果を正誤判断する場合は、「この占い結果は当たっていますか?」と心の中で強く唱え、両手を引っ張って輪っかを外します。このときに、頭の意識で、指先の力を弱めないでください。

占い結果が正しければ、両方の指が離れます。占い結果が誤っていれば、両手を引っ張っても、両手で作った知恵の輪は、外れません。

知り合いに頼んでオーリングテストを検証してみた

このオーリングテストですが、オーリングテストを全く信じない知り合いに試してみました。

【検証方法】

①知り合いには、オーリングテストの知恵の輪を作ってもらう。

②私が、想定で知り合いに言葉を投げかける。

③知り合いには、私の言葉すべてに「はい」と答えてもらい、自分の手のオーリングテストの輪を解こうとしてもらう。

【想定される結果】

私が、正しいことを言えば、知り合いの手のオーリングテストの知恵の輪は外れる。私が真実でないことを言うと輪は外れない。

ミエナ
あなたは、自分の息子さんを愛していませんね?
知り合い
はい。※全部に「はい」と答えてもらっている。

この場合、知り合いの両方の指は離れませんでした。息子さんを愛しているようです。続いて、反対の質問をしました。

ミエナ
あなたは、自分の息子を愛していますね?
知り合い
はい。

なんと、両方の指が離れました。

知り合い
きゃー。不思議。なんで〜。

知り合いは、両方の指に力を入れていたので、指が外れるとは思わなかったようで、自分でしたことなのに驚いていました。

こんな風に、オーリングテストは、医療だけでなく、あらゆる事柄に反応します。これは霊能力がなくてもできますので、ぜひ、試してください。

あなたが鑑定を受けた占い結果にも、はっきりと正誤判断してくれるはずです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション