オゾン水を3年間、使い続けた結果【私の使い道と効果】

  • 2021年2月6日
  • 2021年2月7日
  • 雑記

こんにちは、ミエナです。

今回は、「オゾン水」をテーマに書いていきます。

いやぁ〜、「オゾン水」がYahooトレンドの1位を先日(2021年2月5日)、獲得して驚いております。なぜなら、私は3年前からオゾン水生成器を購入し、愛用していたからです。

今日は、そんな3年間もオゾン水を使用してきた私の感想を書いていきます。

オゾンバスター

▲私が愛用しているが、オゾン水 生成器 オゾンバスター(およそ4万円)

ミエナ
私が3年前に購入したときは、定価3万円でした。コロナ禍で値上げしたようです。当時の私は、環境汚染に繋がる食器用洗剤の使用を避けるため、オゾン水生成機を購入しました。

オゾン水とは何か?

コロナ禍で消毒液がとてもフィーチャーされて、その結果、強いアルコールの7倍以上の殺菌力を持つオゾン水が注目を浴びることになりました。

オゾン水とは、オゾンが溶けている水のことです。オゾンはO3ですので、元々は酸素(O2)なのです。その関係で、オゾン水生成器があれば、空気中の酸素から、簡単に水道水をオゾン水に変えることができます。

O3は、分解するとH2Oになりますので、オゾン水が体内に入っても、大丈夫(※)なようです。そのため、使用した後に薬品が残留する、他の除菌スプレーなどより安全性が高いと想定できます。

※私はオゾン水を飲んで体内に入れたことがないので、なんとも言えませんが、飲んでも大丈夫と語るお医者さんもおります。(参考記事

オゾン水の使い道(私の場合)

オゾン水の使い道は、たくさんあります。私は下記の用途で使用していました。

  1. 口臭防止(リステリンの代わり)
  2. 洗髪
  3. 食器洗い
  4. 排水溝の消臭
  5. 部屋の消臭(ファブリーズの代わり)

以上です。

現在は、コロナ対策の手洗い用として使用されることが多いようですが、正直な話、それだけに使うのはもったいです。

以下で、1つ1つご説明していきます。

①口臭防止(リステリンの代わり)

私は、オゾン水を小瓶に入れて持ち歩いております。リステリンは買うとお金がかかりますが、オゾン水は生成機を買えば、ほぼ無限に生成できます。味は無味です。臭いは、ほのかにツンとしますが、それほど、拒否感のあるものではありません。

口臭の消臭効果は高いと思います。口の中もスッキリします。

②洗髪

オゾン水をお湯でつくり、洗髪すると、すごく気持ちいいです。大きな桶にお湯を入れて、オゾン水を生成、そこに頭を突っ込むわけです。

桶に頭を入れるという絵的に妙な光景となってしまいますが、これがサイコー。毛穴の奥まで、スッキリ感が出ます。ヘアワックスなども、通常の水よりキレイに落ちますので、男性にも女性にもお勧めです。

※ヘアワックスは、シャンプーの方が落ちます。

③食器洗い

環境汚染に繋がるキッチン洗剤と異なり、なによりに自然に優しいのが魅力です。油汚れは落ちませんが、コップなど簡単なモノを洗うときには、多用しています。

④排水溝の消臭

頭を洗った後のオゾン水は、キッチンやお風呂、洗面所の排水溝に流します。そうすると、排水溝が消毒されて無臭になります。一石二鳥ですよね。

⑤部屋の消臭(ファブリーズの代わり)

オゾン水をスプレーボトルに入れて、部屋中に撒きます。布団の臭いやカーテンの臭いがキレイに取れます。(お世辞ではなくホント)

合わせて、ファブリーズって結構、高いですよね。オゾン水は、このファブリーズと同じ効果(と思われる)のものを無限に生成できます。

オゾン水のデメリット

ここまでオゾン水のメリットばかり挙げてきましたが、3年間、使ってきて感じたデメリットを挙げます。

  1. 生成器の値段が高い
  2. 生成器の安全性能に疑問
  3. オゾン水を作るのが面倒くさい

①生成器の値段が高い

私は、当時、3万円でオゾンバスターを買いましたが、今買うと4万円を超えています。4万円でも、満足度は高いと思うのですが、しかしながら、見た目は4万円もするモノに見えず、「もっと安くならんか??」と思ってしまいます…

②生成器の安全性能に疑問

オゾン水は、生成する濃度によっては有毒(?)かもしれません。水ではなく、空気中にオゾンが溶け込む場合、有毒となるため、水に解けたオゾン水が安全と言われようと、私は疑念があります。(なので、飲まないようにしている…)

ミエナ
オゾン水は、最近、注目されてきたモノなので、これから多くの人体への影響に関する研究されるのだと思います。ちなみに、3年使用した私の人体への悪影響は実感としてゼロです。

私の買ったオゾン水生成器(オゾンバスター)には、オゾンの生成を自動でストップする機能などはなく、電源を止めなければ永遠とオゾンを生成してしまいます。

気を付けないと、部屋中がオゾンで充満する可能性もあり、ストーブでいう一酸化炭素中毒のようなことも、可能性としてはゼロでない気がしてます。(個人的に不安)

③オゾン水を作るのが面倒くさい

水にオゾン水生成器を入れて、数分でオゾン水は出来上がります。なので、全然、面倒ではないのですが、これが毎日となると、意外と面倒に感じてしまう…私だけなのか…

オゾン水を3年間、使い続けた最終評価

オゾン水を皆さんに本気で私がオススメするかと言うと、「本気でオススメします」。これは、人類革命です。なぜなら、環境負荷が少ないし、無限に生成できるからです。機械が壊れたら、生成できないのですが、それでも、大切に使えば長持ちします。

オゾン水はすごいに、日の目を見ないとずっと思ってましたが、まさか、このタイミングで人気になって驚いております。オゾン水生成器には、多くの課題があるものの、一人のオゾン水ファンとして、これからもオゾン水を勧めていきたいです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱