「アセンションはない」と言い切れる理由

こんにちは、ミエナです。

今回は、「アセンション」をテーマに記事を書いていきます。

恐れ入りますが、この記事はアセンションについて、すでに詳しい人向けに書いていきますね。

ご了承ください。

アセンションとは何か?

アセンションをご説明すると、これだけで1万文字を超えそうですので、Google検索で「アセンション」と検索して1番上に表示されたテキストを引用します。

意識を高めることで各自が新人類になり、臨界点を超えると地球全体のネオアセンションが起き、世界平和が実現します。そのためには、私たちの魂を量子宇宙でつなぐこと。そうすれば、無意識のうちに強い絆の集合体が形成され、天災を察知したり、戦争を回避できます。2020年から驚天動地の超次元上昇がスタートします。さあ、そのための準備をしましょう!

超次元上昇ネオアセンション2020―ついにあなたの中の宇宙意識が目覚める – 商品説明文

上記は、アセンションの解釈の1つですが、概ね誰しも似たようなことを言っています。

「アセンションはない」と言い切れる理由

先に私の考えを言いますと、アセンションは「ありません」。

「いや、あるよ!」と思う方が大勢いらっしゃることは、承知で記事を続けますね。

アセンションという考え方は、あまりにも人間に都合が良すぎるのです。ビジネス的な成功や信者集めにです。

選ばれた者のみ、高次元への次元移動するという考えは、古くからあり、今でも多くの宗教団体が「自分たちの宗教に入信すれば救われる」という教えを説いています。

私たちは、今こそ自分の中の「正義」と向き合い、考えなければいけません。

  • 入信すれば、アセンションを迎えるというのは、アセンションにより「次元上昇する人」「しない人」に分かれます。そのため、「自分だけは、次元上昇したい」というエゴに包まれるのです。そのアセンションが生むエゴとアセンションの本質に大きな乖離があります。
  • 「次元上昇」自体が、無いとは言い切れません。しかし、なぜ「今」なのでしょうか?「今」を特別視し、自分たちが「今がそのとき」と思うことこそ、今を生きる人間のエゴです。
  • 「セミナーに通うと救われます。」とか言っている凄そうな人がいますが、先に言いますと、「お金を払えば波動が上がる」「真実を知れば波動が上がる」というほど、波動を上げることは単純ではありません。(次元上昇するほどの波動上昇をセミナーでは、身につけられないでしょう。)

つまり、アセンションの疑問は大きく3つです。

  1. なぜ、”あなた”が説くのか?
  2. なぜ、今なのか?(100年前ではダメ?1,000年後ではない理由は?地球は、46億年前からあるのに、なんで今年?)
  3. 自分だけアセンションを迎えたいエゴを持った人も、お金を払えばアセンションを迎えるという矛盾

つまり、アセンションを説くというのは、新興宗教の初期段階の信者集めの口実であり、実態は怪しいのです。

アセンションを説く人の特徴

  • 8割は正しいことを言う
  • 残りの2割で、人を恐怖に陥れる
  • 恐怖に陥った人からお金を取る
  • 「自分は、神の子」だと言う

スピリチュアルの情報は、多くの人を幸せにする力があります。そのスピリチュアルの力を悪用すると、まるで自分だけが「あなたを幸せにできる人間」かのように、振る舞えるのです。

つまり、スピリチュアルは、そもそも「多くの人を幸せにする力」があり、誰が行使しても、それは変わらない。

そうであるのに、自分だけが授かった力を多くの人に届けているというような言い方は、正直言って、「お金儲け」の手段にスピリチュアルを利用している以外に考えられないのです。

私も実は7年前にアセンションにハマった..

アセンションが嘘だと思う理由の根幹は、自分自身が2012年12月のアセンションを本気で信じていたことにも寄ります。

マヤ暦が終わると言われた当時、様々なスピリチュアル関連の人が著書や高額なセミナーで「アセンションで救われる方法」を説いていました。

しかしながら、2012年12月23日にアセンションはありませんでした。

物凄い数のアセンションの本が出版され、本屋さんにも平積みされてましたね。しかし、2012年12月が終わると、それまでのアセンションの流行が嘘みたいに、誰も何も言わなくなる。2012年12月以降、「アセンション」は、タブーになったのです。

2012年当時の私は、霊能開花で、どん底に落ちていた時期ですから、大量のアセンション本を購入し、セミナーにも参加してました。

あの当時は、本気でUFOが人間を救いに来ると思ってましたね(笑い)

2012年12月23日に、アセンションが来なくて、当時にアセンションを煽り立てた人は、アセンションがあると言っていた当日、下記のようなブログをアップしました。

【2012年12月23日】アセンションを迎えて

ガーデンで炊き出しのような形でお昼ごはんをいただきました。

暗くなることもなく、アセンションの時を迎えることができました。

食事の後、円を作り「光の柱」を降ろしました。その後、皆さんの顔が紫色から黄色、ゴールドへと色が変わっていったのです。多くの方が同じ体験をし、歓声が上がりました。

空にはUFOが何機も来ていましたね。

この方は、2008年くらいからアセンションの本を10冊以上執筆し、その総じた文字数はおそらく100万文字を超えるはず。

それが、アセンション当日にブログに書いたのは、「暗くなることもなく、アセンションの時を迎えることができました。」の32文字

これには、当人へ多くのクレームがあったとき、その後のブログで書かれてました。

それから8年経った今、当時の過ちがまた繰り返されようとしています。

アセンションの真実。それは「儲かる」ということ

アセンションは儲かります。なぜなら、誰もが、自分は特別で、自分だけ救われたいと思っているから。

だから、スピリチュアルを勉強して、波動を上げて、セミナーにも行く。

でも、「自分だけは救われたい」って変じゃない?「自分だけは救われたい」のは、8年前の自分もですが、波動が上がりきっていない人です。アセンションから、程遠い人です。

さらに、波動の低い人間は、次元上昇できず、低い次元に取り残される。そして、それは、真理。

それが、真理なわけがない。神様は、悪魔ですら救おうとする。その慈悲の姿勢にアセンションは水を差そうとしている。

素晴らしい人間は、次元上昇する?どうぞ、行ってらっしゃい。

私は、この汚い世界に残り、この汚い世界に咲く花を愛でて、この星に骨を埋める。次元上昇して、他の星に行きたくもない。

ここにしか咲かない花を踏みつけて、ジャンプなんかしたくない。

アセンションは、ほどほどに

アセンションを信じる方へ。高額な投資には気をつけましょう。

沈没する船で、救命ボートに乗るために大金を叩く金持ちと一緒

天国への裏口入学はありません。それよりも、地球はそんな次元が低いですか?花をじっくり2時間くらい観察すれば、この地球上に高次元が同時に存在していることが判るはず。

アセンションなんかしなくたって、この世の高次元に気づけば、幸せになれます。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション