「自分に嘘をつく」と迎える恐ろしい末路【自分に正直に生きることの重要性】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「自分に嘘をつくと迎える恐ろしい末路」について書いていきます。

自分に嘘をつくとどうなるのか?

自分の理想を描き、それに忠実に生きることは、素晴らしいのですが、そもそも、簡単にできるものではありません。

人間は誰しも、自分の理想からズレて生きてしまうものです…

▼「自分に嘘をつく」例

  • 「夜9時以降に食事しない」と決めても、お菓子を食べてしまったり…
  • お正月に日記帳を買ったけど、書いていなかったり…
  • 子どもの頃の夢を諦めたり…
  • 怒らないと決めたのに、つい、怒ってしまったり…
  • 学費のための貯金を使い込んだり…

人間は、自分の理想とかけ離れた行動をしてしまうものです。そんなとき、自分の心の中で、叫ぶ言葉こそ「自分に嘘をつく」言い訳となります。

「自分に嘘をつく」のは、生きている証拠

死んだら、自分に嘘をつけません。

それは、魂だけの状態では「嘘はつけない」のです。

肉体があるから、人間は自分に嘘をつけるのです。死んだら、自分の心に「正直」になります。「正直」というのは良い意味だけでなくて、「欲望」に正直になるのです。

つまり、やりたいことをやっちゃうのが、「魂」です。それは、良いことも。悪いことも…

ミエナ
人は死ぬと、波動の高い魂は、良いことをし、波動の低い魂は悪いことをします。魂は嘘をつけないのです。

自分の理想を掲げ、それを無視して「自分に嘘をつく」のは、生きている証なのです。

「自分に嘘をつく」と迎える恐ろしい末路【地獄への7ステップ】

「自分に嘘をつく」が生きている人間の証であっても、自分に嘘をついても良いこは、一切ありません。

「自分の理想に生きる」以上に素晴らしいことはないのです。

さて、「自分に嘘をつく」とどうなるのでしょうか?下記にて段階を追ってご説明します。

①徐々に、愛を感じなくなる

「自分に嘘をつく」という行為を一回や二回しただけでは、何も心に変化はおきません。しかしながら、ずっと、自分に嘘をつき、自分を裏切り続けると、自分の心は鎧を着た状態になります。

この鎧を着た状態は、人の優しさ、人情、自然の美しさなど、この世のエネルギー(愛)を受け取りにくくするのです。

こうなると、徐々に倦怠感が増し、感情は揺れ動かず、外に出るのも億劫で、外出を避けるインドア傾向になっていきます。

②波動が下がる

エネルギーを受け取れない状態では、高波動な自分を維持できません。そのため、波動が下がり始めるのです。

③自分を責める

波動が下がり始めると、自分にばかり目が行くようになります。他人のことなど、考えられないのです。

自分にばかり注目してしまう人は、「理想を掲げてもクリアできない自分」に嫌気が差してきます。

こうして、自分を責める状態に入るのです。

④孤独になる

自分を責める人は、人にも責められやすい特徴があります。

他人は自分の映し鏡であるために、他人も自分に対してツラく当たるのです。

他人に責められるようになると、他人の人格を疑い始めます。そうすると、自然と孤立していくのです。

⑤生きる意味を感じなくなる

自分も、他人も信じられなくなってくると、理想の人生を掲げることも無意味に感じてきます。

外出すれば、人を信じられなくなり、独りで過ごせば自分の未来に希望が見いだせない状態です。この状態になると、生きる意味を感じなくなります。

⑥自分を責めて苦しみ続ける

生きる意味を感じなくなると、現実はどんどん悪い方向に進み始めます。荒(すさ)んでいく現実に対し、正常に対処できず、絶えず自分を責めて苦しみ続けるのです。

⑦人を恨み続ける

最終段階となりますが、「自分を責めて苦しみ続ける」ことに堪えられなくなると、さらに波動を下げて、人を恨むことで楽になろうとします。

⑥、⑦とも、どちらにせよ、「自分に嘘をつく」先には、人生崩壊が待っているのです。

ミエナ
上記は、あくまで自分に嘘をつき続けた場合です。途中で改善すれば、立ち直ることができます。

「生きる意味」は「自分に嘘をつかない」と同義である

「自分に嘘をつく」というのは、ついつい、やってしまう行為ですが、その延長線上にあるのは、想像を絶する世界です。

この記事では、何も暗い話がしたいわけではなく、「自分に嘘をつく」の反対をすれば、それだけで素晴らしい人生が待ち受けると言いたいのです。

「自分に嘘をつかない」というのは、それだけで「幸せな人生を保証するもの」なのです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱