サナギから蝶になろう

こんにちは、ミエナです。

今回は、「サナギから蝶になろう」というテーマで記事を書いていきます。

サナギから蝶になろう

NHKの教育番組の「かずとあそぼ」ぺカリンさんのテーマという曲を知っていますか?

ペリカンの人形が、「困った時がチャンスです♪ 頭の良くなるチャンスです♪」って歌うんですよ。この歌を初めて聴いたときに、衝撃が走ったのを憶えています。

幼少期の私
困ったときって、不幸な時じゃん。それをチャンスだって!?

当時の小学生だった自分は、この考え方に、得体の知れないパワーを感じたのです。

悩んだ時はチャンスです♪

私は、「悩んだ時もチャンス」だと思います。

「困った時」と「悩んだ時」って似てますよね。「悩んだ時」は、自分の価値観を変える時期なんですよ。

「悩んだ時」って、みなさん、悩みの種に頭をフォーカスさせるかも知れません。例えば、お金とか、人間関係とか、病気とか…でも、

「悩みの種」に問題があるのではなく、実は、「悩みの種をどう捉えているか」に問題があるケースの方が圧倒的に多いのです。

一生懸命に、お金とか、人間関係とか、病気とか…に頭を悩ませても答えは出てきません。こんなときは、きっと、自分自身が大きく変わるチャンスが到来していると感じてください。

自分は過去の記憶から出来ている

私たち人間は、「過去の記憶」から出来ています。

私がこのように考えるのは、自分が記憶喪失になったときに、本当に人間性、性格が変わったからです。

自分自身が、過去の記憶から出来ていないのであれば、自分の性格は、記憶喪失になっても変わらないはずですよね。でも、私は、記憶喪失になり、人間性も性格も変わり、それにより仕事も人間関係も、一度、リセットする事態となりました。

それくらい私たちは、「過去の記憶から出来ている」と思うのです。

「悩み」を「悩み」だと思わない自分へ

人は、いろんなことで悩みますが、私たちが悩む理由は、お金だとか、人間関係による「悩みの種」に本当の問題はありません。

「悩み」を「悩み」だと思う「過去の記憶」に問題があるのです。

「過去の記憶」というのは、自分の性格であり、自分のアイデンティティです。

そうであるならば、

今、あなたの抱える問題を全部、捨ててみませんか?そして、「悩み」を「悩み」だと思う自分に焦点を当ててみませんか?

過去の記憶を再認識することで、人は、サナギから蝶になる

「過去の記憶」が自分なら、理想の自分をつくるために必要なのは、「過去の記憶の再認識」です。

蝶は、サナギから成虫になるまで、10日〜2週間程度ほどかかるようです。サナギというのは、木の枝などに身体を固定して、ただじっとして、時を待ちます。サナギは、この10日以上の間、何を考えているのでしょうかね?きっと、古い細胞を捨て、新しい細胞を活性化させているのでしょう。

これって、人間も同じ気がするのです。

青虫が、空を飛ぼうとして、一生懸命に悩んで、鳥とかを羨ましく思っても、意味がなくて、じっとして、自分の中の古いモノを捨てて、新しいモノを活性化させる…

人間も、悩みがあったら、一旦、それを忘れ、自分の中の古いモノを捨てて、新しいモノを活性化させたら、どうだろうか??

そしたら、青虫も空を飛べる…

これって、「悩んだ時がチャンスです♪ 大空を羽ばたくチャンスです♪」って言えますよね。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱