「妬み」は人生を台無しにする

こんにちは、ミエナです。

今回は、「「妬み」は人生を台無しにする」というテーマで書いていきます。

「妬み」は人生を台無しにする

人は、意図しなくても、他人を見て「あ〜、羨ましいなぁ」とか、「なんであの人に出来て、私に出来ないのだろう?」とか思ってしまいますよね。

それを一言でいうと「妬(ねた)み」です。

「妬み」は、羨ましくて相手を憎らしく思う感情のことを指しています。

コトバ解説

「妬み」は、心の中で思っているだけなので、自分の人生に悪影響を与えないと思いがちですが、実は違います。

「妬み」は、自分の人生を台無しにするくらい、人生に悪影響があるのです。

「妬み」は、心の中で増幅し「怨念」とな

些細な「妬み」というのは、自分の波動にそれほど影響ありませんが、常に人を妬む気持ちがある人は注意です。それは、

「妬み」というのは、心の中で勝手に増幅して「怨念」となるからです。

日々の妬みの積み重ねが、自分の中に「怨念」として宿るのです。

ミエナ
怨念とは、「うらみのこもった思い」のことです。

自分の中で、妬みが成長し、「怨念」に変わると、自分の人生を狂わせます。

妬みの恐ろしさ

妬む気持ちが、自分の心の中で集積され、「怨念」に変わると、以下のような悪影響が出ます。

▼「妬み」が怨念に変わったときの悪影響

  1. 近寄りがたいタイプの人間となる
  2. 常に妬む人となる
  3. 顔が歪む
  4. 波動が下がる
  5. 人生が上手く行かない
  6. 限度を超えると、人に危害を加える
  7. 無意識的な失言、悪態、舌打ちをしてしまう

以上の7つです。1つ1つ解説します。

①近寄りがたいタイプの人になる

なんとなく近寄りがたい人っておりますよね。私も(ミエナ)もそういうタイプかも知れませんが…

この「なんとなく近寄りがたいタイプ」の原因は、「妬み」にあるのです。

「妬み」の念をいっぱい持つと、「妬み」の念が結晶化し、負のオーラを放ち、人を遠ざけます。

②常に妬んでしまう

妬みは、妬みを生み出します。

負の連鎖ですね。

何を見ても、何をやっても、他人が気になり、他人を羨ましく思ってしまうのです。

「自分を変える」ことで、人生を変えることができますが、「妬み」が増幅すると、自己改善の気持ちもなくなり、妬んで、妬んで、妬みまくります。

③顔が歪む

幸(さち)の薄い顔というのは、「妬み」の集大成から生まれると思います。

反対に「妬み」のない人の顔は、すっきり爽やかで、にごりがないのです。「常に美しくありたい」と考えるならば、「妬み」からサヨナラする必要があるのです。

④波動が下がる

妬みというのは、増幅し結晶化すると、恐ろしく波動が低い「怨念」となります。

自分の波動に影響が出るのはもちろん、波動の低い人や霊体を近づける要因となります。

ミエナ
「妬み」の負の波動は、神様や守護霊様の力で消すことができません。波動の領域が、別次元に存在します。そのため、私は、この「妬み」の恐ろしさに気付くのが遅かったです。(もっと、早く気付けばよかった…)

⑤人生が上手く行かない方向に、無意識的に向かってしまう

「妬む」行為は、実は、本人にとって「とても気持ちいい」のです。

人間が無意識に人を「妬む」のは、気持ちいいからです。

こうなると、

「自分が幸せになる人生」よりも、「もっともっと人を妬む人生」を無意識に選んでしまう

つまり、

「妬む」気持ちがいっぱいある人は、無意識に不幸になろうとします。

⑥限度を超えると、人に危害を加える

多くの人は、「妬み」を自分の心の中に仕舞っています。表に出さないのですね。

しかしながら、「妬み」が「妬み」を生み、不幸の連鎖が始まると、「自分の不幸は、アイツのせいだ」と思うようになります。

限度を超えると、自分の理性をも壊し、人に危害を加えてしまうケースもあります。

ミエナ
「妬み」とは、自分と向き合って生まれる感情ではなく、自分の外側の世界を見て生まれる感情です。他人のせいにする「恨み」に非常に近い性質を持ちます。

⑦無意識的な失言、悪態、舌打ちにつながる

「妬み」という気持ちは、自分の心の中にあっても、そんなに気にならないですよね。

「殺意」とか、「劣等感」とかと違って、それほど、苦しみを憶える感情ではないというか…

「妬み」の感情って、自分の中にあっても、軽視してしまう対象…だからこそ、無意識に失言、悪態、舌打ちとなって、表に出てしまう

「妬み」というのは、小さい悪魔です。だからこそ、油断して、その増幅に気付かない…

「妬み」を消す方法

上記に挙げたように、「妬み」は軽視されやすいですが、集積すると「自分の人生を台無し」にする影響力を持ちます。

では、どのように、「妬み」を消せば良いのでしょうか?簡単に言うと、「妬み」を消す方法は、下記の手順でイメージをするだけです。

「妬み」を消すイメージの手順

  1. 人を妬む気持ちを思い起こす
  2. 自分の人生の中で「一番楽しい想い出」を思い出す
  3. と①の「妬み」と②の「一番楽しい想い出」をあなたの中で重ね合わすイメージをする

上記だけです。

イメージが得意な人は簡単かもしれません。ぜひ、試してください。「妬み」というマイナスの情と「一番楽しい想い出」のプラスの情が、重なって、ゼロになります。

もし、出来ない方は、対面セッションで先着10名の方に行いますので、私の方で消します。

最近、「妬み」の可視化ができるようになったので、ぜひ、一声おかけください。(いずれは有料化にします。)

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱