神社のお守りの効果を倍倍にする方法【お守りは神様への愛の証明書】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「神社のお守りの効果を倍倍にする方法」について書いていきます。

みなさんは、神社のお守りはお持ちですか?私は3つくらい持ってます。

それでは、神社のお守りについて、シンプルに書いていきます。

私のお守りに関する不思議な話

まず、最初に私のお守りに関する不思議な話を書いていきます。

私は冒頭で3つお守りを持っていると書きましたが、それら3つは、6年前に拾ったものです。全部、別々の日に拾いました。

皆さんはお守りを拾ったことはありますか?拾うも何も、そもそも落ちてないですよね。

私はこの3つのお守り以外、拾ったことがありません。

お守りが落ちているというレアな状況に2週間のうち、3回も出くわしました。6年前の4月くらいです。それ以降、お守りは落ちていません。落ちていても拾うか疑問です。

6年前に3回連続でお守りを拾ったときは、なぜか拾わなければいけない直感が働いたのです。

上記が当時、2週間のうちに拾ったお守りです。拾ってから4年くらい自宅の金庫に保管し、そのまま放置してました。

そして、その4年後の引越しのときに、これらが出てきたのです。

この頃の私は、霊視ができましたので、お守りを霊視しました。そしたら、「このお守りを持って、それぞれの神社に行け。」と命じられたのです。

私は、本当にその通りに、拾ったお守りを持って、それぞれの神社に行きました。

そうしたところ、それぞれの神社で「来るのが遅い。」と言われつつも、この世の苦悩の解消という使命を私が持つことを告げられ、それぞれの神社の神様が私へのサポートを約束してくれたのです。

私の事例のようにお守りには、神社への招待状といいますか、認証IDのような機能もあり、お守りを持ってその神社に行くと、証明書の代わりになったりします。

お守りは本当に奥深い、そして、本当に不思議です。

そもそもお守りとは何か?

さて、話を本題「神社のお守りの効果を倍倍にする方法」に戻しましょう。

そもそもお守りとは、何でしょうか?Wikipediaでは、下記のとおりです。

お守り(おまもり、御守り、御守)とは、厄除け(魔除け)、招福(開運、幸運)、加護などの人の願いを象った物品(縁起物)である。護符、御符とも呼ばれる。外来語で言うとアミュレット、タリスマン、チャームなど。

Wikipedia – お守り

上記を見て分かるのですが、世界中で日本のお守りに近いものがありますね。お守りには世界で共通して、厄除け、開運、加護などの願いが込められているようです。

さて、もっとお守りについて考えていきましょう。

神様へのチャネリングによるとお守りは「(購入者における)神様への愛の証明書」とのことです。私の事例からもお守りが証明書になっていることが、お分かりいただけますよね。

お守りは、神様への愛の証明書である

お守りが「神様への愛の証明書」である理由をもっと具体的にご説明します。

  • そもそもお守りの購入者は、ご利益があると思うから購入する(神様の存在を信じているから購入する)
  • 購入者が支払ったお守りの代金は、神社の運営に使用される(結果的に神様のために使用される。)
  • お守りの購入者は、数あるお守りから、そのお守りを選んで購入している(偶然であろうがなかろうが、一つのご縁と言える)

上記を総合して考えると、お守りが「神様への愛の証明書」である理由も頷けると思います。

お守りの真実

お守りが「神様への愛の証明書」であるならば、さらに下記のことが言えます。

  1. お守りを持つことで、率先して神様が守ってくれるわけではありません。証明書は証明書なのです。
  2. お守り、つまり「神様への愛の証明書」を見ることで、人間は、意識的に神様と繋がることができる(これがご利益にあたります。)
  3. お守りは「神様への愛の証明書」であるため、「愛」のない粗雑な保管方法を採ってはいけない
  4. 神様と会話し、常に神様への愛を証明できる人間は、お守りを買う必要はない(ほぼ、このような人はいません。キリストや仏陀はお守りが必要でないとも言えます。)

上記の5つの真実を順にご説明していきます。

①お守りを持つことで、率先して神様が守ってくれるわけではない

お守りを持つだけで、神様からサポートを優遇されるならば、そんな良いことはないです。

受験の合格祈願のお守りを買っても、努力しなければ不合格です。お守りは、当たり前ですが、お金を払うだけでいい裏口入学とは違います。※裏口入学は贈賄で違法です。

恋愛成就のお守りを買っても、自分磨きを怠れば、恋人はできません。

②お守りを見ることで、意識的に神様と繋がる

お守りは、”持つ”ことではなく”見る”ことが重要です。”見る”ことで、神社に行ったときの光景が思い出され、神様の放つ無限のエネルギーに触れることができます。

つまり、ずっとお守りを仕舞うよりは、肌身離さず見えるところに持っていることが重要なのです。

お札の場合も神棚などに見えるように置くことがポイントです。

③お守りは粗雑に扱ってはいけない

常識なのですが、お守りは粗雑に扱ってはいけません。

お守りは「神様への愛の証明書」です。「愛の証明書」が愛なく粗雑に扱われれば、その効果は無くなるどころか、マイナスとなります。

そのため、ホコリを被った状態にしたり、汚れたままにすることは厳禁といえます。

④神様と会話し、常に神様への愛を証明できる人間は、お守りを買う必要はない

お守りは、「神様への愛の証明書」であり、また、神様と繋がる通信手段です。

そのため、神様への愛があり、神様と会話できる特殊能力がある方は必要ありません。あまりいないと思うので、これは参考までです。

まとめ

お守りは、安易にご利益を期待するものではなく、超絶なエネルギーと繋がる証明書として、肌身離さず持つものと言えます。

お守りはご利益を得るというメリットがある一方、ご利益を得るに相応(ふさわ)しい”お守りを持つ責任”も発生しますので、取り扱いには十分注意してください。

さて、最後になりますが、今一度、ご自身の持っているお守りを手にとって、そのお守りを「神様への愛の証明書」として再認識してみてください。

きっと、そのお守りの効力が2倍にも3倍にも上がりますよ。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション