幽霊になると透明人間のように好き放題できる!?【霊能者の見解】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「幽霊になると透明人間のように好き放題できる!?」をテーマに、自分が幽霊になったと仮定して、どんなことが出来るのかを書いていきます。

すごく下らないテーマで恐縮ですが、たまには、軽〜く読める記事も必要かと思い、書いていきます。

幽霊になると透明人間のようになれる!?

まず、幽霊とは何でしょうか?

幽霊(ゆうれい)とは、
・死んだ者が成仏できず姿を現したもの
・死者の霊が現れたもの

Wikipedia – 幽霊

いろいろな定義がありますが、この記事では幽霊を「成仏していない霊」とします。

ミエナ
私の波動の考えでいくと、幽霊は、波動がゼロ以下とも言えます。

※波動については、記事『波動って何!?自分の波動を知る方法【診断ツール】』で詳しく説明しています。

さて、縁起でもないですが、あなたが死んだとして、仮にも幽霊になったときに、何が出来るようになるのでしょうか?

当たり前ですが、壁がすり抜けられます。空を飛べます。なんか、すごそうですね。

男性でしたら、透明人間になって女湯に入りたいとか、中学生くらいまでは、考えるかも知れません。

女性でしたら、ジャニーズの誰かの私生活を覗きたいとか、あるかも知れません。

しかしながら、死ぬと性欲がなくなります。なので、女湯もジャニーズも全く興味がなくなるのです。

死んでも女湯に興味があったら、女湯は幽霊だらけになりますし、ジャニーズの楽屋はお化け屋敷と化します。

ミエナ
性欲は、肉体が失われるために無くなります。同様に食欲や睡眠欲も無くなります。

幽霊になると自分の念に縛られる

幽霊になると情念に縛られます。生きていたころの場所、思い出に縛られるのです。自分の心地よい思い出に浸り、また嫌な思い出に苦しむのです。

そこに新しい発見はありません。

幽霊は、空を飛べ、壁をすり抜け、なんか凄そうですが、その世界は虚無なのです。

苦しみを分かち合う友もいない。自分を支えるメンター(助言者)もいない。ただただ情念となった思い出があるのです。

それは、それは、苦しい世界。

ミエナ
霊の生前の記憶と、人間の記憶は大きく異なります。

人間の場合、脳が記憶装置になってますので、脳で思い出して、それによって感情が揺れ動いたりします。

霊の場合、脳がないので、感情(情念)だけが先にあって、それに伴う記憶は連想によって再現されます。(たぶん)

また、霊の記憶は生まれ変わるときに、忘却の水よって消されます。

※忘却の水については、記事『前世は、どれくらい今世に影響を与えるのか?』で詳しく説明しています。

結局、生きてることが素晴らしすぎる

幽霊は、不自由です。虚無です。

生きていれば、身体に血液が流れ、鼓動が聞こえ、抜け毛が気になる。

電車で隣の席の人の息が臭い。

でも、生きている方がいい。

生きていると、会いたくない人に会うけど、会いたい人に会える。幽霊はこれができません。会いたい人には会えない。波動が違うから。

波動が見える私は、幽霊にはなりたくありません。成仏して、肉体が滅んでも精神を高めたい。

生きることは奇跡。

ここで、誰かと一緒にいることが奇跡。

血液が流れ、口と目と鼻と手と、、、、(続く)。全部、揃ってるのが奇跡。

死んでから気付いたら、人生を損しそうなくらい。これが奇跡なんだって

ミエナ
【おまけ】

幽霊の住む世界は幽界と呼ばれます。

人間の住む現実界(3次元空間)と異なり、幽界には波動による階層があり、波動が近しい者同士しか接触することが出来ません。

そのため、仮に家族や恋人と一緒に亡くなったとしても、波動の違いにより離れ離れ(はなればなれ)になることが考えられます。
Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション