おみくじは当たるのか!?本当の楽しみ方

おみくじは、神社で気軽に買えるもの。

本当にどこの神社でも売ってますよね。祀っている神様が異なっていても、同じ種類のおみくじが売られていることは多々あります。

年に一回決まった神社でお祈りして、毎年恒例でおみくじを買う人も多いと思います。今年は「大吉」だったと喜び、新年に交わす会話のネタにもなりますね。

よく売られているおみくじ

さて、おみくじは当たるのか

正解を言うなら基本は当たりません。おみくじを二回引いたら、分かります。一方は「小吉」でもう一方は「中吉」だったりして、同じ結果になりません。「待ち人来たる」であった一回目のおみくじが二回目だと「待ち人来ず」になったりするわけです。

おみくじの内容を100%信じ切って、その結果に一年を委ねる人はいませんので、基本的におみくじは、そういうものです。

場合によっては当たるときもある

おみくじが当たらないと言うと元も子もないのですが、霊的に云うと、場合によって、神様があなたにお告げをする手段として、ある特定のくじをあなたに引かせることがあります。そのときは、おみくじは的中します。

  • 人生で切羽詰まっているとき
  • 死ぬほど悩んでいるとき
  • 人生の転換点

日常的には当たりませんが、上記のパターンの場合、当たる場合があります。「当たる」おみくじが引けるときは、あなたが無意識に「当たる!」と確信するので、気づかずスルーすることはないでしょう。

おみくじの的中率を高める方法

さて、日常で何気なく引く、エンターテイメントとしてのおみくじがハズレ率が残念ながら高いです。「大吉」だろうが「末吉」だろうが関係ないのです。

ただ、どうしても、おみくじで自分の今後を占ってほしい場合に、おみくじの的中率を高める方法があります。

それは、神頼みです。私は良くやるのですが、おみくじをかき混ぜながら、「神様、私に助言をください。今、私に必要なお言葉をください」と祈りながら、引くのです。信心深さと真剣さが神様に通じた場合、必要なおみくじを手元に寄せてくれます。

おみくじの一番大事な部分

神頼みしたとき、「当たる!」と確信したときは、必ず下記の部分を読んでください。赤丸の部分です。

「大吉」か「小吉」かは、あまり重要ではありません。「待ち人来る」「来ない」も重要ではありません。赤丸のちょっと小難しいことが書いてある部分が重要なんです。この部分があなたにどういうメッセージを贈ろうとしているかを読み込んでください。もちろん、解説も有効です。

おみくじは持って帰ろう

おみくじの赤丸の部分には、あなたが今、必要なメッセージが書かれています。一回読んだだけでは、そのメッセージの意味をすべて把握できないかも知れません。奥多摩のお寺の和尚さんは、「トイレに貼って、毎日読みなさい」と教えてくれました。ですので、良い結果でも悪い結果でも、あなたの心を潤すメッセージが書かれていますので、大切に持ち帰り、眺めてがいかがでしょうか?

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション