本当に好きな相手ほど、「全力」で愛してはいけない

こんにちは、ミエナです。

今回は、「本当に好きな相手ほど、全力で愛してはいけない」というテーマで書いていきます。

本当に好きな相手ほど、「全力」で愛してはいけない

本当に相手のことを好きだとしたら、「全力で相手のことを愛そう」としちゃいますよね。全力で人を愛せる人は素晴らしいです。

でも、

本当に好きな相手ほど、「全力」で愛してはいけません。

それは、単純に、自分が疲れちゃうからです。

相手に愛を注いでも、「同じだけの愛」が戻って来ない…

全力で相手を愛しても、相手が自分に対して、「同じだけの愛」を返してくれることはありません。それは、幻想です。

人間は、他者からの愛を受け取れる量が決まっています。ですので、たとえ、あなたが「100の愛」を与えても、相手は「50の愛」しか受け取れなかったりするのです。

「こんなに愛してるのに…」と思っても相手は悪くない!?

「愛した分だけ、愛して欲しい」と誰だって思いますよね。

「もらった分だけ、相手に与える」ことは、愛情に限らず、二人の信頼関係を構築する上で、非常に重要だからです。

しかしながら、相手を全力で愛してしまうと、「愛した分だけ、相手から愛が返ってこない」のです。それは、相手が「まさか、自分が全力で愛されているとは思っていない」からです。

好きな相手に対し「あの人は鈍感…こんなに愛してるのに…」と思っても、この問題は解決しません…この問題の根本は、相手ではなく、「全力で愛しすぎている方」に問題があるのですから…多くは…

「全力」で愛して良いのは、自分の子供だけ

「好きで好きでしょうがなくて、全力で、相手を愛さざる得ない♪」、相手に対して、こんな気持ちになったら、その人とは、お付き合いをすべきではありません。

その人が、「運命の人」であることはないし、二人の関係は、きっと長続きしないでしょう。

この世で、全力で愛して良いのは、自分の子供だけです。

子供は、「全力」で愛を注げば、注ぐほどに、愛を返してくれます。これは、生命の神秘です。男女の愛にこのようなミラクルはありません。

愛は、「全力」ではなく「小出し」でいきましょう♪

Q.あなたは、「自分の小さい愛でも、満足してくれる恋人」と「いつも、大きな愛に飢えている恋人」と、どちらの恋人と、ずっと一緒にいたいですか?

私は、「自分の小さい愛でも、満足してくれる恋人」が良いですね。ちょっと、愛を送るだけでも、とても嬉しがってくれる相手…自分も嬉しいですよね。

実は、運命の人というのは、「自分の小さい愛でも、満足してくれる人」なんです。自分が全力で愛さなければいけない恋人は、実は、真実の愛ではない…と、私は思う…

運命の人は、あなたのちょっとした愛を「全力で受け取ろうとする人」です。「あなたの全力の愛を求める人」ではなく..

最後に

Q.高級車のフェラーリをみなさん、ご存じですよね!?

フェラーリは、最高時速で時速339キロまでスピードが出せるそうです。すごいですね。でも、日本で、時速339キロで走ることはない…でも、スピードの速いクルマは魅力♪

愛情もこれと同じです。

「全力で人を愛せる人」は素晴らしい!けれど、全力で愛す必要はないのです。

全力で、人を愛したら、自分が幸せになる前に、きっと、疲れてしまう…

それよりも、愛は「小出し」が重要です。毎日、毎日、ちょっとの愛を継続して、送り続ける…これこそ、本当の人間同士の強い絆に繋がるのです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱