男女の惚れ方の違い【霊視で視えた真実】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「男女の惚れ方の違い」について記事を書いていきます。

男女の惚れ方の違い【霊視で視えた真実】

ミエナは、現在41歳の独身で、恋愛を語るような人間ではないのですが、多くの男性と女性を霊視していると、男女の恋愛における「惚れ方」に、大きな違いがあることに気付いたのですよね。

この考え方は、きっと他の人が提唱していないと思いますので、この記事を通じて述べたいと思います。

男性は「許す女性」に惚れる

仲睦まじいご夫婦を霊視すると、必ず奥様が旦那様の欠点を許しているのですよね。

私は、人間の「弱点(ウィークポイント)」が視覚的に霊視できるのですが、旦那様の弱点を奥様が優しく包んであげているご夫婦は、とても仲が良いです。

人間は、必ず弱点があります。その弱点は、多くの人にとっては「カルマ」に連動していたり、「悪い思考の癖」として表れます。

男性は、この「弱点」があることで、自分に自信が持てないことが多いのです。多くの男性は、「外面が良い」と言われるように、自分の得意な部分だけを前面に強調し生きており、弱点を隠す傾向にあります。

しかしながら、夫婦となると、この弱点を隠せなくなるので、男性の弱点を許せない奥様は、夫婦間に亀裂を入れやすいのです。

この話を逆に捉えると、男性は「自分の欠点を許してくれる女性」に惚れやすいです。男性においては、自分の弱点こそ死活問題ですから、それを女性が受け入れ、カバー、もしくはサポートしてくれるだけで、とても頼もしいパートナーのように感じるのです。

男性は、自分の弱点を自分で許すことができません。だからこそ、女性が許してあげて、傷を癒すことで、強い信頼関係が生まれます。

パワハラで自殺する男性。逆に相手を訴訟する女性。

男性は、「他人からの評価を常に気にして生きる生き物」です。女性に認められることはもちろん、同性である男性にも認められたい気持ちが非常に強いです。

だからこそ、男性は批判に弱いし、立ち直るのも簡単ではありません。

例えば、リーダーシップが取れない男性は、「リーダーに向いていない」と言われると、すごく傷つきます。これを上司に、パワハラ気味に責められると、すごく苦しいわけです。

だからこそ、女性が「リーダーシップなんて取れなくてもいいよ。私も、ダメなところ、いっぱいあるし…」と言うと、男性は、この女性に惚れやすいのです。

このテクニックは、男性の欠点を見極めていないとダメなのと、本気で相手の弱点を「許す」気持ちがないと破綻します。でも、それが上手くできたならば、このお二人は、強い愛と信頼関係で結ばれるでしょう。

女性は、基本的に批判から立ち直りやすいです。だから、この「許す」という行為の力をあまり認識していないかも知れませんが絶大です。

女性は、男性に2つの評価基準を持つ

「甘いものは別腹」という言葉がありますが、女性において、恋愛にも「別腹」が存在します。

男性は、女性を見るときに、「総得点方式」なんですよ。「総得点方式」とは…(判りやすくするため、まずは男性について書きます。)

▼男性が女性を評価する場合

女性の魅力 − 女性の欠点 → 総合点

上記のように、「女性の魅力」から「女性の欠点」を引いた点数が、男性から見た女性の点数になります。

例えば…

かわいい・性格が良い(100点) − 浮気性(20点)= 計80点

上記のように、魅力と欠点の合算が、男性から見た女性の評価になります。

一方で女性は、どのように男性を見るかというと…

▼女性による【男性の評価①】

男性の魅力  = ○○点

▼女性による【男性の評価②】

男性の欠点  = 100点 − △△点

評価基準が2つに別れます。これを「別腹」と表現しました。この①と②の双方が合格基準に達しないと、女性は男性を受け入れません。

どんなに男性の魅力が高くても、欠点が一定以上あると、恋人候補として却下されるのです。

男性の顔がイメケンでも、不潔、借金、体臭などの欠点が多ければ、NGです。

ちなみに、男性側は、女性をこのようには見ません。男性は、女性の魅力が高ければ、欠点は目を瞑るのです。

しかしながら、女性においては、男性の欠点は別腹です。

なので、男性は、女性が挙げる欠点要素を克服しないと、恋愛の土俵に上がれないのです。自分の良い部分だけを伸ばしても、無駄なのが男性なのです。

女性は、相手の欠点が許せる人と恋しよう

女性は、相手の良い面だけを見たり、理想のライフスタイルを描くことに注視すると、付き合うべき男性を見誤ります。

相手の良い部分よりも、相手が認識している明らかな弱点を把握し、それを許せるかどうかを、自身に問いましょう。

「好き」という気持ちで突っ走ると、付き合っている間に、二人に大きな溝ができてしまいます。このような二人が、結婚すると、離婚のリスクがあるわけです。

だからこそ、相手の男性の性格をできるだけ多角的に把握し、二人の未来を決めるべきなのです。

男性は、特技を伸ばすよりも、「女性が挙げるNGポイント」を克服しよう

男性が、女性に惚れるときに、「別腹」という発想はありません。でも、女性は、恋愛において「別腹」が存在します。

ですので、「女性が挙げる男性のNGポイント」を網羅し、完全に克服した方が、恋愛対象の土俵に上がれます。

「女性が挙げる男性のNGポイント」というのは…

  • 清潔感
  • 借金なし
  • ギャンブルしない
  • 働いていない
  • マザコンである…などなど

男性の個々人の魅力とは関係なくとも、このNGポイントが圧倒的に恋愛の勝敗を分けます。

女性が、「こんな男性は嫌だ」という情報は、世の中にいっぱい溢れています。この情報を無視して、自分らしさ全開で、恋愛に挑むと大損するのです。

上記のことは、最近、私も気付いたので、色々、注意しようと思っているところです…(すでに色々と遅いのですが…)

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱