「いい女」ほど男運が悪い理由【恋愛運を上げる方法】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「いい女ほど男運が悪い理由」について書いていきます。

この記事での「いい女」の定義

「いい女」とはどのような女性でしょうか?

下記は、マイナビウーマンの男性アンケート例です。

・スタイルがいい
・仕事ができる
・自立している
・仕事もプライベートも充実している

マイナビウーマン『男目線で「いい女の条件」とは?』

※このアンケートでは87%の女性が「いい女」になりたいと思っているという結果が出ています。

この「いい女」の条件から大きくブレないよう、この記事では、「いい女」を下記のように定義します。

  • 美人である(男性から見ても、女性から見ても)
  • スタイルがいい
  • お金に不自由がない
  • 多くの男性からラブコールがある(だが、本命以外の人…)
  • 仕事ができる(前世と同じ仕事をしている※)
  • 多くの人が憧れる職場で働いている

上記でほとんど当てはまっていたら、この記事での「いい女」と定義します。

それでは、なぜ「いい女」は男運が悪いのでしょうか?

※「前世と同じ仕事をしている」となぜ仕事ができるのかは、記事「自分の前世を知って才能を開花!」をご覧ください。

「いい女」は苦労が足りない(ことが多い)

「いい女」は、人生がスムーズです。一生懸命にやっていれば、自然と上手くいってしまう。それは、すごい成長力ですし、尊敬に値します。

しかしながら、人生には超えなければならない「苦労のノルマ」があるのです。「苦労のノルマ」を達成しないと、来世に持ち越されます。

人生がスムーズに行き過ぎている「いい女」は、「苦労のノルマ」を達成せずに人生を終える可能性が少なからずあるのです。それは、普通の人が苦労するところで、苦労しないからです。

「いい女」はもちろん、人一倍に努力しています。しかし、「いい女」の努力は、普通の人の2倍くらい成長力があるのです。

努力は認めますが、努力の対価が人より多い。(本人は悪くない…)そのために苦労が減るのです。

「苦労のノルマ」を達成できないと守護霊が困る

人生で達成するべき「苦労のノルマ」が達しないと困るのは、本人はもちろんのこと、守護霊も困ります。守護霊は、守護する人間の魂を成長させることで自身が評価されます。

そのため、「いい女」は守護霊によって、通常は苦労しない部分で苦労させられるのです。その典型が、男運です。

全てが上手く行っている女性だからこそ、男運でバランスを取らされているのです。「いい女」であると多少自覚している人で、男運がない人は、この事実にまず気付きましょう。

「苦労のノルマ」を達成するために、男運を下げる守護霊

「いい女」が、「苦労のノルマ」を達成するために、守護霊は男運を下げます。なぜ、様々ある苦労の中で、異性の苦労を守護霊は増やそうとするのでしょうか?

それは、比較的簡単に苦労させられるからです。

つまりは、恋愛を妨害すれば済むからです。

恋愛を妨害するとは、下記です。

  • 運命の人との出会いを遠ざける(運命の人と結ばれると苦労が減るため)
  • 仲違いするようなアクシデントを誘発する(睡眠を深くしてデートに遅刻させる)
  • 自分を魅力的に見えないようにする(好きではない男性とのデート中に本命と出くわす)

※()内はイメージ例です。

つまり、恋愛を妨害するのは、他で苦労させるよりも楽なのです。

恋愛運を上げる方法

「いい女」が恋愛運を上げるには、自らが苦労する方向に進むことです。自分が一番苦労する道を自分で選べば、自分の意思で「苦労のノルマ」を達成できます。

そうすると、男運を下げてまで、苦労する必要がなくなり、正常に戻ります。

「自らが苦労する方向」の探し方ですが、自分のメリットが高すぎることは当てはまりません。

  • 人脈ができる
  • お金が儲かる
  • もっと自分がキレイになる
  • 自分の知名度が上がる
  • もっと尊敬されるであろう
  • 自分がもっと輝くであろう

つまり、自分の直接的なメリットを求めずに、「自らが苦労する方向」を探るのです。

  • 困っている人のため
  • 明るい人類の未来のため
  • 自分がやらなければ!と思う使命感
  • 自分の特技を活かした社会活動

などなどです。利己的なメリットを排除した分野に飛び込み、「自らが苦労する方向」に持っていけたなら、これまでにないほどの素敵な出会いがあなたに訪れます。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション