男性から本音を聞き出す方法【男心が判らなくなったら読む記事】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「男性から本音を聞き出す方法」について書いていきます。

私が、霊能者として、個人セッションを始めてから、およそ380人くらいの霊視鑑定をやってきました。その中でも、「男心が判らなくて、悩んでいます」というご相談は非常に多いです。

この記事では、霊視で見えた「男心」について、書いていきます。

男性から本音を聞き出す方法

女性が「男心が判らなくて…」と悩んでいるとき、男性が何を考えているかというと、大抵…「プライドをどう維持するか」について考えています。

男性が、本音を語らないとき、多くの場合、プライドが邪魔して、素直になれないのです。

周囲の人と「共感」を求める女性と異なり、男性は、自分の本心を隠したがります。それは、「頼りがいのある男性に見られたい」、「女性に弱みを握られたくない」、「もっと尊敬されたい」みたいな男性特有のプライドが深く関わっているのです。

このプライドの存在により、女性は、男性が何を考えているか、判らなくなるのです。

男心が判らなくなったら、相手を褒めながら、聞き出す

プライドにより本心を露(あら)わにできない男性…そんな男性から本音を聞き出すには、まず、相手を責めないことです。それは、相手を責めると、プライドが傷つき、余計に本音を言わなくなってしまうからです。

男性から本音を聞き出すには、下記のような発言にご注意ください。

▼男性から本音を聞き出せなくなる悪い訊き方の例

  • 何で、すぐに答えられないの?(即答を促す)
  • はっきり、言ってよ!(単刀直入の回答を求める)
  • あのときも、そうだったよね?(過去を遡る)
  • あなた、いつもそうよね!?(習慣を疑う)
  • なんか信用できない!(疑念)
  • ○○さんは、こう言ってたよ!(他人との比較)

上記のような、男性のプライドを傷付けるようなことを、先に喋ってしまうと、男性は、余計に心開かず、本音は当分の間、聞けないでしょう…

「プライド」という名の鎧(ヨロイ)を脱がす

男性は、「プライド」という鎧(ヨロイ)を着て、自分の弱い心を守っています。

ミエナ
男性の心は、女性より圧倒的に脆(もろ)いです。詳しくは、下記の記事をご参照ください。
参考記事:DVをスピリチュアル的に考える

つまり、

男性が心を開き、本音を語らないのは、本音を言うことで、自分の弱い心をさらけ出すのが怖いからなのです。

ですので、男性に本音を語らせるには、まずは、女性が男性のプライドを担保してあげて、それから、本題に迫ってください。

「感謝」と「尊重」でプライドをくすぐる

「男性のプライドを担保する」というのは、先に、「あなたのプライドを満たします」という前段を作る(無意識の約束をする)という意味です。

例えば、「感謝を伝える」、「信頼していることを伝える」、「習慣を褒める」、「相手のタイミングを尊重する」といったことをすると、その後の展開で本音を聞き出しやすいです。

▼恋人同士の場合
(何でも良いので…)褒めて、褒めて、褒めて、褒めて、褒めて・・・→「で、私のこと、どう想う?」など、本音を聞き出すと、何かしら、答えをくれます。

▼ご夫婦の場合
(何でも良いので…)感謝、感謝、感謝・・・→「で、あの件、どうなった?」など、本音を聞き出すと、物事は前に進みます。

みなさん、ぜひ、試してみてくださいね。

プライドは男の命

上記の記事内容を見ると、「男性って単純っ」と女性は思うかも知れません。

でも、

プライドの問題は、性格の問題よりも、男としての性質の問題で、「男性は、自らのプライドを守ること」性質から逃げることはできません。

女性にとって、「髪は女の命」と言いますが、「プライドは男の命」なのです。女性からすれば、めんどくさい性格に思えますが、お付き合いいただけると幸いでございます。

男性に褒める部分はない場合

男性に「褒める部分がない」、「感謝する部分がない」場合は、無理に探してみてください。何かしら見つかるはずです。

▼恋人同士の場合の褒める例

  • センスいいね
  • 優しい目をしてるよね
  • 人気者だね
  • お酒強いね
  • ○○ちゃんに「彼氏かっこいいね」と言われたよ…

▼ご夫婦の場合の褒める例

  • 子どもから、好かれてるね
  • 仕事で疲れてるよね
  • 食器洗いありがとう
  • あなたの趣味、プロレベルだね
  • 料理上手

上記のように、男性を褒め倒すと、男性は、きっと本音を口と思いますよ。

ミエナ
同じ女性を褒めるときのような「褒める箇所の具体性は、あった方が良い」のですが、なくとも大丈夫です。

男性は、褒められると波動が上がる

男性は、褒められると波動が上がります。これは、女性と異なる点です。

■女性・・・パートナー(候補も含む)からの「感謝」と「愛(スキという想い)」で波動が上がる
■男性・・・「感謝」と「尊重」で波動が上がる。「愛」は、女性が求めるような「愛」を男性に渡しても、波動に影響しません…

例えば、「ご主人の波動を上げたい」と思った場合、「感謝」と「尊重」で波動が上がりますので、「ありがとう」とか「(趣味などで、)プロレベルだね」とか言ってあげてください。もっと良いご主人になります。

※もともと波動の高いご主人には、この方法は使えません…

褒めても、感謝しても、本音を言ってくれないとき

褒めても、感謝しても、本音を言ってくれない男性がいらっしゃいましたら、それは、「自分でも、自分の気持ちが判らない」状態です。

男性は、女性と異なり、脳梁の太さが異なり、スピリチュアル的な直感が男性の方が働きにくいのです。ですので、女性と異なり、男性は、守護霊のメッセージに気付きにくく、感じていることを、顕在意識で受け入れにくいのです。

どういうことかと言いますと、「男性の守護霊様」と「男性本人」の間で、物事の判断の方向性が異なると、男性は、「自分でも、自分の気持ちが判らない」混乱状態となるのです。例えば…

守護霊様と男性本人の意見が食い違うケース架空のよしおさんの場合)

●よしおさんの守護霊様:「よしお、この女性と結婚してはいけません。」
※結婚に反対する守護霊様

●よしおさん本人:「この女性と結婚したら、幸せになれるかもなぁ!?」
※結婚に肯定的なよしおさん

上記のように、「男性の守護霊様」と「男性本人」の間で、意見が食い違う場合、男性は、「混乱」します。女性でしたら、守護霊様のメッセージは、感覚的に受け入れやすい(心にスッと入る)のですが、男性の場合、守護霊様のメッセージを感じていても、「???」なのです。

ミエナ
無意識と顕在意識の間で、自分の考えが異なってしまう…(女性よりも男性の方が起こりやすい)

こういうケースでは、男性は、黙ってしまいます。結婚、転職、引越などの人生の大きな決断において、褒めても、感謝しても、男性が決断を躊躇するときは、とにかく、期限を決めて、時間をあげてください。

即答を促すと、相手の大きな怨みをかうことになるかもです…

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱