実はモテない!?「空気の読める女性」の落とし穴

こんにちは、ミエナです。

今回は、「空気の読める女性」について書いていきます。

空気の読める女性ってかっこいいですよね。テキパキしていて、行動力もあり何でも上手くこなしてしまう。

スマートな女性の代名詞と言えるかもしれません。

でも、「空気の読める女性」って、落とし穴があります。今回は、「空気の読める女性」を深掘りしていきます。

空気の読める女性とは

「空気の読める女性」を定義していきます。

  • 気が利く
  • コミュニケーション能力が高い
  • 人気者
  • 行動力がある
  • 言うべき時に言う
  • 何をやっても人並み以上(に見える)
  • 効率が良い

上記は、私の中の「空気の読める女性」のイメージです。周りの人の状況に合わせて行動できて、目立ちすぎず、控えめながらも好成績な女性。

さらに、人の気持ちを考え、先回りで行動し、人に優しくサポートできる。

これだけ出来ると、男性にモテそうですよね。しかし…

空気の読める女性のスピリチュアル的な良い点

「空気の読める女性」のスピリチュアル的に良いところは、いっぱいあります。ここでは代表的な3つを挙げます。

▼「空気の読める女性」のスピリチュアル的に良いところ

  1. 運気を逃さない(奇跡を起こせる)
  2. 実力以上に実力を発揮できる
  3. 自分をあたかも完璧な女性のように演出できる

この3つをそれぞれを解説していきます。

①運気を逃さない

「空気の読める女性」はオールマイティで、広範囲において強みがあります。その中で一番の強みと言えるのは、運気が読めることです。

運気も空気も同じ「気」です。そのため、「空気の読める女性」は、運気も読めるのです。

つまり、自分に運がまわったときに、行動できる。よって、「空気の読める女性」はいつも良い結果のみを得ることも可能なのです。

お金稼ぎが上手い人もおりますね。

②実力以上に実力を発揮できる

「空気の読める女性」は、運気を逃さないタイプです。そのため、自分より実力のある人がいても、虎視眈々とチャンスを狙うことで、自分の実力以上の成果を上げることができます。

③自分をあたかも完璧な女性のように演出できる

空気が読める人は自己演出も上手いです。出るときに出て、出ないときに出ない。つまり、得意分野で自己アピールし、苦手分野で引っ込む。だから、端から見れば、すごく魅力的に見えます。

空気の読める女性の落とし穴

異性にモテそうな「空気の読める女性」ですが、私はモテないと思います。その理由を挙げますね。

  • 男性は女性を幸せにしたい生き物です。ですが、「空気の読める女性」は、すでに幸せそうで、男性が頑張っても、これ以上、幸せにできなそうな気がしてしまう
  • 一人で生きていけそうに見える
  • 完璧な女性に見えるから、男性は「自分では、不釣り合いではないか?」と思ってしまう
  • 「空気の読める女性」は勝ち組。そのため、人間としての器が小さくなりがち。よって、近づく男性も器の小さい人が多くなりやすい。
  • 皆から、ちやほやされるゆえ、男性は「この女性は、一人の男性に愛されることに、きっと意味を感じないであろう」と考え、敬遠する

よって、「空気の読める女性」はすごく魅力的なのですが、男性が幸せにしたい女性とは異なります。(偏見でしたら、すみません…)

「空気の読める女性」がモテるには○○をやる

最後に、空気の読める女性がモテるようになる方法をご紹介します。(余計なお世話でしたら、ごめんなさい。)

ダメな自分を積極的にさらす

何でも、それなりできちゃう「空気の読める女性」。でも、男性にとっては、自分より何でも出来ちゃう女性は、一歩引いてしまう存在です。

なので、得意なことをやって、「私すごいでしょ。魅力的でしょ。」とアピールするのではなく、反対に、自分がこの世で一番苦手なことに取り組んで、「下手だけど頑張ってる。」という魅力をアピールした方が、スピリチュアル的に正解と言えます。

例えば、ホームパーティで得意料理を披露するのが好きな女性の場合、好きな男性をホームパーティに誘うのではなく、あえて苦手な方向で、男性とご一緒する方が恋の勝率が上がる可能性が高いのです。

仮にキャンプが苦手な女性の場合、率先して苦手なテントを張り、火起こしなどをやると、魅力が増します。

男性は、スマートに女性に尽くされても嬉しくありません。苦手ながらも、一生懸命に尽くしてくれる女性の姿に、愛すべき愛おしさを感じるのです。

男性は、自分の理想に近づいてくれる女性が好き

何でもできる女性は、「変化する必要のない女性」とも言えます。なぜなら、何でもできる訳ですから、今のままで良くて、変わる必要がありません。

しかし、男性はそこに魅力を感じないと思います。男性は、魅力的な女性が好きなのではなく、自分好みに変化してくれる人が好きなのではないでしょうか。自分の理想に近づいてくれる女性が好きなのです。

そうであるならば、苦手なことに取り組む女性の方が、自分という人間によりフィットしてくれそうな気がするわけです。自分の得意分野に邁進するよりも。

「変化する必要のない女性」

そう見える女性に対して、男性は、「自分好みに変わってほしい」とは言えません。そのため、完璧な女性を演じるよりも、苦手なものに励む姿の方が魅力的に映るでしょう。

苦手なことに取り組むことで、人間の器が大きくなる

苦手なことに取り組むことで、人間は、器が大きくなります。

上手くいかない現実から、自分の弱さを知り、そして、他者にサポートされる喜びを感じ、見えなかった世界が見えるようになります。

自分自身の人間の器が大きくなると、出会う異性の器も大きくなります。これまでは、自分の自尊心を満たしてくれるだけの男性にばかり、囲まれていた女性も、本気で自分のことを考え、守ろうとする男性に巡り会います。

そういった意味からも、「空気の読める女性」は、より苦手なことに取り組む方が良縁が多いと言えます。

以上です。最後までお読み頂き、ありがとうございます。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション