迷ったときのスピリチュアル的な正しい選択方法

こんにちは、ミエナです。

今回は、「迷ったときのスピリチュアル的な正しい選択方法」について書いていきます。この記事は、2020年6月に書いた記事のリライト版です。

目次

迷ったときのスピリチュアル的な正しい選択方法

Q.みなさんは、人生の分かれ道で、選択に迷ったらどうしますか?

人生には色々な節目があります。

  • 結婚
  • 進学
  • 引越
  • 就職
  • 起業…などなど

これら、今後の人生に大きく関わる「失敗できない選択」において、スピリチュアルな観点でお話させていただきます。

あなたの考える「正しい選択」とは、そもそも何?

人生の節目の選択は、どうしても「正しい方向に行きたい」と思ってしまうものです。だからこそ、焦ったり、情報に溺れてしまう…

でも、そもそも…

「正しい選択」の「正しい」とは何ですか?

「正しい選択がしたい」と考えているのに、「正しいことが何か」を判ってる人は、もしかすると多くはないのかも知れません。

例えば…

  • 「正しい転職先」って何ですか?
  • 「正しい塾」って何ですか?
  • 「正しい結婚相手」って何ですか?

この「正しい」というのは、人それぞれなのです。結婚で迷っていれば、「金持ちと結婚することが正しいと思う人」、「優しいイケメンと結婚することが正しいと思う人」・・・など、いろんな「正しい」があります。

なので、「正しい選択」は、人の価値観により違うのです。逆にいえば、「正しくないもの」は存在しないのです。世界に70億人いるので、どんな選択肢でも、一人くらいは、それが「正しい」と思うものなのです。

焦らなければ、絶対に失敗しない

あらゆる人を霊視してますと、人生の選択ミスの要因は、ほぼ1つです。それは、焦りです。

つまり、焦らなければ、人生の選択ミスは、ほぼほぼ起きないと言えます。

では、なぜ焦りが人生の選択ミスを誘発するのかと言いますと、「人生を決める大きな決断」で迷った場合、ほぼ多くの方は、天界のサポート(守護霊様の導き)を受けます。そして…

人間は焦ると、守護霊様の導きを第六感で感じにくくなるからです。

例えば、大学生が就職するにあたって、A社かB社かで迷っていた場合、「なんとなく、A社が良い気がする…」みたいな感覚が、実はみなさん、起きています。

この感覚は、第六感と言われますが、多くは守護霊様が、あなたを正しい方向に導き出そうし、念を送っているのです。

この守護霊様の導きを第六感で感じるには、「焦り」が禁物となるわけです。

ミエナ
「人生を決める大きな決断」で誤った方向に自分が進むことを恐れるのは、何も自分だけではありません。守護霊様も困るのです。

運命に逆らっても得しない

人は焦ると、守護霊様の導きをキャッチできなくなり、本来進むべき方向と違う道に進んでしまいます。

Aさん
Aさん
運命に逆らうことも、1つの人生経験♪

上記のAさんのように、人生の選択ミスをポジティブに捉える考えもあると思いますが、実は、これは誤りです。人生の選択ミスは、「ない」に超したことがないのです。

人間の歩む道、つまり、人生は、人それぞれのゴールが決まっています。

みんな、それぞれ自分だけのゴールを持ち、そこに向かって人生を歩んでいます。

ミエナ
誰もが、自分のゴール(使命)を認識しているわけではないのですが、人間は無意識的にゴールに向かい歩むように、生まれた当初から、天界により設計されています。

同じゴールに向かうのであれば、舗装された楽な道路を進む方が楽です。わざわざ過酷なイバラの道を行く必要はありません。

イバラの道を歩み、傷だらけになり、苦しい目に遭おうとも、はっきり、それは、「苦しまなくて良い苦労」なのです。

いわば、選択ミスにより引き起こされた苦労であり、自分を高める(波動を上げる)ものではありません。

逆に、楽な道を進み、余裕が出てた分だけ、多くの人に親切にしてあげた方が、より徳が貯まり、波動が上がるのです。

過去データは、「選ぶべき未来」のヒント

ここまでは、迷ったときに「失敗しない方法」について書いてきました。

しかしながら、数多くある選択肢から、さらに最適解を選ぶには、「焦らないこと」だけではちょっと不十分かもしれません。

あなたが、もし、「選ぶべき未来」を掴みたいのなら、まずは、過去データを調査してください。

選択とは「未来を予想して決めること」です。

であるならば、過去データは、「選ぶべき未来のヒント」とも言えます。もちろん、過去データだけが、自分の運命へ導くものではありませんが、しかしながら、調査することで、「最適な未来を掴む自分自身」が出来上がるのです。

▼過去データの調査例(大学の進学先を選ぶ場合)

大学の進学先を選ぶなら、大学情報。偏差値、生徒の素行のチェックです。転職先なら、企業情報、社員の口コミなどの情報です。そのあたりをチェック済みなら、さらに、訪問したり、Twitterで社員を探したり、迷いが抜けるまで、調査しましょう。

スピリチュアル的な正解は1つ

「正しい」が、何通りもあろうと、スピリチュアル的な正解は1つです。

「スピリチュアル的な正解」とは、あなたの波動が上がる道の選択です。

  • 波動の上がる転職先
  • 波動の上がる結婚相手
  • 波動の上がる塾

私は、人間は波動を上げるために生まれてきたと思っているので、「波動を上げる」選択が、正解だと思ってます。

さて、ここで、3つの「波動が上がる道の選択方法」をご紹介します。

  1. 「愛」で探す方法 ※愛する人が身近にいる人限定
  2. 「本当の自分」と向き合う方法 ※大量の情報に埋もれている人向け
  3. 「死」から逆算する方法 ※優柔不断な人向け

それぞれ、オススメする方が微妙に異なります。

①「愛」で探す方法

1つ目は、「愛」で探す方法です。ご自身の身近に、愛する人がいる場合、かなり高い効果が発揮できます。

①A4くらいの白紙をご用意ください。

②左側に、今まで一番愛した人の名前を書いてください。

「お母さん」「お父さん」「娘」「学校の恩師」などです。愛された人とも言い換えられるかもしれません。

③紙の右側に、今迷っている事象の選択肢を書いてください。

「○○大学」「△△専門学校」などです。

④左の人名を丸で囲ってください。

⑤右に書いた選択肢の1つをどれでも良いので丸で囲ってください。

⑥左の人名の丸と、右の選択肢の丸を線で繋ぎます。

⑦上の線を引いたときに、何かしら感じます。

違和感を感じたら、それは誤った選択と言えます。つまり、波動が下がる選択肢です。

違和感というのは、何か気持ち悪い感覚です。

⑧全ての選択肢も同様に、丸で囲んで、左の人名と線で結んでください。線を繋いだ選択肢の中で、違和感がなければ、それがあなたにとって正しい選択です。

★全部の選択肢で、違和感がない場合、全て正解の選択肢です。どれを選んでも良いことになります。
★全てで違和感があった場合、全て不正解の選択肢です。進むべき答えは、紙に書かれていない別のところにあります。

上記の方法は、「愛」による選択方法です。非常に簡単作業ですが、これがなぜ上級編なのかというと、「自分が愛した人(もしくは、愛された人)」の名前を正しく書ける人がいないからです。

人間は、愛すべき人を愛せず、愛すべきでない人を愛してしまうからです。

それでも、この「愛する心」に、絶対の自信はある方は、ここでご紹介した方法は、異常なまでの効果を発揮します。どうぞ、お試しください。

②「本当の自分」と向き合う方法

自分の人生において、大きな選択を迫られるとき、思わず、周りの人の意見に流されたり、責任の重大さから時に恐怖感も湧き起こってしまいます。

そんなときは、こちらの方法で「本当の自分」と向き合い、人生の最適解を見つけてみてください。

▼下記の①〜⑤までの行程を順番に行ってください。

①部屋に一人きりになって、照明を暗くしてください。

②目を瞑って、深呼吸してください。

③人が誰もいなくなった地球をイメージしてください。

④その地球に、自分だけが、たった一人存在しているイメージをしてください。

⑤「運命の分かれ道である選択肢」をそれぞれ1つずつ想像してください。

地球上にいるたった一人の人間である自分が、選択に悩んでいるイメージです。

⑤で想像した選択肢の中で、一番、希望が湧いた選択肢が、あなたの選ぶべき選択肢です。

なぜ、このようなイメージで正しい選択ができるのか

人生における大きな選択においては、無意識に「孤独」「劣等感」「自己嫌悪」に引っ張られ、誤った選択をしてしまいがちです。

上記のイメージ方法であれば、無意識のマイナス感情に支配されずに、自分の素直な気持ちを引き出せます。

最後に:優柔不断な方へ

「自分は、普段から優柔不断である」と感じる方は、ぜひ、この記事を最後まで読んでみてください。

「じっくり考えるべきことを、じっくり考える」ことは良いと思うのですが、必要以上に、決断に時間がかかったり…、挙げ句の果てに、自分の意志ではなく、他人の意見で決めてしまったりと…優柔不断であることは、よくないことが多いですよね。

下記に私の思う優柔不断な人の特徴を挙げてみます。

▼優柔不断な人の特徴

  • 自分の意見を尊重しない
  • 自分の意見がない
  • 他者の意見に流されやすい
  • 決断においての基準を持たない
  • 自分の人生の方向性がはっきりしない
  • 人の後ろを付いていくのが好き
  • 自分で決めるより、決めてもらった方が楽だと考える

上記に複数、当てはまる方は、きっと優柔不断と言えるかも知れません。

優柔不断な人のスピリチュアル的な特徴

優柔不断な人を霊視すると、あまり自分のことが好きではない心が見えてきます。

心に罪悪感があったり、人に対して恐怖感があると、自分の意志が尊重できず、物事を決める自信がなくなってしまうのです。

さらに…

優柔不断な人は、スピリチュアル的には、波動が上がりにくいです。

自分を尊重していないので、自己愛が低いですし、他者も愛せません。

そして、何よりも、自分の理想を描くのが下手なので、理想の人生にたどり着きにくいのです。そのため、人生を謳歌するというより、のっぺりと時間だけが過ぎてしまいがち…

優柔不断を治す方法

優柔不断な人は、覚悟ができない人とも言えます。自分の下す決断に腹をくくれないから迷うのです。

ですので、

優柔不断な性格を直すには、「覚悟」の気持ちを持てば良いのです。

簡単ですね。「覚悟」の気持ちを持つには、「人生における最大の覚悟」について、意識を向けると気づきが多いです。

その人生における最大の覚悟とは、「死」です。

Aさん
えっ!優柔不断を直すために、死について考える?死の覚悟??

Aさんのようにちょっと驚く方もいるかも知れません。でも、

「死の覚悟」を持つと優柔不断は直ります。

人は、いつか死にます。しかしながら、「死」を意識して生きることは、普段、絶対にないですよね。でも、「死」を意識して、生きるとすごくエネルギーが湧き、決断も早くなります。

つまり、「私は、いつか死ぬ。ならば、この選択は、どちらにすべきか?」と考えるのです。

「自分はいつか死ぬ」ことを受け入れて、その上で生きると、自然と自分の意志を尊重し、決断に迷わなくなります。

選択に迷ったら「人生は、残り何年か?」を考える

色々な幽霊を見てきましたが、「死とは何か?」って考える幽霊はいません。

「死」に対して、意識を向けるのは、生きている人間だけであり、「死ぬことは、どういうこと?」みたいなことを考えるのは、今、生きている証拠なのです。

不思議なのですが、

人間は、「死」について考えると、生きていることを実感し、パワーが湧きます。

そのため、ずっと悩んでいたことも、自分の意志の力が湧き上がり、納得の決断ができるのです。

Q.自分の人生は、残り何年ですか?

選択に迷って、優柔不断になったら、このことを考えてみましょう。自動的に、自分の人生における最適解を見つけることができますよ。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱