魔除けの方法【ニンニクよりも塩】

こんにちは。ミエナです。

今回は、自宅で簡単にできる魔除けの方法をご紹介します。ご自宅で魔除けと言いましても、そもそも魔除けをする必要があるか、まず、チェックしていきましょう。

魔除けが必要な家はこんな家

魔除けの必要性のない家には、基本的に魔除けをする必要はないと思ってます。魔除けと言いましても、どんな霊にでも効果があるとか、万能なものは存在しないわけで、幸運を呼び寄せる類のものとも異なります。

私は、基本的に霊障がある家のみ、魔除けをオススメします。

下記では、霊障が疑われる家をリストにしました。

■不思議な物理現象がある

  • 自宅で誰もいないのに物音がする
  • 頻繁に怖い夢を見る
  • 勝手にドアが開いたり、物が落ちたりする
  • なぜか人があまり遊びに来ない

■心理的な状況

  • 深夜に自室が、不気味な雰囲気になる
  • 深夜にトイレや洗面所に行くのが怖い
  • 寝ているときに触られる気がする

自宅で、上に挙げたものに複数で当てはまっている方は、霊障を疑って良いかもしれません。

「深夜にトイレや洗面所に行くのが怖い。」という点も挙げましたが無意識に霊的な空気感を感じているケースがありますので、幽霊の存在を疑う1つの要素と加えさせていただきました。

1分でできる魔除け方法

盛り塩
盛り塩

それでは、霊能者がやっている魔除けの方法をご紹介します。

  1. 直径6㎝くらいの丸くて白い小皿を用意します。
  2. 海塩を用意します。
  3. 小皿に塩を3本指でつまんで乗せます。(私は塩の形を整えてません。どばっとそのまま皿に盛っています。)
  4. 気になる場所に置きます。
  5. 塩は一週間ごとに新しいものに変えます。

以上です。「盛り塩じゃん」と思った方、正確です。簡単なのですが、すごく効果的です。お金もあまりかかりません。

魔除けを行う場所が重要。基本は水回り

さて、盛り塩なのですが、非常に設置場所が重要です。基本的に、その家その家ごとに、設置すべき場所が違うのですが、私がオススメするのは、霊が出そうな場所や幽霊の通り道である霊道に置くことです。

つまりは、一番、幽霊が出やすい水回りに置きます。さらには、家の中で一番居心地の悪い場所にも置きましょう。

水回りに盛り塩を置く理由

水回りが、なぜ幽霊が出やすいかというと、水と一緒に「気」が家の外に流れてしまう場所だからで、波動が低くなりやすく、霊が出やすいのです。

反対に、人の出入りが多いリビングには幽霊は出にくいので、魔除けを行う必要が少ないです。

霊が出やすい場所をリストにしました。

■霊が出やすい水回りの場所

  • トイレ
  • お風呂
  • 洗面所

水回りのほかに、盛り塩を置くのにオススメなのが、湿気の多い鬼門の部屋ですね。寝室や書斎が鬼門にあたる場合は、置くのも良いかもしれません。

居心地の悪い部屋にも盛り塩を

理由が分からないが、なぜか自分が一番、居心地の悪い場所ってありませんか?そういう場所は、日当たりが悪かったり、風通しが悪かったりしますよね。

■居心地の悪い部屋

  • 落ち着かない場所
  • なぜかのんびりできない
  • そわそわする
  • 空気が淀んでいる気がする

このような場所にも、盛り塩を置いてください。きっと良い効果があります。

盛り塩の効果を検証してみよう

気になる場所に、盛り塩を置いたら、2〜3日様子を見ましょう。

変化としては、深夜の嫌な雰囲気がなくなった。置いた場所が明るくなった気がするなどが挙げられます。

盛り塩を2〜3日置いて効果が出ない場合は、盛り塩の場所を50cmくらいズラしたり、床に置いていたものをトイレの出窓に置いたりしてみましょう。

少しのズレでも効果が大きく変わります。

ベストなポジションが掴めてきたら、1〜2週間単位で、居心地が良くなっているか振り返ってみましょう。生活がさらに前向きになったら、盛り塩は成功といえます。

まとめ

盛り塩だけでは、完全に魔除けができないケースもありますが、効果的な場所に盛り塩を置くことでかなりバリアのようなものは張れます。ですので、やらないよりは絶対にやった方が良いです。私も自宅でやってます。

私は、盛り塩をしてずいぶん立ちますが、効果をすごく感じます。週一回の塩の交換は恒例行事ですね。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション