スピリチュアルとは何か?

こんにちは、ミエナです。

今回は、「スピリチュアルとは何か?」について、初心者に向けて書いていきます。

スピリチュアルについて詳しい人も、別視点で考えるきっかけになるかも知れませんので、ぜひ読んでくださいね。

スピリチュアルの意味

スピリチュアルについて考える前に、私たちは一般に、この世をどう捉えているかについて書いていきます。

世界の人々の大半が、人間とは肉体そのものであり、精神とは肉体の中に存在する、ある種の機能の働きである、と思っている。

五井 昌久 著『神と人間―安心立命への道しるべ』

上記で五井先生が語るように、人間は進化の過程で偶然、生まれた生命体であるような考えの人が多いのです。

それに異を唱えるのが、スピリチュアルです。

スピリチュアルは「霊的であること」という意味です。

英語のスピリチュアル(英: spiritual)は、ラテン語の spiritusに由来するキリスト教用語で、霊的であること、霊魂に関するさま。

Wikipedia – スピリチュアル

私は、「スピリチュアル」を目に見えない世界を総称して、この言葉を使っています。

人間は、肉体だけの存在ではなく、「目に見える世界」と「目に見えない世界」からなる宇宙が創造する1つの生命という状態なのかも知れません。

五井 昌久先生(1916年 – 1980年)は宗教家ですが、私は信者ではありません。尊敬はしております。

目に見えない世界ってあるの?

目に見えない世界はあるのでしょうか?ここで簡単な例を挙げますね。

私たちは、いつも空を見ますよね。青い澄んだ空です。

空はいつ見ても、同じ空でしょうか?

雲一つない空を想像してください。雲一つない空の下、自分は、こう思ってます。

①わーい。部長に昇格したぞ!
②株で大損した・・・

同じ空を見ても、会社で昇進したときに見る空。株で大損したときの空。この2つの空は、全く違う空ですよね?

雲一つない空、見た目は全く同じ。でも、違う空。

目に見えないフィルタがある

同じ空が違う空に見えるのは、私たちの目の奥の心に「目に見えないフィルタ」があるからです。そのフィルタは、スピリチュアルなフィルタと言えます。

このフィルタを自分の人生の中で、コントロールしようと思ったら、スピリチュアルに興味を持つきっかけとなります。

目の前にある「目に見えない」何か

「目に見えないフィルタ」は、スピリチュアルの中の一部です。しかしながら、この「目に見えないフィルタ」こそが、自分の人生に多大な影響を与えるのです。

そのため、この「目に見えないフィルタ」を知ろうと、色々な人が勉強したり探ったりするのです。

そうやって、「目に見えない」ものを探っていくと、今、生きているこの世界は、2つの世界から成り立っていることに気づきます。

目に見える世界 + 目に見えない世界(スピリチュアル) = この世界

「目に見える」世界だけで生きることもできます。しかし、この世界は、上記のように、2つの世界からできています。一方だけに、集中するとバランスが取れないのです。

だから、両方とも均等に、意識して生きるのが良い。

霊だけはないスピリチュアル

スピリチュアルというと、どうしても、幽霊とか、守護霊とか、神様とか非科学的なことを思い浮かべてしまいますが、心、気持ち、感情、愛、希望というのも、スピリチュアルの重要な構成要素です。

だから、霊を信じないけど、「愛は見えないけど”ある”と思う。」というような考え方もありなのです。

どんな科学者も「愛」を元素記号で説明できないし、顕微鏡で見たことないし、でも、「愛」というものが「ある」ことは知っている。

スピリチュアルも、そういうものと同じで、非科学的だけど「ある」のです。

スピリチュアルを学ぶ3つの意味

スピリチュアルを知ると良いことは、いっぱいあります。先ほど、お伝えしたように、この世は、「見える世界」と「見えない世界」で出来ています。そのため、知識として、一方が欠ける方がすごく良くないのです。

上記を前提として、スピリチュアルを知ると良いことを3つに絞って書いていきます。

  1. 自分の愛し方を知るため
  2. 左脳で愛を感じやすくするため
  3. (物では味わえない)幸せの限界を突破するため

どんなときでも、落ち込まない精神をつくり、どんなときでも人に優しくなれる、スピリチュアルはそんな自分を生み出してくれます。

①自分の愛し方を知るため

スピリチュアルを学ぶ人の多くが、ツライ目にあったときに「自分をなぐさめる」意味で、本を買ったりするのではないでしょうか?

スピリチュアルの本には、きっと「人間は皆、神の子です」とか「日本人は、選ばれた民です」とか「生きてるだけで、儲けもん」とか書いてあります。

スピリチュアルを学ぶと自分の「生(せい)」が肯定され、自分への愛に目覚める。

それは、スピリチュアルに触れる意味だし、さらに深く学ぶ意味でもあります。

「自分が今、ここで、生きることがどんなに素晴らしいか」を皆よく分かって産まれてきたのに、いつしか汚れた社会により、そう思えなくなった。

そんな心をスピリチュアルは、正常な心持ちに治してくれます。

ミエナ
自分を愛することを学ぶことで、他人を正常に愛せるようになります。それにより、人生は大きく変わり新しいステージへと進むことになります。

②左脳で愛を感じやすくするため

愛は見えません。そのため、愛は感じるしかないのです。

愛を感じる身体の器官は心臓ではありません。脳です。

右脳で愛を感じるのは比較的容易です。直感的に理解するし、感じるのも速い。

しかしながら、左脳で愛を感じるのは、ちょっと難解です。それは、左脳が愛を感じるのには理由が必要だからです。

「彼氏がお食事を誕生日にご馳走してくれたから愛を感じた」

「合唱コンクールで、男子がイヤイヤだけど、一丸となってくれた」

「投資信託を始めたら、銀行の担当者が洗剤をくれた」

理由があれば、愛を愛と認識し、それにより幸せを感じます。しかし、逆に愛が理由付けされてないと、左脳では愛を認識できません。

とは言いつつも、理由のある愛なんて、そうそう無いですよね。

だから、スピリチュアルを学ぶのです。

スピリチュアルを学ぶと、なんでないことに愛を感じる理由を付けれるようになります。

「太陽が照っているのは、神様が、人間を愛している証拠だ」

「花がキレイなのは、きっと私に”キレイだね”と言ってもらいたいから」

「夜空の星は、ひとつひとつが地球にエネルギーを送ってくれている」

自分が愛を感じる理由は、実は、目の前に無限にあって、それに気づかさせてくれるのが、スピリチュアル。左脳で、幸せをいつも感じられるハッピー人間になれるわけです。

ミエナ
右脳と左脳の情報の連携は、女性の方が得意です。だから、スピリチュアル的な愛を左脳で察するのは女性の方が上手。反対に男性脳は、右脳と左脳の連携が下手なので、女性よりもスピリチュアルを学んで得るものが多い。反面、スピリチュアルを学ぶきっかけを得にくいのも男性の特徴。

参考記事:男と女、どっちが優秀? 脳科学の第一人者に聞いた男性脳と女性脳のウソ・ホント

③幸せの限界を突破するため

物に溢れた生活をしたり、美味しいものを毎日食べていても、人間は自分の幸せに限界を感じる生き物なんです。

とめどなく物欲に走れるタイプは良いのですが、波動が上がれば上がるほど、物(所有すること)に興味がなくなります。目に見える世界で幸せになるのが、難しくなってきます。

目に見える世界で幸せに限界を感じると、目に見えない精神世界に幸せを求めるようになります。そのときの地図やコンパスとなるのが、スピリチュアルです。

物質世界から精神世界に入ると、精神世界の方が広いことが分かります。そう、広さの分だけ、まだまだ味わったことのない幸せがあるのです。

物質世界の幸せだけでない、精神世界の幸せを味わう行為こそ、スピリチュアルを学ぶ意味です。

ミエナ
精神世界で幸せになるには、器(うつわ)を大きくする必要があります。器が小さいと水を入れても溢れてしまい享受できないのです。スピリチュアルを学ぶことは、この器を大きくする意味もあります。

スピリチュアルは学びたいときだけ学びましょう

スピリチュアルを無理に学ぶ必要はありません。

無理に学んでも、きっと頭に入らないでしょう。増してや、それの知識が心と共鳴するかも微妙です。

心が欲しているときだけ、そして、何かフィーリングを感じたときだけ、スピリチュアルな本やブログに触れるのが、私は良いと思ってます。

最後に

スピリチュアルは、目に見えないから胡散臭いのではなく、目に見えないから、その重要性に気づきにくいのです。

「目に見える」「目に見えない」は人間の都合。人間の都合でこの世界はできてません。人間にとって、分かりやすいものだけで、この世界は構成されていないのです。

自分の常識を超えた世界が、「目に見えない」世界にはあります。その常識を超えた世界の常識が、なぜか、人間の習慣、文化、社会、政治、宗教、経済、道徳、法律に影響を与えています。

これらの密接なつながりを理解することは、きっと、自分の心を刺激してくれるはずです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション