チャンスを生かす方法

こんにちは、ミエナです。

今回は、「チャンスを生かす方法」について書いていきます。

チャンスを生かす方法

みなさん、チャンスを生かしてますか?チャンスを生かしてる人は、きっと、大成功している人でしょう。羨ましい…

では、このチャンスは、いつ来るのでしょう。そして、どうやって生かすのでしょう。持論を展開していきます。

「チャンス」の意味

まずは、「チャンス」の意味について書いていきます。

チャンスとは、何かを行うのによい機会のこと。「 好機」とも言われる。

チャンス – Wikipedia

チャンスとは、「よい機会」という意味です。「チャンスを生かすこと」は、「よい機会を生かすこと」と言い換えることができるでしょう。

チャンスを生かすことよりも重要なこと

上記のように「チャンス = よい機会」なのですから、「よい機会」に恵まれれば、別に「生かす」ことをしなくても、物事は上手くいくと思うのですよ。

勝手に上手くいくから「チャンス(良い機会)」なのであって、チャンスを生かすのに、特段、何もしなくて良いというのが、私の持論です。

Aさん
Aさん
イヤイヤ、チャンスを生かすのって簡単じゃないし、出来てる人の方が、全体的に少ないですよ。チャンスを掴む人は一握りです。

Aさんのおっしゃることも、もっともなのですが、私の意見は、覆りません…下記で説明していきますね。

チャンスでないものを「チャンスだ」と思いすぎる危険…

「チャンスを生かすのに、特段、何もしなくて良い」と私が主張するのは、本当のチャンスが来るまで、「何もしないこと」がポイントなのです。

この「何もしないこと」というのは、努力をしないということではなく、チャンス以外の”チャンスっぽいもの”に、むやみに飛びつかないことを指しています。

つまり、チャンスではない機会をチャンスだと思わなければ、本当のチャンスが来たときに、チャンスを生かせると思うのです。

多くの方は、チャンスでないものにエネルギーを割きすぎて、肝心のチャンスが来たときに、チャンスに全エネルギーをかけられない

のではないでしょうか。

端的に言うと、「あれもチャンス?これもチャンス?」と思う状態は、得てして、本当のチャンスが後から到来しても、手に入れられないと思うのです。

”チャンスもどき”に手を出さなければ、自然とチャンスを生かせる

チャンスが到来すれば、勝手に上手く行きます。しかしながら、チャンスが来る前に、”チャンスもどき”に踊らされなければの話です。

ビジネスでも同じですよね。資本金を既存事業の設備投資に使ってしまった場合、新規事業でのチャンスが到来して、資本投下できません。

また、結婚前の男性でしたら、ステキな結婚相手が現れても、その前に、多額のローンを組んで高級車を買っていたら、結婚のタイミングが遅れるかも知れません。

ですので、何が自分にとっての「良い機会(チャンス)」なのかを見極めることが非常に重要となります。

”チャンスもどき”を見分ける方法

本当のチャンスが到来したときに、起こることを理解すれば、チャンスではない”チャンスもどき”に騙されずにすみます。

▼本当のチャンスが来たときに起こること

  1. 本当のチャンスが来たときは、心からワクワクする
  2. 本当のチャンスを掴もうと決断すると波動が上がる
  3. 本当のチャンスを掴もうとする場合、視野が長期的になる(短期的な利益を考えない)
  4. 本当のチャンスが来たときは、あまり迷わない
  5. 本当のチャンスが来たときは、後悔しない

以上です。上記が起こらないときは、あえて、チャンスに見えても飛びつかないことが重要だと思います。

ちなみに、私の場合、②「本当のチャンスを掴もうと決断すると波動が上がる」が一番、判りやすいです。

チャンスっぽい機会に遭遇したら、私は「この決断は、波動が上がる決断なのか?」と自問自答しています。

ミエナ
自分の波動を基準に、物事を決定していくと、短絡的な”チャンスもどき”を掴むリスクは減らせます。(もちろん、勘に頼ってOKです。私も自分の波動は正確に測れないので勘です。)

短絡的な決断するときは、「この決断は、波動が下がりそう」とか思うので、”チャンスもどき”を回避できるのです。

チャンスっぽいものを目の前にしたときは、本当に短絡的に、また金銭的な理由で、安易に決断しがちになりやすいので、一旦、冷静に考える上でも、「波動」を基準に考察してみると良いと思います。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱