霊能者は無力?誰もコロナを予言できない事実

こんにちは、ミエナです。

今回は、「霊能者は無力か?」について書いていきます。

2020年になったとき、様々な霊能者やスピリチュアル・カウンセラーが「2020年はこうなる!」みたいなテーマで動画を作ったり、ブログを書いていましたね。

その中にコロナ禍を予言した人はいたのでしょうか?

これほど、世界中を揺るがすコロナ禍を霊能者は誰一人として予言できず、それでいて「私たちは未来が見える」と豪語する。なんか変ですね。

また、昨年の9月に山梨県道志村のキャンプ場で小学1年の小倉美咲さん(7)が行方不明になりました。この当時、SNSでは、「霊能者なら、見つけろ。」とか、「霊能者は、なぜ、こういうときに役に立たないのか?」などのメッセージもよく見かけました。

では、なぜ霊能者は、社会的な事件や事象を的確に霊視できないのでしょうか、詳しく書いていきます。

霊能者は、社会を動かせない

霊能者は、社会を動かせません。

つまり、社会的なことでなければ、予言できる可能性はあるのです。

社会的なこととは、有名事件。公(おおやけ)が知っていることです。逆に社会的でないこととは、個人的なことです。

なぜ、霊能者は、社会的なことを予言できないのかというと、当たった場合に、陰と陽のバランスが崩れるのです。そのため、当たらないように、天界が仕向けるのです。

※陰は、「見えない世界」。陽は、「見える世界」と言い換えられます。

仮に社会問題が霊視で解決されるとどうなるのでしょうか?

「霊能者は、社会的なことを予言できない」というのは、霊能者にとって都合の良いことを言っているように聞こえますが、そう思われる前に以下の例えを読んでください。

道志村キャンプ場少女行方不明事件を霊能者が予知した場合

  1. 霊能者が少女の居所を予知
  2. ボランティアの方が霊能者の指示で少女を保護
  3. 霊能者が新聞、テレビで取材の嵐
  4. 警察からの協力要請(ここでも難事件を霊視で的中)
  5. FBIから捜査の協力要請
  6. 超能力の研究室からの実験依頼
  7. 霊能力の実験により、「あの世」があることが科学的に証明され、ネイチャーに論文が掲載
  8. 霊能力が特許化
  9. 人類で初めてNASAが「あの世」旅行に出発

・・・書いていて、途中でバカっぽくなりましたが、霊能者が社会問題を予知したら、霊界、天界に人間が科学の力で土足で踏み込むことになるのです。

人間界は波動の低い世界ですから、波動の低い人間が、波動の高い世界に入り込んだら、大問題が起こります。

公の未来予知を可能にするには

「霊能力は証明できない」ことにより、この世は、バランスをとっているのです。調和しているのです。

だから、霊能者は、コロナを予知できなくて良い。南海トラフ巨大地震を予知できなくて良い。

予知しようと頑張る人がいるなら、それは、それで結構。でも、100%当たりません。当たったとしても、まぐれです。

なぜなら、100発100中で当てたら、この世が壊れます。あの世も壊れます。

壊れないように、天界は、必死に当てないようにするでしょう。

ただし、例外があります。

地球に住む私たち全員の波動が今よりもずっと高くなれば、霊能力の予知できる範囲は広がり、予知は可能になるでしょう。また、限られた波動の高い人間のみ公開される霊視内容であれば、当たるかもしれません。

しかしながら、公での発表で霊能者が予知を成功させるには、あと数百年以上は時間が必要ではないでしょうか?

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション