会社で働く素晴らしさ 5選【フリーランス転身後に気付いたこと】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「会社で働く素晴らしさ 5選」をテーマに記事を書いていきます。

会社で働く素晴らしさ 5選

私は、8年勤めたウェブコンサルの仕事を辞め、先月ちょうど1年経ちました。

この1年で、会社員の頃に感じることのなかった多くの苦労をの味わいました。学ぶことの多い1年だった反面、逆に、「会社員は、素晴らしい!」と、会社員であった時代の良さに初めて気付くことになりました。

この記事では、主にメンタル面で、「会社員の素晴らしさ」について書いていきたいと思います。

①会社では、身近に相談できる人がいる

フリーランスになって感じたのは「孤独」です。一人でビジネスをやるわけですから、同じ目標に向かって、一緒に走る人がいません。

この「孤独」を感じるのは、特に、「自分では解決できない困ったこと」に遭遇したときです。

会社員のときでしたら、上司や先輩に「このプロジェクトって、どう進めたら良いですかねぇ…?」と簡単に聞くことができました。

無理難題に遭遇したら、同僚に愚痴を言ったりするのもアリですよね…

とにかく、周りに気軽に相談できる人がいたのです。例えば、税金のことで、困ったら、経理の方に聞けばよかったりします。

しかしながら、フリーランスになると、簡単に相談できる人に、巡り会えません。

私がフリーランスになり、困ったときは、その分野の詳しい人にご飯を奢って情報を得たりしました。税金に関しては、会計ソフトの相談無制限プランに加入して、お金を払って相談に乗ってもらってます。

この「相談できる」ことの素晴らしさに、会社員時代に、全然、気付けませんでした。相談できるって、泣けるくらい嬉しいことなんです。

②会社では、苦手分野を避けやすい

会社員は、仕事の役割が決まってます。配属部署があったり、担当があったり…

会社は、適材適所を行い、誰もが、通常は、苦手分野よりも、得意分野に配属されやすいです。

でも、フリーランスの場合、「適材適所」なんてないのですよね。

得意だろうが、苦手だろうが、「やるべきこと」が目の前にあるだけです。

つまり、フリーランスは、タスクの中に、苦手分野が含まれると、それがボトルネックとなり、タスク全体に支障が出ます。

自分の苦手分野を外注すると、すべて経費となり、原価がかさみ、利益が減るので、それは、それで問題です。

会社員の頃は、苦手分野は、自分がやらない方向に上司に相談したりできます。フリーランスより、会社員の方が、良い意味で、「苦手な業務から逃げやすい」と感じました。

③会社では、時間管理に強制力が働く

フリーランスの魅力は、自分の時間を自分で決められることです。休みも自分で決められます…

でも、実は、それって、自分でしっかり時間管理しないと、業務に支障が出るということなのです。

会社員でしたら、「10時に出社」、「お昼休みは13時から14時まで」と、会社のルールに則ります。会社で決められているので、当時、私は、嫌でも従ってました。(時間にルーズだと、最悪、クビですからね…)

これが、フリーランスになると、自分に時間の決定権がありますので、逆を言ってしまうと、「時間に強制力が働かない」のです。

なので、フリーランスになって感じたのは、「誰かが決めた時間のルールに従う方がラク」ということです。

「自分で決めた時間」を「自分で守る」のは、意外と強い精神力が必要なのです。

④会社がゴールを定めてくれる

会社員は、ある意味で、会社がゴールを定めてくれます。「何をやるべきか」を会社が導いてくれます…

ゴールとは、会社のビジョンなどです。

しかしながら、フリーランスになると、自分で「ゴール」を設定する必要があります。

ゴールは、「仕事をする上での使命」とも言い換えられ、これがないと、フリーランスは、「やるべきこと」が見えてこないのです…

フリーランスになって、私は、初めてゴールの重要性に気付きました。このゴール設定が、意外と会社員時代では、身に付ける機会がないのです。

ゴールは、自分で立てるのは、ちょっと大変なのです。

⑤会社が事業戦略を考えてくれる

フリーランスになったら、自分のビジネスモデルを回せば良いです。

でも、「売り上げを150%アップを目指す」と場合、事業戦略が必要になってきます。

この事業戦略が、何をやったらいいかが意外と分からない…

事業戦略って、会社員時代では、無関係ですから…(会社上層部の人は別だと思いますが…)

なので、既存のビジネスモデルを回しながら、同時に、事業戦略を考え実行する…フリーランスの苦労はここにあります。

最後に

世間では、フリーランスの良い点ばかり注目されますが、「会社員の素晴らしさ」に、私はフリーランスになって、改めて気付きました。

ただ、このことに気付けたのは、私がフリーランスになったからであり、自分を成長させてくれる要因となりました。

フリーランスも、会社員も、どちらもそれぞれ良さがあります。あなたは、どちらの人生を選びますか?

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱