優秀なのに評価されない…スピリチュアル的な要因

こんにちは、ミエナです。

今回は、「優秀なのに評価されない人」について書いていきます。

優秀なのに評価されない人

「優秀なのに評価されない人」っておりますよね。例えば…

▼「優秀なのに評価されない」状況の例

  • 高い成果を上げているにも関わらず、なぜか昇進しない
  • 自分の成果と今の給料がつり合わない
  • サービス残業しても、当たり前のように受け取られる
  • 上司が出世の邪魔をする
  • 仕事ができるのに、周りの人から信用されない…などなど

このような状況が起きたときに、あなたならのこの原因をどのように考えますか?

一般的には、「優秀なのに評価されない」場合、以下のように考えるでしょう。

▼「優秀なのに評価されない」原因(一般論)

  • 会社の評価制度に問題がある
  • 昇給させるほど、会社の経営状態が良くない
  • 上司のリーダー資質や人格に問題がある
  • そもそも、当事者の自己評価が高すぎる
  • 当事者が従事している仕事において、そもそも会社に与える貢献度が小さい
  • 当事者が、能力以外の点で問題がある…などなど

上記のような原因は、もっともな点が多いのですが、スピリチュアル的に捉えると、どうなのでしょうか?

全くスピリチュアルとは、関係のないことのように思われがちですが、「使命」、「才能」、「波動」の観点で捉えていくと、違った視点を持つことができます。

優秀なのに評価されない…スピリチュアル的な要因

最初に、答えを言いますと…

「優秀なのに評価されない人」は、前世の才能で仕事をしています。

「前世の才能」とは、自分の前世のときから、既に持っていた才能のことです。

前世で、大工さんをやっていたならば、今世でも、大工仕事が得意だったりします。また、前世で法律家の人は、ロジカルシンキングが自然に出来たりします。

前世の才能とは、同時に始めた人よりも、能力を発揮するのが早く、そして、精度も高いのです。下記に、「前世の才能の特徴」を上げます。

▼前世の才能の特徴

  • 自然と夢中になれること
  • なぜか、初めてやったときから「できる!」という自信がある
  • 努力(勉強)することに、抵抗がないこと
  • やるべきことのイメージが次々と湧き出る
  • 「なんで、みんな、出来ないの?」と思ってしまうこと

上記のようなことが起こるスキル分野は、前世でも、自身が同じことをやっていることが多いのです。

Aさん
でも、それって、良いことですよね。なぜ、評価されないの?

Aさんのように思う方もいると思います。

基本的には、Aさんのおっしゃる通り「良いこと」なんです。でも、前世の才能で、活躍できるのは、私は20代〜30代半ばだと思っています。

これには、「前世の才能」のスピリチュアル的な弊害があるのです。

補足:自分の努力でスキルを身に付けたんだけど…それも、前世の才能!?

Bさん
Bさん
前世の才能??何、言ってんの?私は、最初から、仕事が出来たわけではなく、努力して勉強して出来るようになった。それでも、会社は、私を評価しない!

Bさんのように考える人も、きっとおられると思います。

実は…

「前世の才能」というのは、その分野において「努力する才能」でもあります。

他の分野より、飽きずに勉強できたり、難しい分野でも楽しんで取り組めるのです。これも、才能の1つです。

そのために、人よりも、能力が成長スピードが早く、新入社員時代では、「期待の新人」と呼ばれることも多いです。

ミエナ
そういえば、私も、FMラジオ制作していた頃、「この男は、FMラジオ業界を変える」なんて、言われてたっけ…どうでもいいけど

なぜ「前世の才能」は、徐々に評価されなくなるのか?

仕事で評価されないのは、色々な要素が考えられます。しかしながら、スピリチュアル的な観点でいいますと、「前世の才能」に自身が頼りすぎている可能性があるのです。

前世の才能は、実は…

前世の才能における能力を使う限り、波動が上昇しにくいのです。

それは、1つに「今世で目覚めるべき、才能に気付くのが遅れる」ためです。今世は、単なる「前世の続き」ではありません。全く新しい目標と使命を持って生まれます。

そのため、前世の才能に固執して、その能力を発揮する分野にこだわり続けることで、波動の上昇の機会を失うのです。

これにより、まず「仕事運」が下がります。

さらに…

前世の才能に固執する人は、守護霊も、その人が、会社から評価されないように画策し動きます。

これは、会社から評価されてしまうと、当人が「前世の才能」にさらに固執してしまうからです。新しい「今世の潜在的な才能」に目覚めてもらうために、あえて苦しい状況を守護霊が生み出します。

補足:新卒の方の職種選びは、「前世の才能」に紐付くことが多い

新卒の就活をする学生が、「得意なこと」、「自然と努力できること」、「夢中になれること」を理由に、自分の仕事を決めたり、将来のキャリアを考えたりします。

これは、正しいことです。

それは、社会に貢献する喜び、社会の仕組みを知る上で、「前世の才能」が、就職の動機やきっかけをつくるためです。

このとき、「前世の才能」は、能力が高く評価されるでしょう。しかしながら、その評価が永続するとは限りません。

その理由は、「前世の才能」を自らの活躍を前提に使用しているためで、「自分のため」であることが多いからです。この「自分のため」と想いが、30代を超えると、仕事運を下げる要因となっていきます…

「誰のために、何を?」の重要性

「優秀なのに評価されない」と悩む人は、自分のために、一生懸命になっているかも知れません。

自分のために、自分の能力を上げて、そして、今の時代を生き抜こうとする…もしくは、自分の家族のために一生懸命に働いているかも知れません。

とても素晴らしいことだと思いますし、多くの人のスタンダードな考えでもあります。

しかしながら…

「自分のため」、「家族(身内)のため」という考えに基づく限り、波動上昇が止まってしまいます。つまりは、どんなに能力が上がっても、評価が上がらない方向に運命は進んでしまうのです。

そのため、まず、自身のゴールを改めて設定してみてください。

▼人生のゴールの例

  • 人々の笑顔のため
  • 人々に生きる勇気を与えるため
  • 人々に生きる喜びを与えるため
  • 人々に、自分のことをもっと愛す機会を与えるため
  • 人々を苦痛から救うため
  • 人々に、「身近な愛」を感じてもらうため
  • 人々に、「他人を愛する幸せ」を知ってもらうため

ポイントは、自分や家族のことを除くことです。「豊かな生活がしたい」、「家族が健康で穏やかに暮らしたい」などなど…

これらは、「自己愛」に当たるので、このことを中心にゴールを設定すると、人生は、仕事の分野においては、苦労が多くなります。

この「人生のゴール = 使命」に気付いたとき、今、「誰のために、何をやるのか?」、そして、「何をやらないのか?」を考えてみてくだい。そうすると、「今世の才能の目覚め」に一歩近づきます。

「前世の才能」は、ゴール(使命)を果たすためのツールに過ぎない

「前世の才能」は、ツールです。

つまりは、「前世の才能」を発揮することは、それ自体がゴールではないのです。

ですので、「優秀なのに評価されない人」は、今までの自己評価を一旦、捨てて、「(この人生において、死に至るまで)自分は、誰のために、何をやるのか?」、そして、「自分の今の能力は、その役割において、どのように利用できるのか?」を考えてみてください。

さらに、上記のことを実際に行動に移すと、きっと不思議と社内で評価が増してくると思います。これが、波動上昇の効果であり、スピリチュアル的な出世術の要なのです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱