自分の適職に気づく方法【スピリチュアルな3つの定義と3ステップ】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「自分の適職に気づく方法」について書いていきます。

みなさん、適職に就いてますか?仕事での上司の評価がイマイチの方は、今の仕事が適職でないかもしれませんね。

適職に就くと、仕事での評価は上がり、ストレスも減ります。給与も上がりますので、良いことづくしです。

では、どうやったら適職を見つけられるか書いていきます。

そもそも適職とは何か?

そもそも適職とは何でしょうか?実は、適職とは何かが分かれば、もう適職が見つかったも同然です。

まずは、広辞苑で意味を調べてみましょう。

てき‐しょく【適職】
〘名〙 その人の能力や才能にふさわしい職業。

広辞苑無料検索

なるほど。広辞苑によると「能力」と「才能」がポイントのようですね。

この定義に沿って、「適職」について、さらに掘り下げています。

適職は3種類ある

適職はスピリチュアル的に3種あります。

  1. 前世で携わっていた仕事
  2. 自分の使命と直結した仕事
  3. ①、②の両方の場合

どれも良い悪いはないのですが、③「両方」が一番力を発揮します。

①前世で携わっていた仕事

正直な話、才能と前世は、ものすごい繋がりがあります。前世に就いていた職業に今世も就くと、高い確率でものすごい力を発揮します。

社会人10年目のデザイナーのキャリアは10年ですが、前世がデザイナーの新卒はキャリアが70年とかになります。

正直、並の人間とは雲泥の差なのです。

しかしながら、前世のときに就いていた職業は、今世で就く人は稀です。

なぜなら、誰も前回と同じ人生を繰り返したくないからです。前世が大工で、今世も大工なら、ちょっと飽きてしまうケースが多々あるのです。そのため、才能があっても前世の職業から離れる方は大勢います。

前世とは、別の人生を歩みたいと思うのが、人間の魂なのです。適職に巡り会えていない方は、このパターンが多いです。

このことに関しては、記事「自分の前世を知って才能を開花!でも、それがレアケースな理由」でも詳しく書いています。ぜひ、ご覧ください。

②自分の使命と直結した仕事

ご自身の社会的使命に直接繋がる仕事に就いた場合、人並みならぬ努力や忍耐を発揮します。

つまり、それは「努力する能力」「努力する才能」と言え、まさに適職なのです。

例えば「自然保護」が使命であれば、自然保護団体に勤めるなどです。もちろん、「自然保護」に関連し、自分が頑張って働けば働くほど、自然保護の目的が達成される職業がこれに当たります。

自分の使命と連動するため、自然と困難や難題が向こうからやってくるのがポイントです。

仕事に気合いが入る一方、前世の職業と離れているケースも多く、気合いが空回りすることもあります。

しかしながら、情熱で乗り切るタイプですので、燃え尽きなければ、いつか花が咲くタイプです。

③両方の場合

このタイプは天才タイプです。情熱も能力も才能も兼ね備えています。

自然とトップに登り詰めます。

ただ、このタイプは、人生が上手くいきすぎるタイプです。そのため、仕事以外のプライベートで上手くいかなくるタイプでもあります。

超一流のプレーヤーながら、絶対に幸せになれるかは別の話なのです。

自分の適職に気づく方法

それでは、自分の適職に気づく方法をご紹介します。

ステップ1〜3まであります。順を追ってご説明しますね。

ミエナ
手っ取り早く、確実に適職を知りたい方は、ミエナの個人セッションをご利用下さい。

ステップ1:能力と才能に気づくこと

自分の「能力」と「才能」に気づくことが第一ステップです。

実は、これは簡単です。下記の心理テストをやってみてください。

【心理テスト】
あなたは、3ヶ月前にタイムマシンで戻れることになりました。3ヶ月前に戻ったら、今は終わってる仕事が3ヶ月前ですから、終わってません。

つまり、3ヶ月分の終わらせたはずの仕事をもう一度、やるハメになりました。

そのような状況に陥ったとき、あなたは、どう思いますか?


【選択肢】
①1回終わらせた仕事を3ヶ月分も重複して行うのは面倒くさい。

②1回目よりも、2回目の方が、繰り返して行う分、効率もクオリティも高い仕事ができる。だから、すごくワクワクする。

①と答えた方は、今やっている仕事は適職ではありません。②と答えた方は、今の仕事が適職です。

適職は、ストレスを感じません。そのため、同じ作業を重複しても、そこに面倒くさいという感情は起こりません。

また、同じ作業をしても1回目と2回目は異なります。経過も微妙に異なるし、結果も微妙に異なります。この微妙な異なりに、価値を見出せる仕事が適職なのです。

大工さんでいうと、一回、家を建てて完成させたところ、家主から「壊して建て直せ」と命じられ、「1回目よりも良い家を建てよう。」と思える大工さんは本物です。

ミエナ
東急電鉄の創業者の五島氏は、自宅の豪邸の完成直後に、一度、壊させて新しく同じ豪邸を建てさせたそうです。2回目に建てる方が大工職人によるクオリティが上がっているためということです。この工事に関わった大工さんは、これを「最高の贅沢」と評していました。

もし、①を選ばれた方は、どんな仕事ならば、3ヶ月分の作業を繰り返しできるか、考えてみましょう。それが見つかれば適職です。

仕事で見つからなければ、趣味でも良いです。3ヶ月かかって組み立てたプラモデルをペットの猫に破壊され、再度、作ることに苦がなければ、才能と言えます。

ステップ2:その才能と能力がお金になることに気づくこと

先ほどの例で、プラモデルを作る才能があっても、その才能を仕事に活かそうと考えなければ埋もれていきます。

趣味で終わってしまうのです。これでは、適職に就いたとは言えませんね。

例えば、プラモデルを作る才能が、工業デザイナーとしての才能に変わり、会社で発揮できればベストです。

才能を活かせずに、人事部などに配属されれば、才能は埋もれることになります。

つまり、才能と能力が分かったら、どうやったら、それをお金に変えられるか、考えてみましょう。いわゆるマネタイズですね。

職業研究をすれば、自ずと見えてくると思います。



▲大人も参考にするという村上龍 著『13歳のハローワーク

ステップ3:才能をアピールすること

【ステップ1】で見つけた才能と能力が生まれながらに備わっている場合、後発で磨いてきた人よりも圧倒的なアドバンテージがあります。

【能力と才能がある人の特徴】

  • 勘が働く
  • 疲れにくい
  • ストレスを受けない
  • やるべきことが的確に見える

これらの才能は、無敵です。なぜなら、現段階で能力が高い上に、仕事の成長力も高いからです。そのため、一気に第一線まで駆け上がれます。

ですので、面接時は、上記の【能力と才能がある人の特徴】をマネタイズや労働生産性とひっかけてアピールすると良いと思います。

最後に

ここまで適職についてお話しさせていただきました。

もし、この記事を読んだあなたが、能力と才能に気づいたならば、30代であろうと40代であろうと転職をおすすめします。(転職はもちろん慎重に。)

★20代であれば、迷わず適職に就いてください。

ある程度、未経験であっても、それが異業種であっても、一番、底辺の役職であっても、能力と才能があれば、ごぼう抜きが可能です。

上下関係の厳しい業界の場合、出世まで時間がかかるかも知れませんが、自分の能力と才能にふさわしくない仕事に定年まで就くよりも、適職に挑んだ方が長期的には未来が明るいと思います。

最初は厳しい向い風が吹こうとも、適職には、それを乗り越えるパワーがあるのです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション