働いてるのに貧困…スピリチュアルな理由【ワーキングプアの謎】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「働いてるのに貧困…スピリチュアルな理由」について書いていきます。

働いてるのに貧困…スピリチュアルな理由

Q.「働いてるのに、なぜかギリギリの生活…」なんて思ったことありませんか?

私は、よく思いますね(笑い)

でも、これって誰のせいなのでしょう?

日本のせい?自分のせい?会社の社長の波動が低いせい?

気になりますよね!?

この記事では、全く新しい視点で、この謎に迫ります。

「働く = お金がもらえる」って思ってませんか?

私たちは、「働く = お金がもらえる」と思いがちです…よね

Aさん
働くからお金もらえる!そんなの当たり前でしょ!!

Aさんのように、思ってしまいますよね。でも、これって誤りです。

例を挙げます。

Q.自分の隣の家の庭を勝手に掃除したら、どうなりますか?

庭はキレイになっても、警察を呼ばれちゃいますよね。不法侵入です。庭をキレイにしたのに、お金をもらえるどころか、不審者扱いされます。

つまり、「働く(隣の家の庭を掃除する) = お金がもらえる」ではないのですよ。

「働く = お金がもらえる」というのは、信頼が伴って初めて成立するのです。

信頼がない場合、「働く ≠ お金がもらえる」なのです。

「働く ≠ お金がもらえる」私たちの世界

私たちの暮らす社会は…

働く ≠ お金がもらえる

です。

真実は….というと…

信頼 + 働く = お金がもらえる

なんですね。

そして…この「信頼」獲得するのに、企業は、莫大なお金やエネルギーを費やしています。

「信頼」を築くための莫大なコスト

「信頼」は、タダで手に入りません。

「信頼」は、お金や時間もかかりますが、それだけでも手に入りません。

「信頼」を築くには、スピリチュアル的に下記の要素が必須だからです。

  • ビジョン(方向性)
  • 管理力(エネルギーの管理能力)
  • 計画力(未来へのリスク軽減能力)
  • 遂行力
  • 研究(未知のパワーへの開拓)
  • 愛(全てのエネルギーの総称)
  • 希望(未来を信じる力)
  • 持続力(エネルギーの最適化の能力)

上記は、「信頼」を築く上で、欠かせない要素です。さらに、上記の能力を、一人の人間が掌握するには、スピリチュアル的な精神性も高くある必要があるのです。

▼一人で「信頼」を築くことのできる人のスピリチュアル的素養

  • 自分の使命を知り、実行することができる
  • 自分の才能を知り、正しく使うことができる
  • 自分の悪い思考の癖を知り、是正することができる

信頼というのは、その人の精神性の高さ、そして、行動と時間とお金の合わせ技なのですね。

企業に勤めれば、「信頼」は、タダで手に入る

私たちは、企業に勤められば、「信頼」は、タダで手に入ります。

(仮に)どんなに素行の悪い人でも、トヨタに就職すれば、信頼されます。企業が長い歴史の中で培った「信頼」を、その企業に就職することで、その人に付与されるのですね。

ミエナ
信頼獲得がどんなに大変でも、信頼される企業に勤めれば、信頼は、簡単に手に入れられる…(もちろん、就職には努力も必要ですし、苦労もあります。でも、スピリチュアル的な信頼獲得の正規ルートではないのです。それは、その会社を辞めた途端に、その信頼の多くが剥奪されることからも判ります。)

勉強して、就活戦線に勝ち残れば、企業が何十年もの時間をかけ、何百〜千億円もかけた「信頼」を受け取ることができます。すごいことですよね…

でも、私たちが、従業員となることで実質タダで得た「信頼」は、給与から、そのコストを差し引かれることになるものです。

▼スピリチュアル的な給与の中身

給与 = 労働分 − 企業の信頼獲得コスト

※上記は、「お金  = 信頼 + 労働」であるため、労働者の給与は、「給与 = 労働 − 信頼」となる。

Bさん
俺は、会社で1億円売り上げているのに、給与が低い…会社が搾取している…

上記のBさんのように思う人もいるかも知れませんが、「会社が搾取している」のではなく、Bさんが莫大な売上を上げられるのは、「会社が持つ信頼」が大きいからなんです。

独立すれば、自分で「信頼」を獲得する必要が出てくる

「独立したら、きっといっぱい稼げる」と考えたことはありませんか?私は、結構、そんな風に、よく考えていました。

Bさん
俺は、会社で1億円売り上げているから、独立すれば、すぐに金持ち…

上記のBさんのように、考える方もいるかも知れませんが、信頼獲得には、コストがかかります。時間もお金も…そして、先ほど、申し上げたとおり、スピリチュアル的な精神性の高さも大切です。

そして、「信頼獲得」をより難しくしているのが、学校で、それらを教えてくれないという点も無視できません。

学校では、国語、算数、理科、社会は勉強しますが、以下は教わりません。

  • 自分の使命を知り、実行する方法
  • 自分の才能を知り、正しく使う方法
  • 自分の悪い思考の癖を知る方法
ミエナ
自分たちを豊かにし、国を豊かにするのが、学校教育のはずなのに…変ですよね

そして、さらには、以下の要素も学校では教わりません。

  • ビジョンを磨く方法
  • 管理力
  • 計画力
  • 遂行力
  • 研究(研究テーマを見つけ、実行に移す力)
  • 希望
  • 持続力

学校では、国語、算数、理科、社会とか、ネットで調べれば出てくることばかり、教えてくれます…。

このような学校の実情は、私たちがそもそも個人として、信頼獲得を努めるよりも、「労働力」となることを国から求められているからでしょう。

これでは、誰しも、信頼獲得の素養があっても、発揮できないのです。

信頼獲得は、資本家の仕事!?

私たちは、基本的に、企業で働くことを前提に教育されています。

  • 信頼獲得(スピリチュアル能力) → 資本家の仕事
  • 労働(頭と手を働かせる) → 一般人の仕事

「信頼獲得」には、スピリチュアルな要素が多分に含まれます。一方で、労働は、「頭や手を動かす」が基本です。

労働者が、いくらスピリチュアルを学んでも、仕事で応用することは、基本的に簡単ではありません。

スピリチュアルを勉強しても、会社の給料そのものを上げることは難しい…
参考記事:「会社の運気」を上げる方法

反対に、経営者は、スピリチュアルを学ぶと、事業拡大に多く影響します。それは、経営者は、信頼獲得において、責任を担っているからであり、

信頼獲得は、労働よりも、スピリチュアルと密接に繋がっている

からです。

スピリチュアルを深く学べば、誰でも経営者になれる

スピリチュアルを深く学べば、誰でも経営者になれます。

※ここでの「経営者」とは、信頼獲得が一人で出来、「信頼 + 労働」により、多くの報酬を得る人のことを指します。

信頼というのは、スピリチュアルの1要素(化学反応)であり、それは、知識量は関係なく、基本的には、自分の才能を知ることと、正しく使うことで発生するからです。

そのため、信頼は、資本力や学歴など関係なしに、ゼロから生み出すことは誰しも可能なのです。

信頼があれば、「信頼 + 労働」でお金が手にはいります。普通に従業員で働くよりも、高いお金が手に入るのです。

信頼獲得には、その人の持つ精神性のほか、時間とコストもかかりますが、才能に目覚めた人は、使命により、きっとこの壁を突破できるはずです。

まずは、自分の使命、才能に気づいてみませんか?きっと、今よりも楽に生きる道が見つかるはずです。

その際は、ぜひ、ミエナの個人セッションをご利用くださいね。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱