不倫して良い人・悪い人

こんにちは、ミエナです。

今回は、「不倫して良い人・悪い人」をテーマに記事を書いていきます。

ブログ読者さんからのご質問

この度、ブログ読者のりえさんから下記のようなご質問を受けました。

<前略>

お伺いしたいのは、『不倫した旦那に天罰は下るのか』という記事がありましたが、配偶者がいる人に好意を伝えられた時、「不倫となる状況ではお付き合いはできない。きちんとしてからならばお付き合いは可能」と伝えることは問題ないでしょうか?

伝える際の注意点など有れば、そちらも回答頂けたら幸いです。

りえさん、ご質問ありがとうございます。

不倫をしてしまうと、自分の波動は、「不倫の後ろめたさ」により大幅に低下します。そのため、相手が離婚してから、お付き合いすることをオススメします。ドロドロに巻き込まれても、何もハッピーなことは起きないのです。

相手にこのことをお伝えする際は、「あなたのことが好きだけど、あなたの奥様やお子さんに対して、後ろめたさを感じてしまうので、今すぐは、ごめんなさい。」とお伝えしましょう。

それでは、もう少し細かく不倫について書いていきますね。

不倫して良い人・悪い人

いや〜。このテーマは、最高に扱いにくいテーマですね。なぜなら、センシティブで深刻でもあり、またケースバイケースだからです。

しかしながら、最初にお伝えすると、

不倫して、双方が幸せになるケースは10%未満です。

ほとんどのケースが、スピリチュアル的に良い結末になりません。

不倫が良い結末にならない理由

「不倫がろくな結末にならない理由」を挙げていきます。これが判ると、「不倫して良い人・悪い人」が見えてきます。

▼不倫が良い結末にならない5つのスピリチュアル的な理由

  1. 不倫する相手は、次も浮気する
  2. お子さんがいた場合、「不倫の罪悪感」が長期に渡り消えない
  3. 不倫相手が、運命の人であるはずがない(おおかた)
  4. 三者の波動が下がる
  5. 離婚に至った場合、シングルマザーが、一人で子育てするのは、経済的な問題だけでなく、スピリチュアル的な問題を孕む

上記を1つずつ説明していきます。

①不倫する相手は、次も浮気する

結婚しているのに不倫する人は、そもそも一度目の結婚を失敗していると言えます。それは、結婚しているのに、不倫する段階で、「結婚は失敗」と断定できるからです。

理由としては、

運命の人と結婚した場合、不倫は夫婦において、あり得ないからです。

運命の人と結婚した場合、不倫しない

不倫した場合、結婚相手は「運命の人」ではありません。「運命の人」であれば、結婚生活で心が満たされないことはないからです。

たとえ、偶発的に心に隙間が出来ても、「運命の人」が結婚相手であれば、適切なサポートがなされるからです。

そのため、「不倫」が夫婦に起きた時点で、その結婚は、「失敗」と言えるのです。

ミエナ
不倫が起きたご夫婦が、後に子どもが出来て、夫婦仲が戻るケースはあり得ます。また、不倫が起こってしまっても、夫婦仲を克復する方法は存在し、一概に「失敗」という言葉は正しくないのですが、この記事をより判りやすくするため、一時的に「失敗」という言葉を用います。

一度あることは、二度ある

結婚しているのに、不倫する人は、結婚相手を間違えていることになります。一度、結婚相手を間違える方は、2回目も恋の対象を間違えます。

ミエナ
上記は、離婚を経験している場合は、別です。離婚は「反省」を伴うからです。

その理由は下記です。

  • 不倫する理由の大元を辿ると、多くが「寂しさ」に行き着きます。この寂しさを埋める理由で、恋人を求める場合、「運命の人」に出会わないのです。
  • 寂しさを埋めるために異性を求める人は、「他にもっと寂しさを埋めてくれる相手」がいたら、簡単にその相手に乗り換えます。
  • 人間は、そもそも簡単に変わりません。そのため、「結婚の失敗」の教訓は、短期間では、簡単に活かされないケースが多く、失敗は繰り返されるのです。

よって、

結婚しているのに不倫する人は、「真実の愛に目覚めた」のではなく、単に孤独を解消し、自分の居場所を探しているだけ

のケースが多いのです。

結論として、その愛は長続きしないし、もっと良い相手がいたら、簡単に乗り換える可能性が高いのです。

②お子さんがいた場合、「不倫の罪悪感」が長期に渡り消えない

「結婚して子どもがいるのに不倫する人」、「相手が子持ちなのに不倫する人」の双方に関わるのですが、

お子さんがいた場合、不倫の罪悪感は、長期に渡り消えないでしょう。

ご夫婦が「運命の仲」でない場合、そこに産まれてきた子供は、夫婦仲を強める使命を持っています。

ミエナ
稀に、離婚を促すために、夫婦の元に、産まれてくる子どももいますが、レアケースです。

そのため、

夫婦を破局に導く「不倫」は、「子どもの使命」を破壊し、子どもに絶望をもたらせます。

不倫している双方が感じているよりも、何倍もの苦痛を子どもが味わうことになるので、不倫する方は、相当な覚悟が必要です。

ミエナ
子どもへのダメージは、不倫が原因で両親が離婚するケースが一番最悪です。不倫しても離婚しなかったり、不倫がバレなければ、(良くはないですが、)ダメージは離婚よりは軽減されます。また、子どもが18歳以上であれば、精神的なダメージは多少、低くて済みます。

③不倫相手が、運命の人であるはずがない(おおかた)

自分が結婚している場合で、不倫相手が「運命の人」である場合は、存在します。

結婚生活中に、生きる意味に気付き、行動し、その先で出会った異性に惚れてしまうケースです。

この場合、不倫しながら、波動が上昇するという、摩訶不思議なことが起こります。

また、しっかり離婚後の養育費を払える状態であるなら、守護霊様が不倫を後押しするケースも完全なゼロではないです。(配偶者が最悪な性格だった場合、なおさら、あり得ます)

しかしながら、上記のケース以外の不倫相手は、「運命の人」ではないです。つまり、おおかた、不倫相手というのは、あなたを幸せにする「運命の人」とは関係ないのです。

④三者の波動が下がる

不倫をする場合、ご自身、不倫相手、配偶者ともに波動が下がります。

不倫が家族という調和を崩すため、また、ご自身と不倫相手に起こる「罪悪感」のためです。

不倫の罪悪感、後ろめたさは、どんなに運気の良い人でも、運気を停滞させます。一時的の恋愛だとしても、よく考えて行動することが大切です。

⑤シングルマザーが、一人で子育てするのは、経済的な問題だけでなく、スピリチュアル的な問題を孕む

不倫の末に離婚し、奥様がシングルマザーとなった場合、経済的な問題の他に、スピリチュアル的な問題が生じます。

それは、子どもには、パパのエネルギーが絶対に必要だということです。お母さんがいくらパパの分まで、子どもをケアしても、子どもの心の中には、パパしか埋めることのできない隙間があり、子どもは、この心の隙間により苦しみ続けるのです。

ミエナ
父親代わりとなる学校の先生、新しいお父さんが現れれば、心の隙間は埋まることがあります。

不倫は誰が悪い?

不倫して良い人というのは、ほとんどいないです。でも、

「不倫」は不倫されてしまう人にも原因があり、一方的に誰かを責められないのも事実です。

また、結婚とは古き文化。男女の自由な恋愛を縛るしかないものでしかない…側面も「不倫を一方的に悪」に出来ない理由でもあります。

とは言えども、不倫ゆえのハッピーエンドは非常に可能性が低いため、恋に溺れず、冷静に判断してほしいと思います。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱