夫の前妻との子供のことで悩んでます。【お悩み相談】

  • 2022年4月7日
  • 2022年4月11日
  • 家族

こんにちは、ミエナです。

今回は、みなさんから届いたお悩みについてお答えします。

ミエナ
この記事で、500記事目です。ここまで、続けてこられたのは、読者のみなさん、個人セッションに参加してくれたみさんのおかげです。ありがとうございます。

旦那の前妻との子供のことで悩んでます。

今回は、orchidさん(50代・女性)の方から、ご相談いただきました。

夫は再婚、私は初婚で子供はおりません。

夫が言うのには、離婚後、前妻との子供とは一切連絡を取っていませんが、前妻に頼まれて一年に一度郵送するものがあり、それは子供の幸せを願ってしていることなので、一生すると言っております。

子供を思う親心を理解しようと思いますが、結婚前に私に言っていたことと違うこともあり、気持ちが晴れません。

実は子供のある人は結婚相手として不安はありましたが、夫の以前の家族に関しての説明を聞き、私たちの結婚生活に特に影響はないと思ったので結婚しました。

しかし、結婚後もこのことが続いていると知り、気持ちの整理がつきません。

これまで多くあった縁談の中で、子供のいる人(この人だけでした)と結婚した意味は何だろうかと考えます。

ともあれ、優しい夫であり、ご縁があったと思いますので、夫を大事に思い結婚生活を続けていければと思います。

そのために、夫の子供に対する思いや行動に、こだわらないようになるにはどのように思いを変えたら良いのでしょうか?ご教示よろしくお願いいたします。

orchidさん、ご相談ありがとうございます。回答をさせていただきます。

みなさんなら、どう考えますか?

Q.このお悩みについて、みなさんなら、どう考えますか?

ミエナ
コメントにて、ぜひメッセージを頂けると嬉しいです。

ミエナからの回答

まず、私は、orchidさんのメッセージの中に、「優しい夫」と記載されていたので、その点が、すごく嬉しく感じました。ご夫婦の愛が、きちんとあれば、ひとまず「幸せ」を感じられますからね。

次に、私の中でのポイントは、orchidさんご自身にはお子さんがおらずご主人には、前妻となる女性の間にお子さんがいるということです。

この場合ですと…

「ご主人が子どもを愛す気持ち」が、ご本人には、なかなか理解できないですよね。

「現在の妻である自分」のことをもっと理解して、大事にして欲しい気持ちが強いと思います。ここに、ご夫婦の溝があります。

ご主人のお子さんへの愛は素晴らしい

父と子の縁は、離婚して、離れて暮らしていても、切ることができません。

ご主人が、お子さんへ「一年に一度郵送する」行動は、私から見ると美しい親子愛のように感じます。

「戸籍上で関係が切れても、繋がろうとする父親」、「約束を守る父親」…その点で、orchidさんのご主人は、素晴らしい人だと思います。

ここで、スティーブ・ジョブズの話を思い出してしまったので、書きます。スティーブ・ジョブズは養子なのですよね。赤ちゃんの頃に、ジョブズ家に引き取られるのですが、本人はお母さんの顔も、お父さんの顔も知らない…。スティーブは、Appleで成功して大金持ちになった後、本当のお父さん捜しをするのですよ。そして、レストランで働く父を見つけるのだけど、スティーブは、結局、声もかけずに帰路につく…

ミエナ
このようなスティーブ・ジョブズの話を思い出すと、「関係を無理に切る父親」がいる一方、「一年に一度郵送することで、子どもと繋がろうとする父親」は、なんて素敵なんだろうって感じます。(ちなみに、スティーブ・ジョブズは、生涯、実の両親のことで、トラウマを抱えて生きていく…)

orchidさんが「こだわらないようになる」のは簡単ではない

まず、ご主人のお子さんへの想いは、ずっと変わらないです。それが、まず1つです。

そして、orchidさんが、ご主人の行動に関して「こだわらないようになる」、「見て見ぬフリして、無感情になる」のは、簡単ではないと思います。

それは…

おそらくorchidさんに対して、天界が、「ご主人の子どもを、自分の子どものように愛すよう、命じている

…からです。

(現状、スピリチュアル的に、)orchidさんとご主人は、夫婦になられて、一心同体の関係と言えます。

ミエナ
おそらくorchidさんとご主人は、運命の仲だと思います。

でも、「ご主人の子ども」への想いが異なる…。

これは、理屈で考えれば、当たり前のことなのですが、天界は、人間の常識を覆して、orchidさんへ>心の成長を望んでいます。

つまり、天界は、「ご主人の子どもを、自分の子どものように愛す」よう、orchidさんに求めるわけです。

ご自身の中で、このご主人の子どもに対し、愛(母性)の感情を持つようになると、ご主人が腹を割って、「一年に一度郵送する」ことについて、内容を話してくれるでしょう。

そんな日が来たら、orchidさんも、「ご主人の子ども」に、何かプレゼントをしてあげたら良いのではないでしょうか。

「前妻の女性の方」から見たら、「余計なこと」かも知れませんが、一人の子どもの幸せを願う気持ちが、「前妻の女性」とorchidさんの中で差がなくなっていくのなら…二人の女性の中にある…わだかまりも自然と水に流されていくと思います。(遠い未来かも知れませんが…)

母性に目覚める(母性を擬似的に理解するステージ)

orchidさんが、「ご主人の子ども」について、「無関係だから、こだわらない」と考えると、余計に気になってしまいますし、ストレスも溜まっていきます。

しかしながら、自分の中にある母性を引き出し、ご主人の「ご主人の子ども」を愛する努力、意識をするならば、orchidさんの中で、「新しい自分」に出会えるのではないでしょうか!?

ご自身は、母性を擬似的に理解するステージに入っていると思います。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱