DVを受けている場合はどうすればよい?【スピリチュアル的な見解】

  • 2021年8月11日
  • 2021年8月11日
  • 家族

こんにちは、ミエナです。

今回は、「DVを受けている場合はどうすればよい?」というテーマで、DV(ドメスティック・バイオレンス)について書いていきます。

この記事は、記事「DVをスピリチュアル的に考える」の続編です。

DVを受けている場合はどうすればよい?

今回は、Mさんからご質問いただきました。

以前、DV夫の記事を書いていただき、辛い時に今も何度も読み返しています。DVの心理について、ここまで深く視えていて、しかも男性側を肯定もしている内容は珍しく、ある意味励みになりました。

DVやモラハラ男は、特徴的な部分として、自己投影〜自分が悪いとゆう事を認められず(認めれば気が狂って生きていけなくなるから)他者に自分の欠点をすべて投影して、相手を責めるという…本当に極悪な性質で、私の夫もそうです…。

やられた方は、感情のゴミ箱になります。

この根本的な性質は、どう肯定的に解釈すれば良いでしょうか、、。また治す近道はありますか⁇

今、恐怖の毎日で、荷造りはちょこっとし始めています。ですが、別居・離婚したくても、家や今の生活を本当に手放す勇気はまだありません。
・モラハラにも限界越えた耐え難い日々
・離婚するにも問題山積み、離婚できたとしてもどう考えても苦労しそうな未来 →八方塞がりです。今は動く時期ではないんでしょうが、、なぜ神様はこんな地獄与えるんですか?

Mさん、ご質問ありがとうございます。回答をさせていただきます。

DVを、スピリチュアル的に、ポジティブに捉えることはできません

Mさんのご質問に1つずつお答えします。

(DVをする相手において、)自分の欠点をすべて投影して、相手を責めるという根本的な性質は、どう肯定的に解釈すれば良いでしょうか?

DVというのは、モラハラも含めて「自分の欠点をすべて投影して、相手を責める」という性質を持つのは、Mさんのおっしゃる通りです。

ミエナ
DV夫の心理状態については、詳しく記事「DVをスピリチュアル的に考える」でご説明しています。

DVする相手というは、一時的に、波動が下がりすぎている状態にありますので、DVの行為を「肯定的に解釈」するのは不可能です。

ですので、DV行為自体(モラハラも同じ)をポジティブに捉えてはいけません。

よって、DVを受けたり、モラハラを受けた場合、ご自身としては、相手の攻撃を避けるしかないのです。相手の(精神的な)攻撃を正面から受け止めてはいけません。

相手の攻撃(精神的な攻撃、物理的な攻撃ともに)を避ける方法としては、大きく3つあると思っていまして、中でも、得策は、物理的に距離を置くことです。

▼相手の攻撃を避ける3つの方法

  1. 家庭内別居
  2. 別居
  3. 想像力で、相手の攻撃を回避する(モラハラの場合のみ)

①家庭内別居

DV夫、モラハラ夫とは、できれば会わない方が良いです。ご自分の存在自体が、相手の怒りのトリガーになっているためで、物理的に会わないことで、被害を最小に抑えられます。

②別居

もし、可能でしたら、別居をオススメします。別居中に、DV夫が反省することがあるからです。奥様の重要性は、家庭内から居なくなって初めて気付く人も多いと思います。

③想像力で、相手の攻撃を回避する(モラハラの場合のみ)

モラハラによる精神的なダメージは、物理的に距離を置く以外にも、想像力でも回避できます。

参考記事:真面目な人が損をする理由【スピリチュアル的な弱点】

イメージの中で「自分の夫は、カバである」みたいに、相手を動物に例えると、どんなにひどいことを言われて、心が傷つくことはありません。

若干、こざかしい手段かもしれませんが、スピリチュアル的にはかなり効果があります。(しかしながら、簡単に、想像を働かせられるものでもないので、イメトレが必要です。)

ミエナ
上記の3つの他にも、奥様が格闘技を習うのもオススメです。

DVよる苦しみは、なぜ起こるのか?

Mさんのお次の質問にお答えします。

なぜ神様はこんな地獄を与えるのか?

Mさんのお辛いお気持ちをお察しします。

しかしながら、「今のご主人を結婚相手に選んだのは、誰ですか?」ということなんですよ。(すみません…)

ミエナ
今のご主人を、ご両親が無理矢理に、結婚相手として決めた場合、同じ状況でも全く異なる運命を辿ります。

DVは、「DVという行為」に問題と原因があるのではなく、DVは1つの夫婦仲の「結果」なんですよね。では、「原因は?」というと、ご自身が、「結婚相手を誤った」ということに行く着くのです。

「結婚相手を誤った」以上でも、以下でもないのです。

それくらい重要な決断を、人生の中で誤ってしまった…ということになります。

ミエナ
DVが「結果」であり、「原因」ではないことについては、記事「DVをスピリチュアル的に考える」に詳しく述べています。

決断の誤りについて、守護霊様はサポートしない(ことが多い)

DV夫は、守護霊様が導く「運命の人」ではないケースが多いです。(もちろん、例外もあります)

ご結婚相手を、守護霊様が導く「運命の人」以外を選んだ場合、基本的に、守護霊様がお二人の仲を取り持つことはしません。

では、「運命の人」以外とご結婚された場合、どうすれば夫婦仲は良くなるかというと…

以下の2つのパターンしかありません。

▼「運命の人」以外とご結婚された場合の夫婦仲の改善の道

  1. お子様が、ご夫婦の仲を繋ぎ止める
  2. ご夫婦共に、ものすごく波動を上げる(カルマを越える)

上記の2つ以外に、夫婦仲は改善しません。①「お子様が、ご夫婦の仲を繋ぎ止める」は、スピリチュアル的なパワーが非常に強いので、多くのご夫婦は、お子様により、夫婦仲を保っています。

参考記事:家族における子どもの役割【スピリチュアル】

逆を言うと、お子様がご夫婦の仲を繋ぎ止めることに失敗した場合、離婚に向かって、エスカレーターのように運命は進むことになります。

②「ご夫婦共に、ものすごく波動を上げる」も、夫婦仲を改善する方法ですが、ご結婚相手が「運命の人」以外である場合、ものすごく難易度が高く、お二人が波動を上げる前に、離婚するケースが多いと思います。

上記のように、守護霊様は、夫婦仲は改善する方向に、自動的に導きません。

守護霊様は、見捨てているのではなく、「(自分の決断が導いた結果であるため、)自分で解決しましょう」というスタンスなのです。

【おまけ】仮に、ミエナがお嫁さんにDVされたら、どうするのか?

私は独身ですが、「仮に、私が豪腕なお嫁さんにDVされたら、どうするのか?」も書いて行きます。

ミエナがお嫁さんにDVされたら、採る手順

  1. 離婚する運命かどうかを知る
  2. 夫婦仲の改善方法を探る
  3. 改善方法の妥当性を探る
  4. 離婚し、運を上げる
  5. 他の人と幸せな再婚をする

1つ1つ、ご説明していきます。

①夫婦が離婚する運命かどうかを知る

前提として、霊視が必要なのですが、ご夫婦の未来の運命は、結婚した段階で判るものなのです。つまり、結婚式を挙げた段階で、将来、二人が離婚するかどうかは、予測可能なのです。

ミエナ
霊視で未来を見ているわけではなく、運命の進む方向から推測できるのです。

ですので、DVを受けた方は、まずは、「ご夫婦が、二人仲良く幸せな未来を描く運命」であるのか、それとも異なるのかを知ることが重要です。

運命の方向によって、現在のDVにおいて、対処方法が大きく変わってくるからです。

②夫婦仲の改善方法を探る

仮に、ご夫婦が「離婚する運命」だったとしても、運命を変えることも可能です。

運命を変えていくには、ご自分の運を上げながら、変えていくことになります。

普通に、運命に抗(あらが)う場合、自分の運が下がり、状況はもっとひどくなります。「ご自分の運を上げながら、運命を良い方向に変えていくこと」が重要であり、その方法を知るにも霊視は欠かせません。

③改善方法の妥当性を探る

「自分の運を上げながら、運命を変えていく」場合、守護霊様が、そのヒントをくれることが多いです。

この守護霊様のヒントとは、「○○すれば、上手くいく」といったものですが、この方法は、なかなか実行が難しいものも含まれます…

しかしながら、守護霊様は、単に夫婦仲を取り持つことには、協力的ではないのですが、波動を上げる、運を上げる方向には協力的ですので、ここでチャネリングが役に立つわけです。

ミエナ
自分の運を上げながら、運命を変えていく」場合、精神を強くすることを非常に、天界から求められます。そのため、実行可能なのか、その方法の妥当性を検討する必要があるのです。

④離婚する

ご夫婦関係が、修復不可能である場合、そして、「離婚」する運命である場合、思い切って離婚しましょう。どんなにお金がなくとも、明日の見通しが立たなくとも、離婚した方が良いです。

無責任に聞こえますが、

離婚が運命の場合、離婚すれば「運」が味方するからです。

人生において、「運」を敵に回すことほど、苦しい状態はありません。なので、まず、第一に「運」を味方にすることを最優先することをオススメします。

ミエナ
「離婚しない運命」のご夫婦が離婚する場合、逆に、離婚により不幸になりますので、注意です。

★お子様がいらっしゃって、離婚をご検討の奥様の方は、一度、下記の記事をご覧になってください。

参考記事:スピリチュアル的な奥様の役目

⑤他の人と幸せな再婚をする

人生において、「運」を味方につければ、どんな苦境であっても、V字に幸せになることができます。

これが人生の不思議なところですね。幸せな再婚の方法については、下記の記事に詳しく書いています。

参考記事:「幸せな再婚」のための5つのルール

最後に

DVの問題は、ご夫婦の間柄が、運命により結ばれているか、それとも否かで、対応が大きく異なると思います。DV問題でお悩みの方は、ぜひ、ミエナにご相談ください。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱