不倫がもたらす子どもへの影響【”後ろめたさ”と子育ての関係】母親編

こんにちは、ミエナです。

今回は、「不倫がもたらす子供への影響」の母親編について書いていきます。

この記事では、0歳〜15歳までお子さんのいる母親が、不倫してしまった場合に起こる、「後ろめたさ」におけるスピリチュアル的な子育てへの影響について書いていきます。

※今回の記事は、母親編となります。母親に特化して記事を書いています。父親における不倫に関しましては、記事『家族における父親の役割』に記載がございます。

不倫がもたらす子供への影響

女性が不倫してしまう理由は、多くあると思うのですが、不倫をしてしまう背景には複雑な事情があることは、多くの不倫の相談を受けているとよく分かります。ですので、この記事では、不倫を良いものとも悪いものとも捉えません。

しかしながら、不倫は、「夫にバレなければ…」、「子どもにバレなければ…」と安直に考えるのはNGです。この記事では、不倫における、子育てでのスピリチュアル的な悪影響について書いていきます。

不倫は、バレなくても子育てに悪影響

不倫は、家族や身内にバレなくても、自分の心に「後ろめたさ」が残るため、我が子の子育てにおいて悪影響があります。

「不倫によって、子どもにどんな影響が出るのか?」、「裏で何が起きるのか?」など、以下で詳しく説明していきます。

子ども専用の愛

「不倫がもたらす子供への影響」を語る上で、どうしても、人間の愛について、先に知っていただく必要があります。

人間は、誰しも「自己愛」と「他者愛」という2つの愛を持っています。

ちょっとややこしいのですが、ここはお付き合いください。

自己愛

自分を愛する愛。自分を尊重したり、自分の身を守る愛です。子どもを産み、育てる女性は、自分の身体を男性よりも大事にする必要があり、女性は「自己愛」が強いです。

「自分を愛するように、他者を愛す人」も自己愛の強い人です。自己愛とは、自分を「主人公」や「ヒロイン」に例える心を指します。

他者愛

自分を犠牲にして、他者を助ける愛です。仕事で、お客様のために一生懸命に働くときの愛です。溺れた人を、危険を顧みず、助ける愛です。

ミエナ
ちなみに、「自己愛が強く、他者愛がない人」は、他人が溺れていても、(誰も見てなければ)濡れるのが嫌だったりして、助けない選択をする人もいる…

この2つの愛は、お子さんが「いる」「いない」関係なく、誰しもが持つ愛です。

子どものいる女性は、第三の愛を持つ

一方で…

子どものいる女性は、この「自己愛」と「他者愛」に加えて、第三の愛を持っています。それは、「子ども専用の愛」です。

この「子ども専用の愛」は、子どもを授かると、心から湧き上がる愛情で、自己愛とも他者愛とも異なります。

ミエナ
稀に、子供を授かっても、この愛を持たない人もおります。

※「子ども専用の愛」は、ミエナの造語です。

「子ども専用の愛」の特徴

ここで、「子ども専用の愛」の特徴を述べます。

▼「子ども専用の愛」の特徴

  • 子供を信じる愛情
  • 子供を労(いたわ)る愛情
  • 子供を励ます愛情
  • 子供の痛みを、自分の痛みのように感じる愛情
  • 自分を犠牲にして、子供を守る愛情
  • 子供の反応に応える愛情(無視しない愛情)
  • 子供を許す愛情
  • 子供のお腹を満たす愛情

この「子ども専用の愛」は、父親、母親ともに持つ愛で、特に母親の方が強い愛情です。

この愛は、母親が産後に母乳が出るのと同じく、子どもが産まれると自然と湧き起こる愛です。この愛を受けて、子どもの心は、精神バランスを整え、すくすくと育つのです。

「子ども専用の愛」の不思議な特徴

子どもは、愛し過ぎても、愛さなすぎても、子育て上、よくありません。

子どもへの愛情は、「大は小を兼ねる」という印象もありますが、私が霊視する限り、母親は、子どもに対し、愛し過ぎても、子どもに精神的な負担がかかります。

愛には、丁度良い量というのがあるのです。

さて、この愛の丁度良さを保つ効力が「子ども専用の愛」にはあります。

ちょっと、話が変わりますが…

職場の人間関係をイメージしてください。後輩を好きになりすぎたり、上司を嫌いになりすぎたり…他人の好き嫌いって、結構、バラバラですよね。丁度良い、人間関係は難しい…

でも、我が子には、丁度良い愛をキープできますよね。愛し過ぎないし、愛さなすぎない…他人を愛すときと違って、愛のバランス感覚が最適化されている…この意味、分かります?

これは、「子ども専用の愛」のおかげなのです。「子ども専用の愛」は、愛情の量のバランス感覚に優れているのです。

不倫はバレなくても「子ども専用の愛」を壊す

不倫の話に戻りますね。ここからは、ちょっと怖い話です。

子どもが精神のバランスを整え、すくすくと育つためには、母親の「子ども専用の愛」が欠かせません。

この「子ども専用の愛」は、お子さんを授かったときに自然と湧き出る、スピリチュアル的な素晴らしい力なのです。

なのですが…ここで、

お子さんが小さいうちに、母親が不倫をすると、この「子ども専用の愛」のパワーが弱まります。

その理由は、不倫には無条件に「後ろめたさ」が伴い、この「後ろめたさ」という闇のエネルギーが、「子ども専用の愛」のパワーを弱めてしまうのです。

よって、不倫した母親の元で育ったお子さんは、精神バランスが崩れやすくなってしまいます。この傾向は、お子さんが大人になり、精神が強固になるまで続き、お子さんの人生に大きなビハインドをもたらすケースもゼロではありません。

不倫すると、バレなくても、子育ての負担が大きくなる

子どもを産むと、自然と「子ども専用の愛」が心から湧き出るのだと先ほど、お伝えしました。しかしながら、その母親が不倫してしまった場合、「子ども専用の愛」は、通常よりも、湧き出る量が減ってしまいます。

ミエナ
愛とは、エネルギーです。なので、愛が湧き出なくなるということは、エネルギー不足になることを指します。

これにより、不倫中の母親は、「子ども専用の愛」の不足分を「自分の心にある他の愛(主に自己愛)」から捻出します。

不倫中の母親は、自己愛を子どもに与えることで、子育てに余計にエネルギーを必要としてしまい、子育てにおいて疲れやすくなります。

挙げ句に…

「(母親の)自己愛」を受け取った子どもは、通常の子どもより精神バランスが脆くなり、母親へのリスペクトも減ります。

不倫は、バレずとも自分に返ってくる

不倫することで、スピリチュアル的に子育ては、大変になります。

不倫しなかった場合と比べて、子育てに労力がかかるようになるのです。プラスして、子どもの精神バランスが崩れやすくなったり、将来、子どもが、正常に異性を愛せなくなるケースも否定できません。

ですので、子育て中の不倫は、バレなくとも大きなリスクがあります。

不倫で、怖いのは、バレたときではありません。その「後ろめたさ」が一番怖いのです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱