マザコン男性のスピリチュアル的な特徴

  • 2021年3月24日
  • 2021年5月30日
  • 家族

こんばんは、ミエナです。

今回は、「マザコン男性」をテーマに書いていきます。

マザコンとは何か?

マザコンは、マザーコンプレックスの略です。意味は下記です。

マザーコンプレックス(和製英語: mother complex)とは、母親に対して青年が強い愛着・執着を持つ状態を指す。 

マザーコンプレックス – Wikipedia

マザコンとは、言ってみれば、母親に対して極度に甘えん坊の人です。見た目は温厚で、リスクを避ける選択をするので、なんら問題のない人に見えますが、スピリチュアル的に見ると、多くビハインドを背負います。

マザコン男性のスピリチュアル的な特徴

人間は、多くの愛を母親から学びます。母親との関係が正常であればあるほど、男性は、人(特に女性)を正しく愛せるのです。

しかしながら、マザコン男性とその母親は、真実の愛ではなく、「孤独を癒やし合う」形で繋がっています。これは、母親が子どもを寂しさを紛らわす対象として捉えることで、引き起こされる関係です。

母親は、自分以外の女性が息子を奪わないように、自分の子どもをダメ人間に育てようとします。本人は、愛を注いでいるつもりでも、子どもは、母親により、「自分がダメでも母親がなんとかしてくれる」と勘違いしたまま成長していきます。

にすることで、自分の息子が他の人間に奪われないように囲い込むのです。子どもは、この母の異様な情念を「真実の愛」と勘違いし、生きていくのです。

マザコン男性の人生における6つのビハインド

マザコンは、人生においてリスクを取らず、温厚であるメリットを持つ反面、当たり前ですが、「真実の愛」を誤解しているために、下記のような様々なビハインドがあるのです。

▼マザコン男性の人生における7つのビハインド

  1. 率先して他人を愛せない
  2. さみしがり屋である
  3. 人と異なる意見を持っていても言えない
  4. 自分の好きなことに対し行動を起こせない
  5. 自分のダメなところを治さず「許しちゃう」
  6. 第二の性格がある
  7. マザコン体質の改善は難しい

以上です。この7つのビハインドについて、さらに詳しく説明していきます。

①率先して他人を愛せない

マザコンは、「本当の愛」を知らないために、自己愛が薄いのが特徴です。自分を愛せないために、自分以外の人間も率先しては愛せません。

人から愛されて、初めて、少しずつ、その人への愛が芽生えるのです

②さみしがり屋である

母親とべったり生きてきた人がマザコンですので、基本的に一人きりになると、極端に寂しさを感じます。自己愛も少ないので、一人で率先して行動できるタイプではなく、誰かの後ろを付いて歩くタイプです。

そのため、リスキーな行動に出ませんが、行動範囲は必然と広がりにくのです。

③人と異なる意見を持っていても言えない

マザコンは、孤独にとても恐怖を感じるタイプですので、自分が孤立するような状態を招く行為を避ける傾向にあります。そのため、つまり、自分の意見を言わず、他人の意見に乗っかることが多いのです。

マザコンは、幼少期に「身の周りのことは、すべて母親がやってくれる」環境下で育ちます。そのため、一人で生きていくための能力が欠如している可能性があり、一人で生きにくい人でもあります。

自分がやらずとも、「誰かがやってくれるだろう」と思ってしまう性格もあり、その点からも、「自分のことを自分でやる環境(孤立)」を避ける傾向にあります。

④自分の好きなことに対し行動を起こせない

マザコンは、「本当に好きなことを好き」と言いにくいのです。普通の大人もそうですが、マザコンは特にその傾向にあります。そのため、自分の好きなことに対し、行動を起こせないのもマザコンの特徴です。

⑤自分のダメなところを治さず「許しちゃう」

自分がどんなにダメ人間でも、マザコンの母親は、全部を受け入れてくれます。

マザコン息子の母というのは、自分の子どもが良い男になると、他の女性に奪われるリスクが上がります。息子が魅力的であればあるほどに、自分の元を離れるリスクが高いのです。

母親:あなたはダメな子ね。でも、ダメでもいいの。お母さんが守ってあげる。

上記のように、息子のダメな部分を改善させることを教えません。よって、マザコン男性は、自分の全てを許す女性を追い求め、自己改善を行わない傾向にあるのです。

⑥性格に二面性を持つ

「真実の愛」を誤解して育つと、愛情の欠如を起こします。意識は、「偽の愛」を欲しがるも、潜在意識では「真実の愛」を求め苦しむのです。

そのために、性格に二面性を持ちやすいです。

愛情の欠如により、暴走する性格を持つのです。これは、残酷性だったり、性癖だったり、依存症だったりします。

マザコンは、極度の愛情不足により、キレると怖いタイプとも言えます。普段は、協調性が高く、リスキーな行動を採らないのですが、人目がないところでは、二面性が表れる可能性があります。

⑦マザコン体質の改善は難しい

マザコンの一番の問題は、幼少期に人格のベースが作られていることです。なので、大人になってから治すのが難しいのです。実の母親が仮に亡くなったとしても、上記の体質は変わりません。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱