【続編】不倫がもたらす子どもへの影響

こんにちは、ミエナです。

今回は、「不倫がもたらす子どもへの影響」の続編について書いています。

関連記事:不倫して良い人・悪い人

【続編】不倫がもたらす子どもへの影響

今回は、しょうこさんからご質問いただきました。

子育て期の不倫にもかかわらず、清々しいほど後ろめたさや罪悪感がなく、むしろ必要な経験だったと思えることってあるのでしょうか。

しょうこさん、ありがとうございます。回答をさせていただきます。

お子さんのいる女性で、「清々しい」、「後ろめたさがない」、「罪悪感がない」、「必要な経験と言える」…このような不倫のケースは「ある」と思います。

しかしながら、レアなケースではないでしょうか。

不倫がスピリチュアル的に咎められないケース

不倫において、一番、やってはいけないのは、「運命の人」と結婚した後に、不倫してしまうケースです。

参考記事:
運命の人の見分け方【実は簡単】
あなたとご縁のある人の特徴

「運命の人」とは、生まれる前から結婚することが決まっている相手、もしくは、守護霊が二人の仲を強力に結びつけている関係の人です。

赤い糸で繋がっている夫婦の間で、不倫が起きてしまうと、幸せな運命は崩れ去ります。このようなとき、「清々しい」、「後ろめたさがない」、「罪悪感がない」、「必要な経験」と言える不倫は、あり得ません。

結婚当初から、不仲になることが運命付けられている夫婦

しかしながら、世の中には、結婚した当初から「不仲になる」、または「離婚する」ことが運命付けられているご夫婦もおります。このような夫婦は、赤い糸による絆も弱く、結婚生活が長くなるほどに、意思疎通も難しくなります…

このようなご夫婦の間に生まれるお子さんは、(夫婦関係に関わる側面において)2つのタイプに分かれます。

  1. 両親が離婚することを知って生まれてくる子
  2. 二人の両親の絆を結ぶことが使命となっている子

上記の2つのタイプです。

①両親が離婚することを知ってて生まれてくる子

ご両親が結婚当初から離婚確度が高い場合、ご両親の間には、「両親が離婚することを知ってて生まれてくる子」が生まれます。

ミエナ
「ご両親の仲の良さによって、生まれてくる子の魂は異なる」のです。ここが重要です。

このような子は、両親が離婚しても驚かず、そして、「自分は自分である」と強いアイデンティティを持っています。両親がケンカしても、何とも感じず、精神バランスも優れています。このような子は、両親のどちらかが不倫していても、悪影響が少ないです。ですので、しょうこさんがおっしゃるように、母親が不倫しても、「清々しい」、「後ろめたさがない」、「罪悪感がない」、「必要な経験と言える」…このように感じるかも知れません。

このようなお子さんを持つ母親の場合、ご自身が不倫しても運気停滞が少ないです。また、このようなお子さんがいる場合、離婚しても、親子関係が崩れにくいのも特徴です。

二人の両親の絆を結ぶことが使命となっている子

ご両親が運命の仲でない場合、「それでも、夫婦がお互いを思いやり、一緒に、同じ明日へ臨むよう、両親の絆を一生懸命に結ぼうとする子ども」が生まれる場合があります。

このような子は、両親の絆を結ぶことが使命となっていますので、両親のケンカをすごく嫌がり、それを目の当たりにすると、ひどく心が傷つきます。

ミエナ
アニメ『名探偵コナン』でいうと、毛利蘭さんタイプですね。

このような子がいる家庭において、両親が離婚に至った場合、かなりお子さんの運命が狂います。(お子さんの学業、仕事、結婚におけるメンタルに非常に大きなダメージを与えてしまう…)

また、離婚を境に、家族がバラバラになりますので、お子さんとの絆はズタズタになり、お子さんから恨まれるケースもあります。

このようなお子さんがいる場合、不倫は、ご自身もひどく罪悪感を持つでしょう…そして、不倫した場合は、①のケースよりも不幸になりやすいです…

「不倫がケースバイケース」である理由

不倫におけるスピリチュアル的な分類をしてきました。おさらいしますと…

  1. 結婚した相手が「運命の人」かどうか?
  2. 運命の人」だった場合、もれなく不倫はNGです。
  3. 運命の人」でない場合お子さんが夫婦仲にあまり関心がない場合、「両親が離婚することを知って生まれてくる子」の可能性があり、この場合、不倫は、(良くはないですが…)子への悪影響が低い…かも…知れません。
  4. 結婚した相手が「運命の人」でない場合で、お子さんが夫婦仲に興味がある場合、不倫はかなりNGと言えます。

参考記事:
運命の人の見分け方【実は簡単】
あなたとご縁のある人の特徴

「不倫はケースバイケース」であるというのは、上記によって大きくスピリチュアル的な状況が異なるためです。

ちなみに、守護霊が、不倫を促すケースもあり、このあたりもケースバイケースで、ご夫婦のスピリチュアル的な背景(前世、運命、使命)によって異なります。

人間社会において不倫は、その行為にいたった方が圧倒的に不利ですが、スピリチュアルの世界では、それとは、異なる法則で動いています。

ご興味ある方、ぜひ、ミエナの個人セッションにお申し込みください。

関連記事:不倫して良い人・悪い人

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱