東日本大震災から10年

  • 2021年3月11日
  • 2021年3月11日
  • 雑記
  • 0件

こんにちは、ミエナです。

今日は、東日本大震災からちょうど10年が経ちましたので、「東日本大震災」について、持論を書いていきたいと思います。

外国人とは異なる日本人の震災イメージ

外国人は、きっと東日本大震災を「”日本で起きた津波や原発事故による未曾有の大災害”だとしか思ってない」と思うのですよね。

ミエナ
偏見ですかね…

そう感じたのは、3年くらい前に、新木場のSTUDIO COASTで、来日アーティストによるロックのイベントがあって、そこで私の好きなバンドの演奏を楽しんでたときです。

そのロックバンドが、東日本大震災の追悼ソングを作ってきてて、それを歌ったのですよね。「Fukushima(フクシマ)」というタイトルでレゲエ調でして…

その追悼ソングは、初披露でワクワクして、最初は聞いていたのですが、なんか違うのですよね。私が想う東日本大震災のイメージと…

周りの日本人ファンたちも、みんながシラけていて…

このときに、日本人の震災のイメージと、外国の方のイメージが恐ろしいほどに違うことに気付いたのです。

きっと、来日ロックバンドが歌いたかったのは、ピース(平和)なんですよ。「今、ここにある平和をより喜びましょう♪」、「今、命あることに感謝しよう♪」という…

東日本大震災と「絆」

東日本大震災では、1万8425人もの尊い命が失われ、避難生活などで亡くなった「震災関連死」は3700人以上とも言われています。しかしながら、これらの被害規模からは見えない、もっと違う重大な意味を日本人は、みな感じていると思うのですよ。

それは、きっと、外国人の考える「平和」とはニュアンスが異なり、私は、「絆」だと想うのです。

2011年3月11日より前に、日本に「絆」はあったのか

東日本大震災の当日を思い出してみてください。

私は、記憶喪失でFM ラジオの仕事を失業し、そのときは、恵比寿のレストランで働いてました。震災時はランチタイムで、お客さんを店の外に避難させ、その後、店を閉めてスタッフみんなでニュースを見てました。

ミエナ
赤ちゃんを抱えたお母さんが、悲鳴を上げ、パニックを起こす中、必死に手を取って、店の外に誘導してたのを憶えてます。

さて、この大災害で、一度、みなの心がバラバラとなり、悲痛に喘ぎ、絶望し、心砕けた…と思うのです。明日が見えない…暗闇状態…

このとき、日本人は、色々な選択肢があったと思います。明日の未来に向けた…

そのいっぱいある未来の選択肢の中から、日本人は、「絆」の道を選んだのです。このドン底のドン底の状態から、今できることとして、「絆」を優先した…

東日本大震災が思い出させた「絆」の力

東日本大震災が単なる大規模災害ではなく、日本人にとって特別な意識を芽生えさせるのは、この災害を通じて、「絆」という何よりも代えがたい日本の潜在的なパワーに気付かされたからではないでしょうか。

このことは、外国人にはきっと判らない…

日本という国に育まれた人間だけが持つ、不思議な共通意識のように感じるのです。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱