道に迷ったときの選び方【スピリチュアル的な正しい選択方法】update 2020/6/20

update 2020/6/20:分かりにくかった「正しい選択方法」について、イラストを追加しました。

こんにちは、ミエナです。

今回は、「道に迷ったときの選び方」について書いていきます。

二者択一の選択を迫られたときに、あなたはどうやって決めますか?コインを投げて、裏表で決める人や、悩んだ挙げ句にどちらも選択しない人もいるかと思います。

大学進学、転職、結婚相手など、人生の大きな選択のときに、どうやって決めれば良いのでしょうか?今回は、参考までに、スピリチュアル的な「道に迷ったときの選び方」をご紹介します。

道に迷ったときの選び方

人生の分かれ道で、選択に迷ったらどうしますか?決めなければいけない時間の期限に余裕のあるの方は、まずは、過去データを調査してください。

過去データとは、今より古いデータです。なぜなら、選択とは「未来」を予想して決めることです。過去データは、「選ぶべき未来のヒント」と言えます。

つまり、「正しい選択」は、調査、研究が大事なのです。調査と研究は、「正しい選択」を導くものではありません。

しかし、

調査と研究は、「正しい選択」をできる自分をつくります。

ですので、道に迷ったときに、決めるまでに時間がある方は、過去データを調査、研究してください。

過去データとは、大学の進学先を選ぶなら、大学情報。偏差値、生徒の素行のチェックです。転職先なら、企業情報、社員の口コミなどの情報です。

そのあたりをチェック済みなら、さらに、訪問したり、Twitterで社員を探したり、迷いが抜けるまで、調査しましょう。

決める期限が迫っている場合

その後の人生を決める大きな決断を早急に迫られたとき、あなたなら、どうしますか?私なら、勘です。当たり前のことを書いていますが、勘が一番、当たります。

なぜなら、「人生を決める大きな決断」で迷った場合、ほぼ多くの方は、天界のサポートを受けます。そのため、勘が冴えるのです。

「人生を決める大きな決断」で誤った方向に自分が進むことを恐れるのは、何も自分だけではありません。守護霊様も困るのです。なので、「大きな決断」ほど、勘は重要なのです。

もっと着実に正しい方向に行きたい人へ【上級編】

ここまで、私は、当たり前のことしか書いてません。迷ったら調べる。時間がない場合は勘を頼る。しかし、どちらも非常に重要です。

しかし、それでも、決断に踏み切れず、確実に前に進みたい方は、読み進めてください。

「正しい選択」の「正しい」とは何ですか?

いきなり、質問ですみません。

「正しい選択」がしたいのに「正しい」ことが何か判ってる人は、もしかすると多くはないのかも知れません。

  • 自分にとっての正しい転職先の選択をしたい人へ。「正しい転職先」って何ですか?
  • 子供の塾選びで迷っているご両親へ。「正しい塾」って何ですか?
  • 結婚相手で迷っている女性へ。「正しい結婚相手」って何ですか?

この「正しい」というのは、人それぞれなのです。金持ちと結婚することが正しいと思う人。優しいイケメンと結婚することが正しいと思う人・・・など、いろんな「正しい」があります。

なので、「正しい選択」は、人の価値観により違うのです。逆にいえば、「正しくないもの」は存在しないのです。世界に70億人いるので、どんな選択肢でも、一人くらいは、それが「正しい」と思うものなのです。

スピリチュアル的な正解は1つ

「正しい」が、何通りもあろうと、スピリチュアル的な正解は1つです。

「スピリチュアル的な正解」とは、あなたの波動が上がる道の選択です。

  • 波動の上がる転職先
  • 波動の上がる結婚相手
  • 波動の上がる塾

私は、人間は波動を上げるために生まれてきたと思っているので、「波動を上げる」選択が、正解だと思ってます。

波動が上がる道の選択方法

「波動が上がる道」の選択方法は、前述した「調査・研究」「勘」でも効果がありますが、さらにレベルの高い方法をご紹介します。

「愛」で探す方法です。以下でご紹介します。

①A4くらいの白紙をご用意ください。

左側に、今まで一番愛した人の名前を書いてください。
「お母さん」「お父さん」「娘」「学校の恩師」などです。愛された人とも言い換えられるかもしれません。

紙の右側に、今迷っている事象の選択肢を書いてください。
「○○大学」「△△専門学校」などです。

左の人名を丸で囲ってください。

⑤右に書いた選択肢の1つをどれでも良いので丸で囲ってください。

左の人名の丸と、右の選択肢の丸を線で繋ぎます。

⑦上の線を引いたときに、何かしら感じます。違和感を感じたら、それは誤った選択と言えます。つまり、波動が下がる選択肢です。

違和感というのは、何か気持ち悪い感覚です。

⑧全ての選択肢も同様に、丸で囲んで、左の人名と線で結んでください。線を繋いだ選択肢の中で、違和感がなければ、それがあなたにとって正しい選択です。

★全部の選択肢で、違和感がない場合、全て正解の選択肢です。どれを選んでも良いことになります。
★全てで違和感があった場合、全て不正解の選択肢です。進むべき答えは、紙に書かれていない別のところにあります。

最後に

上記の方法は、「愛」による選択方法です。非常に簡単作業ですが、これがなぜ上級編なのかというと、「自分が愛した人(もしくは、愛された人)」の名前を正しく書ける人がいないからです。

人間は、愛すべき人を愛せず、愛すべきでない人を愛してしまうからです。

それでも、この「愛する心」に、絶対の自信はある方は、ここでご紹介した方法は、異常なまでの効果を発揮します。どうぞ、お試しください。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション