相談されやすい人の特徴【相談上手の10のエッセンス】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「相談されやすい人の特徴」について書いていきます。

相談されやすい人の特徴

Q.みなさんは、人からよく相談を受ける人ですか?

「悩んでいる人がいたら、少しでも救ってあげたい」と考える人が、世の中に大勢おります。みなさんも、その中の一人かも知れません。

このような優しい人たちによる「人と人とのネットワーク」は、荒(すさ)んだ世の中を癒やす「希望」のように、私は感じます。

しかしながら、自分では「人からの相談に乗ってあげたい」、「救ってあげたい」と考えていても、悩みを聞いてあげるだけで精一杯だったり、うまく相手の心を癒やせないこともあるかもしれません。

そんな方へ、この記事では、「相談されやすい人の特徴」を踏まえ、相談上手になるヒントを書いていきます。

スナックのママさんは、すごく相談上手

私がこれまで鑑定してきた人の中で、「この人は、相談されやすい人だなぁ」と感じたのは、スナックやバーのママさんたちです。

人と接する仕事ですから、人と話すのが大好きであるし、様々な立場の人とお話するため、知識も幅広いです。そして、お客様のプライバシーに入り込みすぎないところも、相談されやすい要素となっています。

さらに、スナックやバーのママさんたちは、お店を経営している場合、信念を持っていて、まっすぐな性格です。だからこそ、「きっと、自分の悩みを話したら、ちゃんと聞いてくれる」と思われるのでしょうね。

相談上手のエッセンス 10選

スナックやバーのママさんは、相談上手のエッセンスを多く兼ね備えています。

では、その「相談上手のエッセンス」とは何かについて具体的に書いていきます。

ミエナ
ちなみに、相談上手になるために、「まず、自分が誰よりも、悩みなく、幸せであるべきだ」と考える必要はありません。悩みのない人はおりませんし、相談上手のスナックのママさんにも、きっと悩みはあります。悩み相談とは、「自分が見本になる」必要はないのです。

では、相談上手のエッセンスを10つ挙げていきます。

▼相談上手のエッセンス 10選

  1. 自分の生き方に信念がある
  2. 波瀾万丈の人生を歩んでいる
  3. ときに、本音を躊躇なく言える
  4. 変に同情しない
  5. 深刻な悩み事を聞いても「大丈夫!」と笑い飛ばせる度胸がある
  6. 「訊いて良いこと・悪いこと」の線引きが上手
  7. 相手の良いところを理解した上で、相談に乗る
  8. 「答え」を与えるのではなく、「気づき」を導く
  9. 悩み事を絶対に口外しない
  10. 相談後、相手からの「ありがとう」のエネルギーをきちんと受け取る

以上の12項目です。みなさんは、いくつ当てはまりましたか?それでは、1つ1つ説明していきますね。

①自分の生き方に信念がある

自分の人生を振り返って、そこに1つの「信念」を感じていますか?たとえ、職業を転々としたしても、また、様々な異性と複雑なお付き合いした経験があっても、関係ありません。そこに自分の信念があればOKなのです。

「やりたいことをやって生きてきた」と言える人ほど、相談されやすい人だと感じます。

②波瀾万丈の人生を歩んでいる

人は、自分より苦労してきた人が側にいると安心します。

人生のどん底を経験し、そこから這い上がった来た人ほど、「自分の悩みを打ち明けたい」と感じるものですよね。

一度も失恋経験のない人に、失恋の悩みは、打ち明けられない…。(余計に、自分が惨めに感じてしまう…)

ですので、相談上手のエッセンスの1つは、「波瀾万丈な人生を歩んだかどうか」です。色々な苦労を乗り越えてきた人の方が、その分、多くの哲学的な考えが鋭いのです。

③ときに、本音を躊躇なく言える人

「ときに、本音を躊躇なく言える人」は、言っちゃいけないことをうっかり言ってしまう人ではなく、TPOを弁えた上で、本音で語れる人だと思います。

悩み相談を受けても、本音を隠してしまったら、二人の間にわだかまりが残ります。だからこそ、「本音を躊躇なく言う」度胸と節度が悩み相談には必要なのです。

④変に同情しない

友人に悩み相談をしていたら、話を聞いてくれた相手が、逆に悩み出した…

こんな経験ありませんか?

このようなケースは、悩み解決に向かうどころか、逆効果とも言えます。このようなことになった場合、自分としては、その人に相談に乗ってもらおうとは思いませんよね。

人は、相手を思いやれば、思いやるほどに同情し、そして、相手の負のオーラをもらって自分も沈んでいく…これは、良くあることなのです。

同情しすぎれば、相手の話を深く聞き続けることはできません。

悩み相談において重要なのは、感情移入ではなく、ロジカルに、相手の悩みを聞き、答えに近づけてあげることです。

変に同情せずに、相談に乗ってあげることは、自分が負のオーラをもらわないために必要な心構えであり、相手の話を最後まで聞く気力の保持に繋がります。

⑤深刻な悩み事を聞いても「大丈夫!」と笑い飛ばせる度胸がある

「大丈夫」という言葉にものすごい力があります。

悩み事を聞いてあげたら、笑顔で「大丈夫だよ」と言ってあげてください。

「大丈夫」というセリフに根拠など要りません。必要なのは、笑顔と度胸です。

これさえ出来れば、悩んでいた相手は安心しますし、希望を持つことができます。

⑥「訊いて良いこと・悪いこと」の線引きが上手

お悩み相談する相手がいくら、いっぱい自分のことを話してくれても、「訊いて良いこと」と「訊いてはいけないこと」があります。この線引きが非常に難しいのですよね。

なので、相談上手な人は、相手が話すまで訊かない姿勢も大事です。また、きわどい質問をしたい場合は、いきなり訊くのではなく「話せなかったら、話さないで良いのだけど…」という前置きも、相手にストレスを与えないための重要なポイントです。

⑦相手の良いところを理解した上で、相談に乗る

悩み相談する方は、「自分はダメだ」と落ち込んでいることが多いので、相手を卑下した心を持つと、相手は余計に心を閉ざしてしまいます。

まずは、相手の良いところを探してあげて、「あなたのこういうところは、ステキですね」と感じたことを話してあげましょう。そうすると、自然と相手の意志を尊重でき、同じ目的意識を持つことができます。そうすると、悩み相談もスムーズに解決できます。

⑧「答え」を言うではなく、「気づき」を導く

「答え」を言うのは、簡単なのですよね。悩んでいる人も、世間一般のいわゆる「答え」を知っていることもあります…

悩んでいる人は、「答え」を知っていても何か腑に落ちないのです…

だから、頭ごなしに、「答え」を言ってしまう人は、人から相談を受けませんし、相談上手とは言えません。

相談上手な人は、話を聞きながら、相手の脳裏に「答え」が浮かぶようにしてあげる人です。

大切なのは、「答え」を言うことではなく、こちらが答えを言わずに、答えに気付かせてあげることなのです。

⑨悩み事を絶対に口外しない

悩みは、そもそも人に言えないから、悩みなのです。

人に知られると苦しいから、あなただけに打ち明けるのです。なので、お悩みの口外は厳禁です。口外すれば、どんな篤(あつ)い友情も消え去ってしまいます…

⑩相談後、相手からの「ありがとう」のエネルギーをきちんと受け取る

悩み相談が上手く行ったら、自分で自分を褒めましょう。

「人から感謝される自分はなんて素晴らしいのだろう。自分、ありがとう。」

上記は、他人を感謝の想いが、「自分を愛するエネルギー」に変わる不思議な言葉です。これができると、「もっと、人の助けになりたい」と感じるようになりますよ。

最後に

この記事では、「相談されやすい人の特徴」を10つ挙げてきました。上記が自然にできる人は、すでに相談上手かも知れませんね。この記事が、人と人の絆を深めるヒントになれば幸いです。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱