2人以上の子育ては平等でなくていい

こんにちは、ミエナです。

今回は、「2人以上の子育ては平等でなくていい」というテーマで書いていきます。

2人以上の子育ては平等でなくていい

お子さんが二人以上いらっしゃる方は、ご経験あると思うのですが、きっと、愛情をいっぱい注げる子と、「この子、なに考えるてるのかなぁ…」と思ってしまう子がいると思います。

そう、

意思疎通ができる子と、意思疎通がやや難しい子に、同じ兄弟や姉妹なのに分かれてしまうのです。

この状況は、必ず全てのお父さん、お母さんに起こります。なので、自分は、息子や娘を平等に愛せていないと感じても、絶対に自分を責めないでください。

ましてや、「頑張って、平等に愛情を注ごう」と思わないでください。なぜなら、疲れてしまんですよ、心が。お母さんの心、お父さんの心が疲れ切って、疲弊したときの方が、お子さんに悪影響が出ます。

自分の愛を受け取りやすい子、そうでない子

なぜ、「自分の愛を受け取りやすい子」と「そうでない子」がいるのでしょうか?これは、神の仕業であり、必然です。なので、まずは、自分の子育ての能力とは関係ないことに気付いてください。

子供というのは、まず、自分の魂を一番、成長させてくれる親の元に産まれます。

赤ちゃんは、神様と相談し、自分の魂が一番、順調に成長できるご両親の元に産まれるのです。

どのお母さんの元に産まれるかは、非常に多岐に及ぶ基準データを参考にしています。

  • 両親の生活環境(国、経済環境、生活状況など)
  • 両親の生まれてくる子供に対する想い(強い・弱い)
  • 両親の波動(高い・低い)
  • 両親の性格(優しい・厳しい・涙もろい等々)
  • 両親と子供の相性(意思疎通が容易・難しい)
  • 兄弟、姉妹となる子供たちとの相性(意思疎通が容易・難しい)
ミエナ
上記の他に、前世で同じ家族だったりすることが、産まれてくる理由になったりします。

赤ちゃんがお母さんを選ぶ基準は、お母さんの善し悪しではない

赤ちゃんがお母さんを決める基準は、お母さんの善し悪しではありません。

波動の高いお母さん、波動の低いお母さんがいた場合、赤ちゃんはどちらの方が、学びやすいかを考えます。

  • 波動の低いお母さんを反面教師にして成長する
  • 波動の高いお母さんを見習って成長する

上記のように、成長する方法は、いくらでもあるからです。

つまり、

赤ちゃんによって、成長しやすい方のお母さんや家庭環境を選ぶのです。

赤ちゃんが、どのお母さんが自分によって、成長しやすいのかを決める基準は、赤ちゃんの前世や、今世での使命、性格や特技などによって異なるのです。

第一子、第二子ともに、お母さんを選ぶ理由は異なる

同じお母さんの元に産まれてきても、お母さんの元に産まれたいと思った理由は、赤ちゃんごとに異なります。

例えば、この世で果たしたい夢がある赤ちゃんは、将来、その目的に向かって一緒に協力してくれるお母さんやお父さんを求めるでしょう。精神的な成長よりも、自己実現を優先するかも知れません。

反対に、例えば「愛の真理」を求める赤ちゃんは、簡単に意思疎通ができるお母さんを選ばずに、愛が不足しがちな家庭環境を選び、愛について学ぼうとするかも知れません。

平等な子育ては不可能

自分の元に産まれきた理由が、お子さんごとに違うため、結果として平等な子育ては不可能なのです。

お母さんに求めるものが、全く異なるからです。

色々なお子さんが、お母さんの魂を磨かせる

最後になりますが、

育てやすい子だけが、自分の人生を充実させてくれるわけではありませんよね。

意思疎通が難しい子でも、その反面に、自分の気付かない心のあり方を教えてくれたりと自分の魂を成長させてくれます。

大切なのは、「平等」よりも、しっかり向き合うことです。意思疎通が難しい子の場合は、その子の興味のあることを一緒に体験してください。

大人から見たらどうでいいことに、その子は非常に興味を持っているかも知れません。そしたら、最大限、自分もその世界を理解しようと勉強してみてください。

お子さんが、「ぐでたま」が好きで、「何で好きなのか…理解不能」と思ったら、お母さんが一番の「ぐでたま」博士になってみましょう。

価値感を合わせようとする心こそが、意思疎通が難しい子への一番の愛です。

神様は、様々なお子さんとの子育てを通じて、お母さんの心を成長させようとしています。だからこそ、一筋縄ではいかない…

本当の愛、愛の多様性を理解できるように、「親と子の出会い」は計算されているのかもしれません。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション