HSPとスピリチュアル

こんにちは、ミエナです。

今回は、「HSPとスピリチュアル」について書いていきます。

HSPとスピリチュアル

みなさんは、HSPをご存じでしょうか?HSPとは、心の症状を表す言葉で、Highly Sensitive Person(非常に敏感な人)の略です。

HSPとは、外界の刺激や体内の刺激にきわめて敏感に反応してしまう気質を指します。特になじみのない環境では、他の人が感じないほどの些細な刺激でも神経がたかぶる傾向があり、神経系の興奮が長引き、疲れやすくなります。HSPと想定される人は、全人口の15~20%と推定されています。

音や光がすごく気になる……過敏なあなたは「HSP」かも

友達の何気ない発言をすごく気にしてしまったり、騒音が気になりやすかったり、些細なことでもすぐに驚く方もHSPに当たります。

参考リンク:HSPのセルフチェックリスト

なぜ、HSPになるのか?

今回の記事のテーマは、くっくさんから頂きました。

HSPの人が、HSPでこの世に生まれる意味が知りたいです。

くっくさん、ありがとうございます。

まず、HSPの状態になる理由なのですが、スピリチュアルの側面で解説すると自己愛不足によってなるのです。つまり、何らかの原因で自分を愛したくとも、愛せない状態がHSPの原因なのです。

参考記事:神経過敏に悩む方へ

自分を愛せない状態というのは、通常は、魂の成長とともに改善されていくのですが、HSPに当たる方は、過度に自分を愛せないのです。

ミエナ
ここでのポイントは、HSP気質の方は、「人に愛されないから愛を切望する」状態ではなく、自己愛が少ないから、他人からの愛を極度に求めてしまう傾向にあるということです。そのために、極度に他人の行動、外界の環境に過敏になってしまうのです。

他人からは愛されるが、自分で自分を認められない…

「自分を愛せない状態」というのは、何も「他人から愛されない状態」だけでなく、「他人から愛されていても、自分を愛せない状態」の方も多くおられます。

精神的な状態だけで見ると、「他人から愛されていても、自分を愛せない状態」の人の方が圧倒的に辛いのです。

なぜなら、「他人から愛されない」人は、他人から愛されれば、精神が回復するのに対し、「他人から愛されていても、自分を愛せない状態」の人は、自分の心を変えなければいけないからです。

なぜ、他人から愛されていても、自分を愛せないのか?

すごく人気者なのに、一人っきりになると、劣等感ばかり抱える人っていますよね?こういう方は、HSPになりやすいです。

なぜ、他人から愛されていても、自分を愛せないのかというと、私の分かる範囲で4つ理由があります。HSP気質の方は、きっと、どれかに当てはまると思います。

  1. 二重人格である
  2. 自分に厳しすぎる
  3. 自分に嘘をついている
  4. 過去に深い心の傷がある

以上の4つです。1つ1つ説明していきます。

①二重人格である

このケースは、女性よりも、男性に多いと思います。男性は、右脳と左脳を繋ぐ脳梁が女性より細いので、右脳で思考しているときと、左脳と思考しているときで、考え方や性格が異なってしまうことがあるのです。

この症状が強いと二重人格になります。(他にも、二重人格になる要因はいっぱいありますが…)

自分の中の1つの人格を愛していると、もう一人の自分が愛せなくなるのです。

二重人格のうち、2つの人格を愛すことはなかなか難しい…よって、自己愛不足に陥ります。このケースの場合、二重人格を解消すると治ります。

②自分に厳しすぎる

生まれつきHSPの方は、この「自分に厳しすぎる」ケースが多いと思います。

これは、産まれる前の自分の魂が、今世の修行をすごくレベルの高いものに設定してしまったときに起こります。

人間は、産まれる前に、「自分の今世において、どれくらい成長したいか」を決めています。成長度合いを大きくしようと思うと、その分、人生は大変なものになっていきます。

ミエナ
前世が男性の方は、今世の成長レベルを高めに設定する人が多いです。

産まれる前に、「今世は、自己愛を持てなくしよう」と考える人もいます。こうすることで、自他愛により目覚めやすく、自分の魂を成長させやすいのです。

自分で自分の魂に、制限をかけることで、人生が過酷にする代わりに、魂はより成長させようとするのです。

参考記事:苦しみの手放し方

このように、自分の今世の成長レベルを上げるために、自分で「自己愛を持てなくする」人(魂)もいるのです。

このような方は、他人に尽くす一方で、自分は自分を愛せない日々が続きます。しかしながら、魂の成長レベルが目標を超えると、自然と自分を愛せるようになります。そして、HSP気質も改善するのです。

③自分に嘘をついている

自分に嘘をつくと、HSPの症状は出やすくなります。このことについては、下記の記事で詳しく説明しています。

参考記事:神経過敏に悩む方へ

④過去に深い心の傷がある

過去に深い心の傷があると、記憶だけでなく、本当の自分の人格さえも、心の奥にしまってしまうのですよね。

表面上の自分は、愛に満たされていても、心の奥は、殻に閉じこもり、愛を受け付けない状態になっているために、愛を切望し、HSPの症状が出ます。

ミエナの個人セッションでは、トラウマの切除により、心の傷の改善が可能です。

HSPと波動

HSPの方の多くは、波動が平均よりも高いです。(波動の低い人が少ない)

それは、他人に意識を強く向けることで、相手の心を知ろうとし、結果、自分の心をよく理解し、心も磨かれていくからです。

ミエナ
「深い心の傷がある人」、「自分に嘘をついている人」でも、局所的に、心に低い波動部分があるだけで、魂全体の波動は高いことが多いです。

反対に下記の人は、波動が低い可能性があります。

  • 二重人格であるけれど、他者に意識が向かない人
  • 自分に嘘をついているけれど、他者に意識が向かない人
  • 過去に深い心の傷があるけれど、他者に意識が向かない人

この辺りは、人それぞれ異なるので、一概には言えないですが、私としての見解しては、波動が低い可能性が想定されます。

HSP気質であっても、気にしないこと

HSPと診断されても気にしないでください。ミエナの個人セッションで、HSP気質の方、また、発達障害の疑いがある方の鑑定において、守護霊様にアドバイスを伺うと、「気にすることはない」とおっしゃられるケースが多いです。

それは、守護霊様が生きていた時代、

昔は、HSPも発達障害も存在せず、みんな個性として捉えてきたからです。

「何でも病名をつければ良いってものじゃない」というのが、大方、守護霊様のご意見です。「病名をつけて、落ち込むよりも、もっと、やるべきことがある」という厳しいご意見ですが、私もそれが真実だと思います。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱