運動を習慣化させると波動が上がる【習慣化のコツ】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「運動」をテーマにスピリチュアルな側面で記事を書いていきます。

ちなみに、私はスポーツの専門家ではないので、健康面や体力づくりの話は致しません。

そもそもなぜ運動した方が良いのか【スピリチュアルな側面】

そもそも私は、以前から相談者の霊視して思うことがありました。それは、悪い気が内部に溜まったままの人が非常に多いということです。

「悪い気」というのは邪気とも言えるでしょう。波動を取り巻く”汚れた気”です。

悪い気が、内部に溜まったままですと、ネガティブな発想を引き起こして、結果、消極的な行動をとったり、他人を否定したり、メンタルをどんどん悪い方に追いやってしまいます。

ですので、波動を高めたい人は特に、この状態にならないよう注意していただきたいです。

悪い気を体の外に放出するには、スポーツが一番です。団体競技でも良いですし、マラソンのような自分と向き合う運動もオススメです。

体を動かすことで、意識を外部に向け、心の内部に”新しい風”が入るようになります。そうすると、波動も上がりやすいですし、自ずと社会生活における人間関係も良好になります。

そんなわけで運動は、体力づくりや健康だけでなく、波動アップやメンタルケアにも有効でもあります。

ちなみに霊視中に、神様から相談者へのメッセージでも「スポーツせよ。」というお言葉は比較的多いのです。

運動は思考を柔軟にする

私は古武道をやっているのですが、古武道の型(かた)の中には、日常に絶対やらないような動作が含まれます。

例えば、木刀の上段斬りをかわすには、左足を左斜め前に出し、腰を右にターンさせますが、こんな簡単な動作でも、運動をしていない人ですとスムーズに動くのが難しいです。

普段やらない動作は、「必要でない動作」ではありません。むしろ、「自分に足りていない動作」と言えます。

「自分に足りていない動作」をスムーズにできるようになると、自ずと「自分に足りていない思考」が身につきます。

すごく不思議な話ですが、「思考の神経回路」と「動作の神経回路」は、きっと同じか、近しいのでしょう。

だから、複雑な動作ができる人は、複雑で柔軟な思考もできると思うのです。

(科学的に裏付けできそうな記事を見つけましたので、参考までに掲載します。)

▼参考記事

ジョン・レイティ博士(ハーバード大学医学大学院准教授)は著書『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)で、「運動は脳の基礎構造を物理的に強くする」と説明している。つまり、「運動に熱心だったのに、勉強ができる」のではなく、「運動に熱心だったから、勉強もできる」という可能性が高いのだ。

「なぜ頭のいい人は「運動」が好きなのか」 – プレジデントオンライン

10年も運動しなかった私が習慣化できた理由

ここからは、おまけ記事です。これから運動を習慣化させたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

【プロローグ】蓋を開けたら超スポーツ音痴になっていた…

私は、15歳から33歳まで全くと言っていいほど、運動をしませんでした。

真剣にスポーツをやっていたのは、中学校の部活までです。

それ以降は、クライミングやサーフィンなどをたまにかじる程度で、社会人になってからは、それすら、やらない始末。一時期、週一で1時間だけヨガ教室に通ってましたが、どちらかというと座学がメインでした…

運動しなかった頃の私の言い分

運動をしなかった時期の私のマインドをご紹介します。

  • スポーツはやらないだけで得意である。(スポーツ音痴と言われたことがない)
  • 生まれつきの扁平足(へんぺいそく)で、ある程度までしか上達が期待できない
  • そもそもスポーツをやらなくても健康体
  • 仕事や遊びで、そこそこの距離をよく歩いている

運動をしないときは、それなりに”しっかりした理由”があるのですね。それが、逆に、運動を習慣化できない理由になってました。

運動するきっかけはモノだった(2万円)

私が、運動を習慣化するきっかけになったのは、オーダーメイドの中敷「スーパーフィート」です。

スーパーフィート

自分の足にフィットするように型取りして作成する中敷です。

※型を取るタイプ(20,000円前後)と型を取らないタイプ(5,000円)があります。絶対、型を取るタイプがオススメです。耐久寿命は2年と聞いています。

この中敷を買ってから、運動したくて、したくて堪らなくなりました。

それは、私が運動しない理由に挙げていた「生まれつきの扁平足だから」という理由を打破したからです。

完全オーダーメイドの中敷を手に入れて、私の扁平足コンプレックスは完全に消えたのでした。

健康な体やメンタルが手に入るなら高額なスポーツギアもペイする

私はモノがきっかけで運動が習慣化できました。古武道の稽古はもう4年以上も毎週欠かさず続いてます。

モノの場合、お金を払うだけで済みます。

ですので、もし、ご自身の「運動をしない理由」がモノで解決するならば、どんどんお金をかけることをオススメします。健康な体やメンタルが数万円で手に入るなら激安です。

ちなみに私は、やはりオーダーメイドをオススメします。

ひとりひとり異なる身体を持っているのに、スポーツギアがみな画一化された規格というのは、「ちょっと…」と思うからです。

最近のスポーツ科学は凄いので、ちょっとした体の悩みでしたら、すぐに解決してくれそうな気がしてます。

断ち切れた自分の「運動しない理由」

改めて5年前の自分の「運動しない理由」を再考すると、全て言い訳であったと思います。

  • スポーツは得意である。やらないだけ(スポーツ音痴と言われたことがない)

    みんな大人だから言わないだけです。自分のスポーツしているところの動画を見ると、どうみても運動音痴です。

  • スポーツをやらないのは生まれつきの扁平足で、ある程度までしか上達が期待できないから

    これも言い訳です。現在は、足袋を履いて古武道をやってますが、オーダーメイド中敷がなくても上達します。

  • スポーツをやらなくても健康

    スポーツをやらない会社の先輩は健康診断の度に、結果を見て青ざめています。若いうちは良いでしょうが、若いうち限定です。

  • 仕事でそこそこの距離をよく歩く

    ”「運動をしよう」と思って運動する”のと、”結果的に運動していた”は全く別です。後者はただの疲労です。意図的、意識的に動くことが健康な体をつくると思います。

「運動をしない」もっともそうな理由も、全く説得力を持ちませんね。それくらい自分のメンタルが運動をすることで、変化したということだと思います。