「楽して稼ぐ」は正しい?【スピリチュアルな見解】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「楽して稼ぐ」をテーマに書いていきます。

「楽して稼ぐ」は正しい?

Q.みなさんは、楽して稼きたいですか?

私は、楽して稼ぎたいです。楽して稼ぎたくない人って、いるのですかね!?人類は、「便利という名の楽」を目指して、進化していますから、私は「楽」を否定してはいけないと思っています。

経済学部の教授が放った言葉

△写真はイメージです。

十数年前の私が大学生だったとき、経済学部の教授が放った衝撃的な言葉を今でも憶えています。

▼経済学の公式

労働生産性の向上  = お金の増加

ミエナ
実際は、1つの数式で表すことができるのですが、忘れてしまいました…

上記の公式をもっと分かりやすくすると…

あるサービスを、以前よりも楽して提供できれば、お金は増える

となります。


お饅頭を1つ作るのに、1個あたり1分かかっていたのを、アイデアを駆使して、30秒で楽して作ることができるようになったら、お金が儲かるという公式です。

この公式が、何がすごいかというと…

▼普通?の考え方…

  1. 一生懸命に働いて、疲れた… ฅ(๑*д*๑)ฅ
  2. 結果、給料をもらってお金が増えた! \(^o^)/

なんとなく分かりますでしょうか?「頑張ったら、お金がもらえる」感覚です。

でも、私が、経済学部の教授から教わった法則は下記です。

▼大学教授の話した法則

  1. 仕事が楽になった! \(^o^)/
  2. お金が増えた! \(^o^)/

この大きな違いの意味、分かりますか!!?

私たちは、もっと「楽」を目指して良い

「楽(労働生産性の向上)になったら、お金が増える」のですよ。頑張って、疲れて、やつれて、ヒーヒー言って、お金を増やすのは、本来の「この世の法則」からズレているのです。

だから、私たちは、もっと「楽」を目指して良いのです。

楽して稼ぐ ≠ 安易に稼ぐ

人類は、「楽」を目指し進化してきました。それは、「労働生産性の向上 = お金の増加」という先ほどの法則からも分かります。

でも、「楽して稼ぐ」という言葉が、すごく汚い言葉に聞こえてしまう…これは、「楽して稼ぐ」という言葉が、「安易に稼ぐ」という言葉と混同されてしまう…からではないでしょうか!?

永続的に、「稼ぐ」には、「安易ではなく、”考えて、工夫して楽に稼ぐ”」ことがスピリチュアル的に重要だと思います。

▼安易ではない稼ぎ方の例

  • 自分の使命に従って稼ぐ
  • 良いことをして稼ぐ
  • 自分の本心に従って稼ぐ
  • 波動を上げながら稼ぐ
  • 人に好かれながら稼ぐ
  • 自分の才能を活かして稼ぐ
  • を積んで稼ぐ

上記のことができれば、「楽して稼ぐ」ことを目指しても、安易ではないと思います。そして、このような稼ぎ方は、永続的に自分も周りの人もより豊かになる稼ぎ方だと思います。

ミエナ
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション

mienaレポート

質問箱