【前世の記憶?】幼少期の不思議な思い出

こんにちは、ミエナです。

今回は、自分の幼少期の話をします。

幼少期に「こんな風に考える人もいるんだ」程度にお読みいただけると幸いです。

土の中から出てきたプラスチックに興味を持つ

▲イメージ画像(小さい頃の写真って一枚も持ってないんですよねぇ…)

幼少時代に、土遊びってしましたよね。庭とか、公園の土とか掘ったりして、その土で山を作ったり…

幼少期の私も土遊びが好きで、木の枝を土を掘る棒のようにして使ってました。

さて、土を掘るとプラスチックの破片が出てきますよね。お弁当箱の割れた一部分のようなピンクやブルーの色をした小さいプラスチックのゴミです。

当時、小学校に上がる前の私は、庭の土を掘っていて、プラスチックの破片を見つけ、こう思いました。

「このプラスチックは、ずっと土に埋まっていても分解されずに、このままの姿でずっと残るのだろう…」

微生物により分解されないプラスチックに対して、湧く疑問…

  • なぜ、このような物を人は作るのか?
  • なぜ、このような物を人は使うのか?
  • 同じ疑問を持つ人はきっと身近にはいないだろう…

こんなことを思った記憶が今でもあります。

その2年後くらい。おそらく8歳のときに、当時(1989年前後)のテレビのニュースで、「生分解性プラスチックが発明された」と報道がありました。

生分解性プラスチックとは、自然界に存在する微生物の働きで最終的にCO2と水に完全に分解される性質のあるプラスチックを指す。

三菱総合研究所 – 生分解性プラスチックの課題と将来展望

このニュースをたまたま見た小学校低学年の私は、「これだ!」って思って、この日から将来の夢を科学者に決めました。

○低学年の私の夢:
生分解性プラスチックを研究をし、世に広めること

この日から、将来の夢は、科学者になることに決定し、それから高校卒業まで理系を突き進みます。

【余談】

さて、そんな私、科学者になってないし、大学は文系。卒業後はFM放送の仕事をし、その後、広告代理店にいます。

「科学者になるんじゃなかったの?」と呆れるかも知れません。

ただ、高校入学した直後、第一回目の記憶喪失にあうのです。私は、人生で2回記憶喪失になってるのです。ややこしいですが…。(2回目は28歳のときで、記憶喪失により霊能力が開花します。)

子供の頃に疑問を持った環境問題

分解されず半永久的に土に戻らないプラスチックだけでなく、私は、自動車が好きではありませんでした。「排気ガスを出してまで、速く移動したいのか?」と思っていたのです。

自動車の排気ガスが問題であることは、今も昔も議論されていることですが、そこに幼少期(5-6歳)の自分が、これらの環境問題に疑問を持つことを考えると不思議なのです。

想定で、今、考えると「私は、”環境問題のない世界”に前世はいたのではないか。だから、幼少期でも、身近な環境汚染に疑問を持つのではないか。」

そんな風に思います。

ミエナ
私は、38年生きてきて、車を欲しいと思ったことはありません。なので、車を所有してないし、さらには、電子レンジ、冷蔵庫、テレビなどの一般家庭に普及している電化製品もほとんど持ってない…

参考記事:【最強のミニマリスト!?】1年半、冷蔵庫なしで生活してみた。

30年経った今。環境について思うこと

先日、新型のiPhone SEを買いました。(ちなみに、私はずっと6年前に発売されたiPhoneを使い続けていた。)

それで、それに合うケースを探してたのです。そしたら、生分解性プラスチックで出来たiPhoneケースが売ってたのです。(定価は約5,000円もする…)

URBAN ARMOR GEAR iPhone SE2対応耐衝撃ケース OUTBACK オリーブ 【日本正規代理店品】 UAG-IPH20SSO-OD

値段は高いし、これ1個買って、地球がどうのこうのもないのですが、今回、買ってみました。幼き日に普及を夢見た製品を今、手にして感慨にふけってます。

▲生分解性プラスチックで作られたiPhoneケース(2020年4月発売)

でも、

あれから30年も経過して、まだ、ほとんど普及してませんね。生分解性プラスチック…

「生分解性プラスチックの普及」という夢は、科学者では叶えられないかも知れないけど、今は、マーケッターとして、その普及に努めたいと思うようになりました。

皆さんは、子供の頃の不思議な記憶ってないですか?もしかすると、それは、前世の記憶や使命かも知れませんよ。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション