なぜか記憶しているあの言葉【色褪せず自分を育てる一言】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「なぜか記憶しているあの言葉」をテーマに、私が過去に言われた言葉を簡単な解説付きご紹介します。

自分の家族や友人、職場の先輩がさらっと言った言葉。でも、何年経っても、色褪せないんですよね。

なぜか記憶しているあの一言

人生で大事なのは、一に「徳」。二に「知恵」。三に「知識」。

東京藝大の教授が言った言葉です。今でも、心に残ってます。


あなたは、経営者にはなれない。頭が固いから。

今、働いている会社の社長が、7年前の私に言った言葉です。「頭が柔らかければ、経営者になれるのか?」未だに疑問は続く…


人間、威張りだしたら、終わりだ。

私の兄が放った言葉。自分が偉そうにしてしまうとき、この言葉が頭をよぎる。


男は、見た目じゃない。

服に金をかけまくっていた高校時代に、父が放った一言。当時は、「おしゃれに興味のない人の言いがかり」のような言葉だと思っていたが、大人になってからジワジワくる。


おまえ、そんなことばかり言ってると友達いなくなるぞ。

新卒のときに、親友に「人生は楽しんだ者勝ち♪」と言ったら、真面目な顔で返された言葉。


お釣りと領収書を先に渡せよ。俺が金持ちだからって、そういうのは、細かいんだよ。

ソフトオンデマンド(売上:129億円)の創業者の高橋がなり氏にコンビニに買い出しに行かされ、お釣り120円と領収書を渡さずにいたら、こんな風に怒られた。


おまえら、どうせ上司の悪口とか言ってんだろ。

20代後半。上司に、この言葉を言われたとき、心の中で「俺は、上司の悪口を言うほど、落ちぶれてない」と強く思ったが…時が経つと言っちゃうもんだよね。上司の悪口 …この言葉を思い出して反省している。


お兄ちゃん、バンドやってるの?俺ね、昔、パンクバンドをやってたんだよ。

大学生時代に、ギターを持って電車に乗ってたら、泥酔したサラリーマンに言われた言葉。パンクバンドをやってた自分が、元パンクの中年サラリーマンに出会い、「パンクやっている人でも、大人になると普通のサラリーマンになるのかぁ」と衝撃を受けたが…徐々にその気持ちが分かってくる…しかし、無駄な抵抗は続けたい…老いへの…

あんたね、政治家のせいにするのだけはダメ。

5年位前に、政治家の悪口を言ったら、一回も怒ったことのない親戚のおばちゃんが激怒した。すごく深い言葉…

最後に

今回は、「なぜか記憶しているあの言葉」をご紹介しました。何気ない一言ですが、なぜか記憶に残ってる言葉たち。しかも、未だに心にジワる。

みなさんも、ないですか?さりげない言葉が、何年も色褪せず心に染みること。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション