霊能者の本音【ミエナが今、一番言いたいこと】

こんにちは、ミエナです。

今回は、「霊能者の本音」について書いていきます。

1記事のテーマとして扱うには、少々ネタが弱いと思う「霊能者の本音」を箇条書きにします。

霊能者の本音

「占なってもらうと、お金儲けできる」と謳う霊能者はウソ

人間の私欲を肥やす霊能者は存在しません。本当にいるとすれば、悪魔が背後にいるでしょう。

 

「痴漢は犯罪です」や「暴力はやめましょう」という駅ポスターは、犯罪を誘発している。

犯罪を警告するポスターは、犯罪者に犯罪を起こさせ、犯罪者でない人の犯罪行為を誘発します。このような無用のポスターは剥がすべき。

それよりも、「安全な街って、素敵だね。」のようなポスターの方が100倍良い。

 

神社に奉られる神様の偉さは、神社の大きさや知名度とは全く関係ない

大きい神社、人気の神社に人が集まりますが、それぞれの神様の偉さとは比例しません。人間の価値観では、そこは測れないのです。

 

「いただきます。」「ごちそうさま。」のセリフは、言うか言わないかでは雲泥の差。

食事の挨拶は、異様なほど大事です。

「あなたの命を私の命に代えさせていただきます。」と意味の「いただきます」。食事をつくる人への感謝を伝える「ごちそうさま」。

この2つの言葉を本来の意味を込めて言えるなら、その人の未来は、きっと明るいと思う。

 

「個性を求める」ことこそ、時代に流されてる。

現代は、個性的な人が活躍する時代ですよね。普通の人でも、個性があればヒーローになれる現代。完全実力主義の昭和とは異なります。

しかし、「個性が欲しいと思うこと」こそ、時代に流されてます。なぜなら、個性とは顔と一緒で、あなたと一心同体。

 

使命の前にカルマ

「自分の生まれ持った使命を知りたい」と多くの人が思います。でも、使命ってカルマをクリアしないと、与えられないものです。

自分の宿題(カルマ)をやり終わって、人の宿題(使命)を手伝うのです。ここは、誤解を受けやすい。

 

中国ってすごい

当たり前なのだが、この国はすごい。SNSの進化もすごいし、BtoBのECサイト「アリババ」もすごい。高速鉄道もすごいし、漢方も気功もすごい。

「日本はすごい」と自国を評価しすぎる日本人は、中国のすごさを見て見ぬフリをしている。HUAWEIだって、独自OSを短期間で作った。日本は独自OSは、いつ作るのだろう…

 

もうキラキラしたスピリチュアルはいらない

スピリチュアルって、いつからキラキラしたのだろう。それって妄想ですよ。霊視すれば分かるが「キラキラなスピリチュアル」はドロドロです。

逆に、汗にまみれたドロドロなスピリチュアルなほど、美しい。

 

同じ人はいない。でも、みんな「基準」が好き。

100人いれば、100人違います。まるで、みんな違う惑星から来たかのように、違う。でも、みんな同じ基準で生きようとする。自分もそうだけど、「基準」に殺されてるんだよね。自分の心が。

最後に

自分の言いたいことを書いてスッキリしました。これで、明日も頑張れます。

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション