無駄な買い物をやめる方法

update 2020/6/20:イラストを追記しました。

こんにちは、ミエナです。

今回は、「無駄な買い物をやめる方法」について書いていきます。

無駄な買い物を定義する

「無駄な買い物」の定義は、人それぞれ違います。しかし、ここでは、「買ったけど使わない」とします。

「買ったけど使わない」とする理由は、自分の波動が下がるからです。物は、しっかり使わないと、自分の波動を下げてしまいます。

お金を払って買って、しかも使わなくて、波動まで下がるなんて、本当に「無駄な買い物」ですよね。

キラキラした買い物はNG

銀座・表参道で、リッチに優雅にショッピングを楽しみたいですよね。分かります。私も、財布のヒモを全開にして、買い物したいです。

しかし、これは波動を思いっきり下げます。

理由は下記です。

全ての物には、本来のスピリチュアル的な価値があり、目の前のキラキラ感に捕らわれて購入すると、本来の価値に目が行かず、適切に使用することなく、クローゼットの奥に眠る可能性があるためです。

参考URL:不要な物を買うと波動は下がる

さて、なぜキラキラ感の中でショッピングすると、「無駄な買い物」をしやすいのでしょうか?

【キラキラなショッピングあるある】

  • 店員さんに、金払いの良いところを見せたくて買う
  • 「家にあったら、いいなぁっ」と思って、とりあえず買う
  • 「使ってみたい♪」という発想で買う
  • 新作だから買う
  • 「今しか買えない限定♪」だから買う
  • 何も買わないで店を出るのが、かっこ悪いから買う
  • 店員さんがイケメン(または美人さん)だから買う
  • 買える値段だから、不要だけど買う

こんな風に、何も考えずに買ってしまう可能性が否定できないのです。

では、どのように買えば良いのでしょうか?

ペットを飼い始めるときの気持ちで、ショッピングしよう

物は、適切に使われることを求めてます。

100円ショップの布袋(ぬのぶくろ)も、ルイ・ヴィトンのバッグも。

大切に大切に使うことで、物が持つ本来のエネルギーを享受することができます。そのため、スピリチュアル的に、物としても、壊れるまで丁寧に使用されたいのです。

物にとって、それが本望。

そう考えると、ペットを飼うときの気持ちと同じですよね。

「この飼い主に飼ってもらって良かった」って、誰もが、猫や犬に思われたいはず。そう。それは、死ぬまで、面倒をみることです。

つまり、物もペットも同じで、

飼う(買う)には、責任が伴うのです。

自分のペットもルイ・ヴィトンのバッグも同じです。(私は、そう思う。)

ルイ・ヴィトンのバッグだって、大事に丁寧に使われたいし、ボロボロになっても修理してほしいし、日頃から手入れもしてほしい。

もし、壊れて使えなくなったら、きっと持ち主に涙を流してほしい。

ペットも同じで、最後の最後まで一緒にいてほしい。

それが「新作だから買う♪」みたいな安易な欲望で、すぐ飽きてポイってされたら、それは、いくら何でも…

物には魂が宿る

「物には魂が宿る」と言われます。知人の霊能力のある人は、「電車のつり革にも魂があるのよ」と言ってました。

物に魂があるのなら動物、そして人間と同じ気持ちで、物も「愛されたい」のだと思います。

「愛されたい」気持ちを一番殺してしまうのは、無視です。

つまり、使えるのに不要品にされたら、その悲しみは、物の持つ魂に深く刻まれてしまうのです…

Daisuke
ミエナ
この記事の波動が高いと感じたら、ポチッをお願いします。同調であなたの波動が上がります。
スピリチュアルランキング

個人セッション